2017.09.09

沖縄 Day 2

12回目の沖縄のテーマは「温故知新」。
確か2回目か3回目に沖縄に来た時に回った辺戸岬を再訪しようと久しぶりに北に向かった。

まずは、辺戸岬のちょっと南にある大石林山から辺戸岬を眺めてみることに。

沖縄はあちこちに聖地があって、ちょっとばかり聖地のインフレが起きている印象があるが、昨年行った久高島が沖縄神話の南の聖地とするならば、ここ大石林山は北の聖地らしい。

天地・宇宙・万物を支配する天帝から「この下に神の住むべき霊地がある。だが、まだ島の形になっていない。降って立派な島を作ってきなさい」との指示を受けた女神アマミキヨは、下見をしに下界に降りた。

そこは聖地になりそうではあるものの島と呼べるようなものではなく、天帝に「いいところだが整備が必要。それには土や石、草木が必要だ」と報告する。

天帝はそれらを与え、聖地の整備を命じたのであった。

そして最初に作られたのが久高島。
ほかに6つの聖地が作られ、そのうちの一つが大石林山にある安須森御嶽だ。

久高島にあるフボー御嶽と安須森御嶽、どちらも「琉球で最初に作られた御嶽」という説があるようだが、これはとても興味深い。

現在沖縄県人のルーツは九州・奄美諸島と言われており、そうすると安須森御嶽が先に作られたという神話は合理的に思うし、九州から移住してくる前から台湾などから移り住んでいる人がいたという話を聞けば、南にある久高島が最初に聖地が作られたというのも納得だ。

沖縄の神話に必ず出てくる「アマミキヨ」の名前が奄美からきているとしたらやっぱり聖地は北から作られたのかな~なんて思い、本当に想像力を掻き立てられる神話の世界なのだ。

Rinzanというわけで大石林山から奄美諸島与論島を望む。
距離22キロ、この近さなら泳いででもこれそうだ。

Rinzannnoyama大石林山の奇岩。
ここはすごい聖地らしいのだが、なんとなく面白観光地の雰囲気もあってなんだか不思議な場所だった。

大石林山から辺戸岬はすぐ。

Hedonobaiten沖縄本島の最北端。
Saihokutan占領下の沖縄ではこの先の与論島の間に国境があり、岬の沖合では返還運動の水上デモが行われたりした。

辺戸岬から大石林山のほうを眺めると
Nankairuなんだありゃ…

というわけで行ってみた。
Tenboudaiなんだこりゃ…

ヤンバルクイナ展望台、というそのまんまな展望台からの景色は、鉄格子が若干邪魔だがなかなかの絶景。
Kesiki
Yanbarutenboudai
Yanbarunotenboudai鉄格子の外にカメラを出せばインスタ映え間違いない。

ヤンバルクイナ展望台で思いがけず巨大ヤンバルクイナを目撃したが、こっちは当初の目的地「ヤンバルクイナ生態展示学習施設 クイナの森
Yanbarukuinaここは、人工ふ化で生まれたやんばるくいな「きょんちゃん」を生体展示している施設。
Kyontaynn一戸建てくらいある巨大なケージの中でただ一羽飼われているきょんちゃんは、非常に警戒心の強いヤンバルクイナには珍しく、人の姿を見ても隠れたりせずに愛嬌を振りまくアイドル的存在だとか。
KyontyannmizuabiKinouenokyontyann独りぼっちはさみしいんじゃないかと思ったが、ヤンバルクイナは縄張り意識が非常に強い鳥で自然の中でも基本的に一羽で生活しているとのこと。

ヤンバルクイナといえば1981年に新種の鳥として発見されたというニュースが強烈に印象に残っているが、この施設の説明員の方の解説や展示でヤンバルクイナの理解が深まった。
当時11歳だったのに意外と印象に残ってるもんだなぁというのもなかなか面白い発見だった。

ヤンバルクイナに癒された後はホテルへ。

今日のホテルはブセナテラス。
ブセナテラスは今年開業20周年。
アニバーサリーの意味も含めて、久しぶりにブセナテラスに宿泊。
Heyaブセナテラスに初めて泊まったのが99年。あのころ開業2年の出来立てほやほやホテルだったわけだ。
Hoteruテラスから見る景色は変わらないなぁ。
Dinaカフェテラスでまったりとディナーを楽しみつつ
20th20周年おめでとう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.09.08

沖縄 Day 1

今年も遅めの夏休みは、昨年と同じ沖縄に行ってみた。

今年は、私は初めて沖縄に行ってから19回目の夏。
記憶を呼び起こすと、そのうち11回沖縄に行っている。
なんかもっと行っているような気もしたのだが、今年は12回目になるようだ。

前日は
Seibukyuzyo
Yakyuなぜか西武球場で野球を見て、自宅に帰ったのは日が変わるころ。
そこからいろいろ準備をして、こりゃ寝てられないな…ということで一睡もせず…

Dahane早朝の羽田空港。眠いけど遠足に行くちびっ子状態であんまり眠くないというね。
久しぶりの沖止めで一回のバス乗り場へ。
Garagaraちょっと早く来すぎたか、ガラガラやね。
Okidomeバスに乗ってhttp://app.cocolog-nifty.com/t/app/weblog/post?__mode=edit_entry&id=88341419&blog_id=56350#
Sutauozuおっと、スターウォーズジェット。
Zyousyou三浦半島上空をグングン上がって

Sikokuokiスターウォーズ仕様のコップでコーヒーを飲みながら巡行中。

Okinawappoi
Mensore到着~~
F-15とめんそ~れを見ると沖縄来たことを実感。

Kaityuudouro今年は19年前に来て沖縄にのめりこむきっかけを再訪しに、まずは海中道路へ。
あの時、沖縄に行く前に熟読したガイドブックでまず目について、絶対行こうとまず向かったのがここだった。

Azihana

昼食は、海中道路を渡ったさきの平安座島にある海鮮食堂味華。カニそばが名物らしいのだが、残念売り切れでエビフライ定食でまんぷくりん。
Ebihuraiほかにもおいしそうなメニューがたくさんあって、また来たいね。

Omoidenoumi19年前、この入り江の港で透き通る海を見て「おおぉ!テレビや雑誌で見る海だ…!」と沖縄が私のハートをわしづかみ。

あの時、那覇空港から旅行会社の手配したレンタカー屋に行くと、カーナビ付きの車が出払ってしまったということでナビ無しの3ドアのミラージュを満タン返ししなくていいよって条件で借りて、地図を見ながらここまで来たのを今でもよく覚えている。

まだあの頃はナビは普及しだしたころでまだまだ地図を見てドライブする文化は廃れる前だったな(笑)

昔の想い出を浸りつつ、今日の宿へ向かう。
途中、ちょっと寄り道を。

Henoko何かと話題の辺野古地区の中心にある辺野古商店街。
ここはキャンプシュワブの歓楽街として米軍民政府土地課長アップル中佐も協力して開発された商店街で、中佐は町民にも大変親しまれたそうだ。
今は反基地運動の象徴にもなっている辺野古地区だが、かつては今と違う表情があった。
それはそのままかつてと今の沖縄そのものなんだなぁと思う。

ネットでは相当ピリピリしているとか観光客は近づくと危ないなどと言われていたが、もちろんそんなこい。

基地前の国道には座り込んでいる反対派と警備する機動隊がいるが、止められることもなく何の問題もなく通ることができた。

Kourioohasi今夜の宿は古宇利島にある
Hoteruプチリゾート古宇利島

フロントはなく、ネットで予約すると鍵ボックスの暗証番号が送られてきて部屋に出入りする、民泊のようなシステム。

WEBサイトはしっかりしてて怪しげなところはないのだが、初めての宿泊システムなので少々警戒していったのだが…
Oheya部屋はとてもきれいで清掃も行き届いていた。
Huroバスルームからの景色も古宇利大橋を望む絶景。

食事をとるところはないが、キッチンには調理道具やお皿、調味料までそろっているので、材料を持ち込んで自由に作ることができる。

Heyakarokesiki
Yuusyokuが、今回はここに来る途中のあちこちの道の駅で買ったスパムおにぎりと魚の天ぷら、オリオンビールでオキナワンフード三昧。

こういうのハマりそう…

Yozoraこのホテルは屋上に自由に登れるのもいいところで、古宇利島の星空を撮ろうと三脚まで持ち込んだのだが…この雲で残念ながら断念。
でもまた来たいなぁ…と思いつつ沖縄の1日目が過ぎていくのだった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017.08.27

慰霊碑

日本の航空会社が起こした死亡事故は1985年の御巣鷹山日航機墜落事故が最後だ。

外国の航空会社が日本で起こした死亡事故も、1996年6月に起きた福岡空港でのガルーダ・インドネシア航空機の離陸失敗事故が最後である。

今では少なくなった旅客機の航空死亡事故だが、1966年2月から3月にかけて重大な航空機事故が3つ続けに起きたことがあった。

・2月4日 全日空機が羽田沖で墜落
・3月4日 カナダ太平洋航空が羽田で着陸失敗
・3月5日 富士山付近で乱気流に巻き込まれBOAC機が空中分解

3月5日に墜落したBOAC機は前日に着陸に失敗したカナダ太平洋機の残がいの横を離陸し、富士山中腹に墜落した。

墜落した場所は「太郎坊」と呼ばれる場所で、名前は事故の話で知っていたがどこにあるのかとかはよく知らなかった。

今回上から総火演やろうと地図を眺めていて、御殿場ルート登山口への道の途中に「英国旅客機遭難者慰霊碑」があるのを見つけた。

Ireihi富士山が起こした乱気流に巻き込まれ、空中分解した旅客機がここに墜ちた。

今から半世紀近く前に起きた事故だが、慰霊碑は今でも手入れがされており、とてもきれいだ。
黙とうし、当時よりはるかに安全になった飛行機の陰に少なくない命の犠牲があったことに思いをはせるのであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上から総火演

毎年この時期は富士の総火演に行くのだが、会場で毎年気になっていることがあった。

Huzisan会場から見た富士山。
このどこかに五合目がある。
五合目から見る総火演…気になる…

と、言うわけで
Gogoume富士山御殿場口五合目に行ってきた。

家を出たときは星も見えていたのだが、五合目に着いたらこの始末。
霧で総火演会場どころかすぐ先の景色も見えない。

16do夏真っ盛りだというのにこの気温。
総火演でも朝晩は冷え込むが、その比じゃない感じ。

Udon点検射を見て帰ろうと思っていたのだが発砲音を聞きながらとりあえず肉うどんを食べる。
まだ7時前だが、店を覗いて「やってます?」と仕込みをしてる風の店員さんに聞くと、「ここ山小屋だよ?24時間営業さ!」とさわやかに言われた。

朝の点検射が終わったころから何となく霧が晴れてきた。
五合目の駐車場から下を見ると、なんとなく演習場が見えてきた。

Haittekita盛大にトリミングしてやっとわかる感じ。
肉眼ではどこに何があるのかさっぱりわからなかった。

Nankauttebakuhatuいろいろ音が聞こえだし、総火演が始まったことに気付く。

Happoおお!

Happo_2
Utu戦車の発砲を前方から撮る!!
構想4年、Google Mapと過去の写真を穴が開くまでじっくり見ながら練ってきたこの作戦が見事に成功した瞬間である。

Huzi対TOT富士も裏側から見るとこんな感じ。思った以上に富士山からは遠くで描いていた。

Ryousen
Ryousenniiru稜線に潜む戦車も狙われるほうから見るとどこにいるかよくわからない。
Uttaatoで、撃たれる。
真正面から見る発砲炎はなかなかの迫力。に見えるが、正直肉眼ではよくわからない(^-^;;

GoeitokoburaAH-1Sから発射される対戦車ミサイル。
Utubesi
Goei前から見るとなかなかの迫力。に見えるが、くどいようだがこれ撮ってるときは全く気付かなかった。

Kobura敵戦車を撃破し、戦線を離脱するAH-1S。
眼下を飛ぶヘリを撮ってもこれでは証拠写真にもならない…

Tinuku自衛隊員を前線に送るチヌークもこんな感じ。

Rakkasan空挺部隊も目の前を下りていく。

本当はF-2の対地攻撃も見たかったのだが、ちょっと用事があってここで撤収。

来年もまた来たいと思ったが現地以上に天候に左右されるので、いざ勝負、って感じだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.15

8月15日

72年前、日本で一番長い日だった8月15日、靖国神社界隈に行ってみた。

本来は、世界で最後であるべき世界大戦が終わった日として静かに過ごすべきだと思うのだが、なかなかに騒々しい。
Zinzya鳥居をくぐり、拝殿まで行くも参拝する人でかなり行列ができており、あまり時間がないのでここで靖国神社を後にし、もう一つの目的地へ。

Iriguti千鳥ケ淵戦没者墓苑。

昨年は強い日差しえ蝉時雨が降り注ぐ納骨堂だったが、
Rokkakudou今年は雨が降り、とてもしっとりした千鳥ヶ淵だった。

喧騒に包まれる靖国神社と違い、こちらは厳かな空気が流れる。
Tidorigahuti天皇皇后両陛下から下賜された花籠だけでなく、総理大臣や野党、知事からの献花が静けさの中の鎮魂を祷る。

かつての大戦に思いを馳せ、戦後日本の繁栄とこれからの行く末を思いながら九段下まで行くと
Barikedo雨の九段下交差点を機動隊のバスがバリケードを築いていた。
60年安保かよ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.09

駅前の喫茶店

出張で掛川に行ってきた。

仕事は午後過ぎに終わり、駅前をぶらぶら。
Kakegawa掛川ってNTT西日本管内なのか。
よく見るとNTTの隣は中部電力掛川営業所だ。

昼を食べていなかったので、定食屋を探してうろうろするも、これといった店が見つからない。

普段の昼飯にこういう店は行かないのだが、駅前にあった喫茶店に飛び込んだ。
Poppukonこういう店はスパゲッティがうまいに決まってる。そう決まってるんだ。

Supagethiほらみろ。

Umi驚いたことに、掛川出張だと帰りでもこんなに明るい時間に熱海の海を見ることができる。

新幹線め…


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.06

気になる鰻

用事があって行った新横浜、夕食をどこで食べようか…となって思いついたのが、もう店の前は何度も通り過ぎていてそのたびにちらっと見ては気になっていた「大黒屋

初めてこの店を見たのはもう20年以上前か。
その頃は何の店だかもあまり認識してなかったと思うが、最近ここが鰻の美味しいお店だと知ってより気になってはいた。

満を持して
Unagiこれは美味い。
家の近く(でもないけど)にこんな店があったとは…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.16

海の家

某SNSに、カップヌードルの日清が群馬に海の家を出す、と告知があった。

群馬に海は無いのに、だ。

最近の日清は広告プロモーションがくだらなすぎて気に入っているので、ちょっと遠いが群馬の山奥にある海の家に行って見た。

Gerende場所は川場スキー場。
冬には何度か滑ったことがあるが、雪のないシーズンに行くのは初めて。

Uminoie本当にスキー場のリフト乗り場脇に海の家があった。

Ramen海の家なのでシーフードヌードル群馬パッケージVer.が試食できる。

別に泳げる海があるわけでもなくタダのシーフードヌードルを食べたらやることが無くなったので、吹割の滝へ。

Taki滝のすぐ間近まで行ける吹割の滝、妙に親しみがわくんだよな。

一度も海を見ることなく、海の家に行くたびは無事終了~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.15

おしゃれカフェ

横浜銀行が群馬に三支店持っていることはこのブログでもさんざん取り上げてきた。

貿易で栄えた横浜らしく、横浜銀行の設立は1920年(大正9年)でそこそこの老舗だし、メガバンクの一つである三菱東京UFJ銀行の始祖の一つ横浜正金銀行は、1880年(明治13年)にいまの神奈川県立歴史博物館の建物を本店に創業したこちらもかなりの老舗だ。

元銀行の建物と言えばYCC ヨコハマ創造都市センターは元第一銀行横浜支店だった一部を再現した建物を使っている。
Biruzingu清水建設が建てたのが1929年(昭和4年)と聞くと「ずいぶん新参ものだな」と思ってしまうが、もちろん十分歴史のある建物である。

YCC ヨコハマ創造都市センターの一部として復活する前は、今の立ち位置から数百メートル東側にずいぶん長い間放置されて廃墟のようになっていた。

その頃中を覗いた記憶があるのだが、古びた銀行のカウンターっぽいものがあったりしてとても銀行っぽかったのだが
Kahe今ではすっかりおシャンティなcafeである。

出てくる食事も
Hanbakaすっかりおシャンティである。

昭和初期生糸輸出で莫大な資金が動いていたころ、さぞや活気があったんだろうな…と思いを馳せつつおシャンティなパンを口に運ぶのであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.11

久しぶりの宴

お付き合いをはじめさせていただいてもうかれこれ十数年。

なかがわさんまついさんと久しぶりにお会いし、横浜で軽く一杯。

Yakitoriniku某SNSではちょいちょい絡んでいることもあって、すんごく久しぶりに会うようなと言っても近況はなんとなく知っているので「感激の再会」ってわけでもない、不思議な感覚。

なかがわさんブログのヘビー読者ならご存知のことだが、今は海外赴任されておりその土産話で盛り上がるなど。

知り合ったきっかけはプジョー307CCで、今だちゃんと乗っているのはウチだけというね。
そして車の話はほとんどせず、でも宴会は盛り上がったところで写真を撮ろうとしたら、「NO PHOTO!!」と言われてしまったので写真は無しで。
Nofoto

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«宮前平