2017.02.11

犬を飼うということ

実は私、動物が大好き。
飼ったことのある動物はハムスターと十姉妹、金魚とメダカ。本当は犬も猫も飼いたかったけど親も自分もひどい喘息で医者から止められていたのと、住んでいたマンションがペット禁止だったのとで、飼うことはなかった。
でも周りの友人が犬を飼うのを見て本当にうらやましかったのを覚えている。

年末年始、いつも遊んでいた犬が2頭、虹の橋を渡った。
犬が亡くなることを「虹の橋を渡る」と界隈で表現するそうだ。

その2頭ともこのブログにちょいちょい出てきた、私も仲良くしてもらったわんこだ。

大人になって喘息も治まり、ペットOKのマンションに住んでいて、今でも犬は大好きだが犬を飼う決断はできないでいる。

大事なわんこを亡くされたお二方、本当に大切にわんこを育てていて、飼ってもいない私も本当に勉強になった。

犬という動物は群れの中で生活する動物なので、必ず「ボス」が必要で、ボスのもとで生きていくことに喜びを感じる動物だそうだ。

我が家は旅行が好きでちょいちょい泊りで旅行に行く。
外食も好きだが、行きたい旅行先のホテルやレストランが犬OKとは限らない。
もちろんペットホテルに預けたりすることだってできるが、もし自分が犬を飼ったら連れていきたくなるだろう。
でも行きたいとこに行けなくなるかもしれないと、そこにストレスを感じるかもしれない。

そして、犬を育てるということは、人間の子育てとは違い、子育てが終わった直後に介護が始まるということだ。
毎日毎日散歩してトイレの始末をしてご飯をあげてしつけをして、そして弱っていく大事なわんこの面倒を最後まで見る。
自分には無理だ、と思った。

そして思った。
自分で飼うんじゃなくて、他人が心を込めて育てているわんこの頭を撫でさせてもらおう。
時々ご飯をあげて「ご飯をくれるいい人だ」って覚えてもらって、おいしいとこだけもらおう。

そんな、愛情に包まれて育ち、いつも頭を撫でさせてもらった2頭のわんこが虹の橋を渡った。

Huutyann本当に全国津々浦々、いろいろなところを旅してまわったふうちゃん。

Porutanから揚げに目がない、食いしん坊のぽるたん。

知り合いのわんこが亡くなるというのをはじめて、そして立て続けに経験した。
本当に人間の友達が亡くなったのと同じような悲しみと喪失感を感じた。感じるなんて思わなかったけど、感じた。

ふうちゃんとぽるたん、本当に今まで楽しい経験をさせてくれてありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.04

新国防長官初来日!

Dentyuukaすったもんだで決まったアメリカ大統領。
新大統領に指名された米軍のトップ、国防長官が初来日。

来日は平日だったので見に行けなかったのだが、アメリカ帰国は休日だったので久しぶりに横田基地に行ってきた。

アメリカの国防長官はE-4Bという米軍を空中から指揮できる特別な航空機で移動する。

一度撮ってみたかった富士山と米軍機の絡みを狙いに初めての撮影スポットに行ってみると、地元の方っぽい方が一人。
挨拶をすると「まだヘリ来てないっぽいですよ」と教えてた。

稲田防衛大臣との会談を終わらせると六本木からヘリで横田に移動して専用機に乗り換えて帰国する。
そのヘリがまだ来ていないという。

が、しばらくすると専用機が駐機場所を離れたとの無線が。
どうやら長官はずいぶん前に横田に移動していたようだ。

甲高いエンジン音が聞こえてきて…

飛行機の写真は別邸で~

飛行機が飛んでいくと、飛行機イベントでいつも遊んでいる面々も横田近辺に集っていることが判明。
みんな何も言わないからわかんなかったけど、なんだかんだでちゃんと集まってくるのがなんか面白い。

そのうちの一人と横田といえば、のデモデダイナーで反省会。
Demodeというわけで、洞爺湖サミット以来ほぼ9年ぶりくらいに見るE-4Bだった。
そういえばあのころは「あと数年で退役する」なんて言われててもう見れないななんて思っていたのだが、2011年に近代化改修工事が行われたようで、まだまだ日本に来ることもありそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.15

四輪駆動車

もうかれこれ20年近い付き合いのある四駆乗りの友人が、ついにあの四駆を買ったというニュースが飛び込んできた。

知り合ったときお互いランドクルーザーに乗っていて、私は今もランクルを乗り継ぎ、彼はいろいろ乗り継いでこれにたどり着いた。

Dhifendaランドローバー・ディフェンダー110。
1983年からその形を変えずに販売され続けている四輪駆動車だ。
わたしも10年ほど前、ちょっと欲しいなぁと思って見積もりとか取ってみたのだが、新車のクラウンが買えるような値段だったのであえなく断念したことがある。

ラダーフレームにアルミボディ、ディーゼルエンジンに5速MT…魅力的すぎる…

電子デバイスなどほとんどついていない伝統的な四輪駆動車と近代的な電子制御で走る四輪駆動車。
オフロードを走って楽しいのは前者だよね、どうしても(笑)

Yuugurenorankuruでも、日本の四輪駆動車の歴史そのもののコイツ、大好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.13

平成29年 警視庁年頭部隊出動訓練

新春のイベントといえば、箱根駅伝、習志野の降下初め、出初式、そして警視庁年頭部隊出動訓練である。
わたしがこの手のものに興味を持った20年以上前からそうである。

箱根駅伝、降下初め、出初式、どれもやっつけたことがあるのだが、部隊出動訓練だけは見たことがなかった。

そもそも平日の昼間に行われるというのがリーマンにはなかなか難しい。
そんなんなので敬遠してたのだが、某マニアに

「は?なに言ってンすか。あさイチ参加車両の入りを撮ってから出社すりゃいいンすよ」

と言われてしまった。
言われてみればおっしゃる通り。出動訓練本番は私の中ではマストではない。
カメラを持って会社に行くのが面倒くさいくらいで、それは大した障害ではない、ってこった。
ということで行ってきました夢の島。

例年神宮外苑で行われている部隊出動訓練だが、今年はなぜか夢の島。
今までの撮影スポットなどの情報が参考にならず、まずは行ってみて勝負。

というわけで行ってみたらまあまあ楽しめたので、成果はいつものこちらで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.01

あけましておめでとうございます

1483200536181.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016.10.22

金沢紀行

Notohanto前から行ってみたかった北陸に行ってみた。

いろいろやりたいことはあったのだが、千里浜なぎさドライブウェイを走りたかったので、まずは能登半島に車で向かった。

泊ったのはペンション風民宿というキャッチフレーズもなかなかユニークな「能登半島
ホームページもなかなかに昭和なこの民宿、とにかく猫づくし猫づくし、あちこち猫だらけだった。

Heyamoneko
Nekoneko
テンプレ通りの部屋にかかる絵も猫、座布団も猫。ポットも猫。

Nabemohonkakuteki
Nabemoneko地元でとれる魚介たっぷりの夕食。
目につくものは全部猫柄。
Nekomamireすべて猫。
猫好きにはたまらない、それ以外の人にはそのこだわりっぷりが理解の範囲を超える、そんな民宿だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.10

栗の買い出し

茨城の笠間というところが栗の名産と聞いて、なんとなく買い出しに行ってみた。

常磐道から北関東自動車道に入り、笠間西インターで降り、ネットで目星をつけていた栗農家へ。
普通の農家の軒先で納屋から出てきた栗の売買。昔はこんなだったのかなと。

Kasamazinzya
念願の栗を購入後、近所の笠間稲荷へ。
Tuitta昨今は神社仏閣もつぶやく時代。

Tukurizakaya笠間稲荷の向かい側にあり、お神酒を代々納めているという造り酒屋の笹目宗兵衛商店に行ってみた。

Nakaniwaなかなか趣のある建物があちこちに。

帰りは北関東自動車道を東北道方面へ。
途中未完成部分は下道を使った。
Seikomaこんなところにセイコマ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016.10.01

立川防災航空祭

「自宅から気軽に行ける航空祭」の一つ、陸上自衛隊立川駐屯地で行われた立川防災航空祭に行ってみた。

Heri家を出る頃からいまいちな天気だったので、行くかどうか悩んでいたのだが、やはりヘリ好きとしてはいろいろなヘリが飛び交う立川はやっぱり外せない、ということで重い腰を上げていってみた。

行ってみたらやっぱり楽しいイベントだったので、詳細は別邸で

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.24

慰霊

太平洋戦争における沖縄戦の死者数には諸説ある。

平和の礎には24万人余りの名前が記載されている。
この数には沖縄戦で戦死した米軍兵士も含まれており、沖縄県民の死者は軍人軍属を含めて約15万人、一般市民はそのうちの4~5万人と言われている。

東京大空襲の死者が10万人以上、広島長崎の原爆で広島は14万人、長崎で7万人の犠牲者が出たとされる。
一般市民に限った犠牲者数で言えば大きな数字ではないともいえる。
しかし、沖縄県民の犠牲者には現地召集を受けた正規兵のほかに鉄血勤皇隊や日本軍に協力した準軍属も含まれる。

また、連合国の一方的な虐殺ともいえる空爆と違い、沖縄戦では連合国側も1万4千人近い死者行方不明者を出す地上戦が3か月続いたところが大きく違うといえる。

1946年、沖縄戦激戦地であった糸満市に「魂魄の塔(こんぱくのとう)」が建てられた。
Hi戦後すぐに一帯の開墾を米軍に命じられた市民は、周囲に散る遺骨の収集・慰霊を米軍に要請したがなかなか認められなかった。

開墾するたびに遺骨が出てくるため作業が進まず、年が明けた1046年2月、米軍はようやく収集作業を認め、集められた遺骨を埋葬し魂魄の塔が建てられた。

塔にはアメリカ兵も含めた軍民人種かかわらず3万5千柱が納められ、のちに完成した国立の沖縄戦没者墓苑に移されたが、親族がどこで戦死したか分からない遺族が今も塔を訪れるという。

Naiyoのちの「ひめゆりの塔」や「健児の塔」のルーツにもなった塔は、まだまだ暑い夏の暑い日差しの中に静かにたたずんでいた。

屋台で供花を売っていたので、お供えさせていただいた。

Tamesarerudaitiそばにある北霊碑。

太平洋戦争中、沖縄で戦死した北海道出身者33,652名を祀る碑。
うち地上戦の戦没者は10,786名だという。
沖縄戦では北海道出身者が沖縄を除く全都道府県で最も多い犠牲者を出したそうだ。
はるか2,200km離れた北の大地から派遣され亡くなった兵士を思うと合わせる手にも力が入る。

もう一つ、かつて訪れてもう一度行きたかった碑へ。
実は昨年も行こうと思ったんだが場所をよく覚えてなくて断念したので、今年はちゃんと事前に調べて訪問。

Ryuuhuunohi琉風の碑
沖縄戦に巻き込まれ、亡くなった沖縄気象台職員72名を祀ったの慰霊碑だ。

1945年5月下旬、気象台は爆撃を受け壊滅、激戦地となった沖縄南部を陸軍気象隊とともに転戦し、何人もの犠牲者を出しながら6月22日ついにこの碑の建つ岩陰で解散したという。

Umigamieru岩陰から見た沖縄の海。
72年前、ここから見る風景はどんなだったろうか。
6月22日は日本軍の組織的戦闘が終わる直前だ。まだ米軍艦がびっしりと海に浮かんでいたことだろう。

現在沖縄では米軍基地問題など70年以上前の戦争の跡を今に至るまで引きずっている。
海軍沖縄根拠地隊司令官大田少将が海軍次官宛に打った「沖縄県民斯ク戦ヘリ 県民ニ対シ後世特別ノ御高配ヲ賜ランコトヲ」という沖縄県民の敢闘の様子を訴える電文を、今になっても重く受け止めなければいけないと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.23

聖地巡礼

昨年訪れた斎場御嶽。そこから見た久高島に行くのも今回のテーマだった。

久高島は沖縄の中でも最も神聖な場所とされており、訪れる前から若干緊張しながら久高島行きのフェリーが出る安座間港に向かった。

Syuppatuフェリーは1日6便あるので、一日かけなくても十分楽しめる。

Yamato船の最後の乗客はクール宅急便。
当たり前っちゃ当たり前だけど、ちゃんとネットワークがあるんだねぇ。

Feri波を蹴散らして久高島に向かう。

Gamin約40km/h、20ノットぐらい?
思った以上に飛ばしながら島に向かう。

Kutakazimanoannnaiban久高島到着。
ここでレンタサイクルを借りて島を回るのが定石。

久高島は、アマミキヨという神様が島に降り立ち、沖縄の国づくりを始めたという伝説から沖縄の聖地となっている。
つまり、沖縄、琉球開闢の始まりのちなのだ。

聖地といっても、きらびやかな御殿や神殿があるわけでもなく観光客が大挙してやってくるわけでもない。
島にはお土産物屋さんが数軒あるだけで本当に何もない。

Ippnmiti自転車で琉球の歴史が始まったという海岸に向かう。
時々自転車に乗った観光客とすれ違うだけで、のんびりとした静かな時間が流れる久高島。

Kutakazimanohama島の最先端、カベール岬。
アマミキヨが初めて降り立ったと言われる場所。ここから今の沖縄が始まった。

パワースポットなんていうカタカナ言葉が薄っぺらく感じるほど神聖な場所なんだなと思った。
はるか水平線にコンテナ船が浮かび、うっすら見える沖縄本島には日常の街並みも望める。
言われないとただの小島のここが最高の聖地だなんて気づかないだろうけど、やっぱり来てよかった。

ここから琉球が始まり、琉球王朝となり島津藩の勢力に下り、明治政府では沖縄県となった。
太平洋戦争が終わり米国の施政下のもとで戦後復興を遂げ、1972年、日本に復帰。

「日本は単一民族国家だ」と言って批判を浴びた政治家がいたが、私は日本が単一民族だとは思っていない。
独特の文化と歴史を持った民族がいるとこの島は物語っていると思う。

そして沖縄の七御嶽の一つで、久高島のみならず沖縄でも最高の霊地、フボー御嶽へ。
Huboフボー御嶽は以前は男子禁制ながら女性は中に入ることができたらしいが、いまは男女問わず立ち入り禁止。

Tatiirikinsiなのでここから見るだけ。
見ることもできず、まさに聖地という感じだ。

島を一周し、フェリー乗り場まで戻ってランチは貸自転車屋さんのパーラーさばにでイラブー練り込みそば
Kutakazimasobaイラブー(ウミヘビ)がまんま乗ってるイラブー汁が名物らしいが、いやいやいやいや、ちょっと厳しいでしょ。

というわけで、沖縄の聖地巡りはとても充実したものだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«嘉手納基地