« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

2004年12月

2004.12.31

三都物語その3

三日目。
大阪でグルメ旅でも、と思った。
が、京都ではんなり古都めぐりを思いつき即実行。

京都駅と言えば新駅ビルが出来た途端にガメラに破壊されたことで有名。
しかし、ガメラ平成シリーズでの秀作は2のレギオン襲来である。

京都駅を降り立ち、ハテどこに行こうかと悩んだ末、やはり清水の舞台から飛び降りる思いで清水寺へ行くことに。

さすが国際観光都市京都。
バスターミナルにいるバス会社のおじさんにどのバスに乗れば良いか聞くと「あれに乗れ!」と指差したバスはまさに出発直前。
と、おじさんはバスの前に躍り出て「チョチョチョっと待って!この方乗っけてあげて!」とバスを停めてくれた。

京都市バスは海外の日本ガイドブックに「あんなひどいバスは世界でも稀だ」などと書かれているらしいが、乗った感じでは神奈中のほうがひどいと思った。
たまたま良い運転士に当たっただけなのか?

kiyomizuまさにガイドブックのような景色。
クリスマスだと言うのに修学旅行の生徒さんもたくさんいた。
いったい年の暮れに何をやっているんだ?

私も17年ぐらい前に来ているはずだが、何の記憶もない。
薬師寺のお坊さんの説法の方は記憶にあるんだけどなぁ。




zisyuzinzya恋占いの神様、地主神社が清水寺の中にあった。
看板の新しさといい神社のコンセプトといい胡散臭さを感じる。
しいて言えばベイスターズが優勝した年に横浜駅前に出現した「ハマの大魔神社」みたいな。

しかし、由来を見るとそうは言ってらん無い。
起源は日本建国以前で古すぎて判らないとか。
怪しさ爆発の「恋占いの石」は放射線同位元素の研究により縄文時代のもの判明した(らしい)。
かつては天皇も行幸するほどの神社だったようだ。

帰り道の参道でのどが渇いたので茶店に入る。
ここはきな粉を自分で挽くためにテーブルに石臼が置いてある。
石臼なんてまんが日本昔話でしか見たこと無いし、挽くとなるとやったことなんてない。

まさにマンガのように石臼の上部に開いている穴に黒豆を2,3粒落とし、うすをぐるぐる回すとまさにきな粉が出来上がり。
かなり面白い。
出来立てのきな粉で食べる葛餅はなかなかの絶品だった。
余ったきな粉は持って帰れるのでそれもまた楽しい。

帰りは全国で評判のMKタクシーをチョイス。
自動ドアではなく運転手がドアを開けてくれると聞いていたが、普通に自動でドアが開いた。
「京都駅まで」というと「西口東口どちらががよろしいですか?」と聞かれたので「新幹線の方で」と答えたが、すかさず「お時間の方は大丈夫ですか」と聞くあたりはちょっと違うかな?と思った。

sinkansenそんなこんなでいよいよ新幹線。
車内で食べる冷凍みかんと明石焼きとたこ焼きを購入し、一路横浜に向かいましたとさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.28

三都物語その2

気まま関西ぶらり旅二日目。

神戸中華街へ。
china中華街と言えばやはり横浜中華街。
しかし、発祥は神戸の方が先らしい。
まぁ郷土愛はほどほどに、中華街を楽しもう。

横浜に比べ若干こじんまりとしているが、クリスマスイブだけあって人人人・・・
店先で食べ物を売っているお店が多い。

横浜中華街では店先で売っているのはブタマンや甘栗だけど、こっちではラーメンや唐揚げ、餃子まで売っている。
しかもハーフサイズで格安。
これなら色々な店で食べ比べが出来る。

結局ラーメン3杯、唐揚げと水餃子を食べ満腹臨になったところで第二の目的地、大阪へ。

大阪ではやっぱり食い倒れようかとは思っていたのだが、なにぶん神戸でガッツリ食べてしまってもうお腹いっぱい。
一休みして夕食へ。

夕食後に、同僚が会社を辞めて始めたというこじゃれバーに行こうと8年ぶりぐらいに連絡を取ってみた。
すると、バーは後輩に任せて今は鍋物屋を始めたという。
もう夕食まで取ってたが、是非来てくれと言うので向かった。

タクシーで向かったが、曽根崎警察署前の交差点でパトカーのマイクパフォーマンス。
「クリスマスイブにこんな事言いたくないんやけどなぁ、タクシーの運転手さんそんな所に車止めたら邪魔やで~」
さすが大阪。マイクパフォーマンスも笑いを取らなければいけないらしい。
タクシーの運ちゃんもさすがに苦笑い。
「さすが大阪ですね」と言うと「ああ言われれば『しゃぁないな、クルマどかすか』みたいになりますよね」と。

店はキタのキャバクラ街にあった。
タクシーがズンズン入っていった先にあったのが鍋・鉄板焼きの店
かつての同僚と久しぶりの再会。いやぁー本当に懐かしい。

料理もおいしいしとても充実した一日だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.26

三都物語その1

気まま関西ぶらり旅に行ってきた。
まずは神戸。

神戸に最近オープンした神戸スウィーツハーバーへ。
ナムコプロデュースのデザートテーマパーク
もちろん自由が丘にあるスウィーツフォレストとコンセプトはそっくり。というか同じ。
神戸の店も数店出ていて、一箇所でいくつもデザートが楽しめる点は小忙しい旅行者にはなかなか便利かも。
「ビゴの店」のミルフィーユ、大変おいしゅうございました。
つーか、横浜にも店があることを今知った。

お次がメインイベントの神戸ルミナリエへ。
mire
綺麗だとは聞いていたが、やっぱり本物の迫力は違う。
もともとは阪神淡路大震災からの復興を願うイベントだったのだが、十分にその役目を果たしていると思う。
すごい人出だ。
mire2
商店街が人で埋まってる。

このルミナリエ、東京でそっくりなイベントが始まったからかディズニー並みに版権管理が厳しい。
個人利用もNGか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.22

自動車電話その2

携帯電話を使いながら車を運転してキップを切られた人が2万人以上いたらしい。
しかも1ヶ月で。

普通自動車で6千円の反則金。
単純計算で1ヶ月1億2千万円の国庫収入。

法律の条文を「チョコッ」と変えただけで1億円以上が転がり込んでくる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.14

自動車電話

今の携帯電話は、元は自動車電話から始まった。

長距離バスなどは会社との連絡用に、距離に関係なく使える自動車電話を積極的に導入したもんだ。
それがいつの間にか運転中の使用が禁止された。

バスの運転席に設置された電話の行方はいかに。

しかし、タクシー無線などは法の適用を受けないとか。

手に持つところに操作する部分が無い機械の場合は運転中に使っても問題ないそうだ。
つまり、ハンディマイクなら運転中に使っても問題なし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.12

パリダキャ&WRC

三菱自動車が来期のパリダカとWRCの参戦を正式表明した。

高校生の頃「将来絶対パジェロを買うんだ!」と心に誓っていた私としては、モータースポーツでは三菱にぜひとも頑張ってもらいたい。

海外、特にアジアでの販売はそこそこだったとはいえ今年の三菱はあまりにもひどすぎた。
WRCも途中で尻尾を巻いて逃げ出したような雰囲気だったし、いったいどうなることかと心配だった。

それにしても三菱は来年はじめてパドルシフトを採用するなんて。

パニッツィーくんも今まで大変だったねぇ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.09

ゆうパック

通信販売でパソコンパーツを買った。

配達予定日を過ぎても商品が届かなかったので管轄の郵便局に電話すると、「郵便物お預かりのお知らせ」を投函せずに持ち帰ってしまったとのこと。

まあ急ぎのものでもなかったので翌日の配送と、不在だった場合は宅配ボックスへ入れてもらうように頼んだ。

で、翌日。
宅配ボックスも空だし「郵便物お預かりのお知らせ」も無かった。
郵便屋さんもうっかりやさんだなあなんて思いつつ明日電話しようなんて思ってた。

そんな夜中の11時過ぎ。
郵便局から電話。
間違って持ち帰ってしまった。出来るなら今から届けたい、と。
間違いなんて誰でもあるし、そもそも私自身仕事でそれくらいのミスは連発している。
気にしないでいいから明日で構わないと伝えるが、10分で着くからできれば今日中に届けたいと食い下がる。
まーそこまで言うならと了承すると、本当に数分で届けてくれた。

なんか民営化を控え、壮絶な覚悟を感じた。

こういうことを繰り返し経験することが大きな財産になると思う。
ヤマト運輸も駆け出しの頃はこんなことをそれこそ星の数ほど経験したことだと思う。

5年後10年後のゆうパックが楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.08

マスターキートン

髪を切った。
美容院に行ったのだが、あーいうところにおいてある雑誌はチャらいファッション誌ばかりで困る。

で、美容師は黙々と私の髪を切るのだが、ふと私に「漫画なんて読まないですよね」と聞いてきた。
会社帰りだったのでワイシャツにネクタイだったのでそう思ったのかもしれない。

「えぇ、最近はぜんぜん読まないですねぇ」と答えた。

そのとき手に持っていたチャらい男性ファッション誌の広告に、浦沢直樹の漫画「20世紀少年」があるのを見て私に聞いてきたらしい。

「浦沢直樹は好きですね。昔はたくさん読みましたよ」と答える。
「MASTERキートンって知ってます?」と彼は再び聞いてきた。

知ってるも何も初版で全巻そろえてるよ。
とは言わず「えー、知ってます」と無難に答える。

「あれ読むと賢くなりますよねー。砂漠で独りぼっちになっても生きて帰れる気になりますねー」
ほー、兄ちゃん詳しいじゃん。そりゃ「砂漠のカーリマン」だね。
俺も砂漠に行くときは背広を着ていこうと思ったもんだ。

と思ったら兄ちゃんはファッショントレンドに話をチェンジ。
さっぱり判らないや。

せっかくこの時期にぴったりの「ノエルの休戦」の話をしようと思ったのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.07

免許更新

運転免許を更新した。
違反がいくつかあったので講習を受けた。

冒頭は永島敏行主演、「贖いの日々」的な映画鑑賞。
永島演じるサラリーマンが飲酒運転による業務上過失致死で実刑判決を受けると言う内容。
このサラリーマンは今回の死亡事故の3年前にも飲酒運転による業過傷害で書類送検されている札付きのワル。

しかしこの映画で、サラリーマンの妻や子供が「よくここに住んでいられるわね~」といった陰口、「人殺しの娘」と言ういじめなどに遭遇するシーンがある。
まるで「家族がいじめられるから飲酒運転はするな」と言っているかのよう。

まー死亡事故は加害者にも被害者にも大変な悲劇であると言うことはとっても伝わったが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.02

リムジン

rimo
すっげークールな車を見かけた。
後部座席ではヤクの密売ルート開拓の話で盛り上がってそうだ。

私がこんな車のオーナーになったら、運転手はドーナツの似合う外国人でUZIを水平に構えて平気で乱射できる奴を雇う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.01

ペとかヨンとか

仕事中、客先で「ヨン様に似てるって言われない?」と聞かれた。
どういうことですか?
褒められているの?馬鹿にされているの?

「初めて言われましたよ。どこらへんが似てるんですか?」

「う~~んとね~、そうだなぁ、……眼鏡?」

そうきたかぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »