« 場末の飲み屋 | トップページ | 初スキー »

2005.01.24

雪の箱根路

箱根全山にチェーン規制が出た。
先日スキーをしに新潟へ行く予定が急遽キャンセルになり、せっかく車に積んだチェーンが用無しになりかけていた。

箱根新道などは、タイヤチェーンを携行していなければスタッドレスでも通してくれないことがある。
そんな経験も一度ぐらいしておかなければ、と行ってみることにした。
kiseiちょっと見づらいが、茶色の鎖マークがチェーン規制。
なんとなくワクワクしてくる。
荷室のチェーンを確認して箱根新道入り口へ。
shindou_iriguti雪は強くなってきたが、まだ路面には積もっていない。
箱根の冬は雪が積もって大変と言うイメージがあるかもしれない。
しかし、箱根湯本などは海が近いこともありほとんど雪は積もらない。
標高の高い箱根や仙石原で数十センチの積雪があっても、箱根湯本ではほとんど積もらない。

入り口ではほとんど積雪の無い新道も、ちょっと高度を上げればこんな感じ。
hakonesindou久しぶりの雪道だが、やっぱり面白い。
さすがの国道1号だけあって、少ないものの大型トラックが行き交っている。
そんな方たちは面白いなんて言ってられないだろうけど、舗装路には無い緊張感がたまらない。

箱根新道を抜け、芦ノ湖スカイラインで御殿場まで抜けようと思ったのだが…
なんと芦ノ湖スカイラインは営業終了。
終了時間まで時間はあったのだが、この積雪で早めに閉めてしまったのかもしれない。

で、そちらは諦めて小涌谷を抜けて箱根裏街道へ出ることに。
hakonezinja箱根神社の参道を除雪車が。
ここから国道1号で宮ノ下交差点まで行ったのだが、いたるところでスリップ事故や進めなくなって放置された車が。
さらにそれらを救出するJAFのレッカー車やレッカー業者のトラック、パトカーなどなどなど…
JAFの人も大変だが、その助けを待つ人も大変だ。
たぶん呼んでから来るまで数時間かかっている筈。
置いて帰る人が出てくるのも判る。
root1なにしろこんな道をノーマルタイヤで走るんですから。
むしろよくぞここまで来れたもんだと。
路上でチェーンをつけている車もちらほら見かけたが、とても危険。
そんなお父さんを周囲で見守るちびっ子はもっと危険。歩道から暖かい声援を送ろう。

あとチェーンを付け終わって意気揚々と出発した後に取り残される三角停止板。
ぽつんと取り残され雪に埋もれてゆく三角停止板は寂しげだ。

箱根裏街道(国道138号線)に出て、一路御殿場を目指す。
乙女峠の手前でふと思いついて長尾峠に抜ける道へハンドルを切る。
道も細くカーブが多いのでランクルではあまり走りたくない道だが、今日は違う。
nagaoto-ge神奈川県とは思えない光景。
ほとんど新雪だが、何本かわだちが見える。
やっぱりどこの世にもちょっとおかしい人はいるみたいだ。
長尾峠から再度国道138号へ向かい東名で帰ろうと思ったのだが、そこで意気のいいBMW2台とすれ違う。
なんとなくついて行こうと思いまたまた長尾峠へ。
思ったほどのドリキン野郎ではなかったが、二台のBMWが雪の峠道を滑るように走る光景はなかなか。

芦ノ湖スカイラインは閉まっていたが箱根スカイラインは走れるっぽい。
BMWについてそのまま箱根スカイラインへ。
yukino_lc前回プジョーで夕焼けの写真を撮ったところで。
さすがになんだか飽きてきたので湖尻峠から桃源台を抜けまたもや国道1号へ。
やはり箱根湯本まで降りてくると路面は濡れているだけ。


そんなこんなで雪の箱根をじっくり堪能したドライブだった。

|

« 場末の飲み屋 | トップページ | 初スキー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53490/2676346

この記事へのトラックバック一覧です: 雪の箱根路:

« 場末の飲み屋 | トップページ | 初スキー »