« 春の訪れをフレンチの香りで | トップページ | 初春の訪れをフレンチで »

2005.03.03

談話室滝沢

「談話室滝沢」が閉店するとか。

学生時代、新宿のMGC(モデルガンショップ)に足繁く通っていた頃を思い出す。
新宿駅からMGCに行く途中、なにやら不思議なオーラを放つ看板が気になっていた。
それが「談話室滝沢」

友人数名と旅行の打ち合わせをする時に意を決して談話室滝沢に入ったことがあるのだが、コーヒー1000円の価格設定に愕然とした思い出がある。
「今ならまだ間に合う。逃げるか?」とマジで話し合ったが、ケーキセット1100円のメニューを発見しある意味納得できない気持ちでそれをチョイスした思い出も。

その後も何度か足を運んだが、喫茶店とは一線を隔したその雰囲気や存在感は別格だったなー。


|

« 春の訪れをフレンチの香りで | トップページ | 初春の訪れをフレンチで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53490/3151338

この記事へのトラックバック一覧です: 談話室滝沢:

» 談話室滝沢、閉店 [三十路男の人生観、交遊録]
談話室滝沢が閉店するそうです。 どうも池袋店があったはずなのになくなったなあ、とは思っていたんですが、商売自体をやめちゃうみたいです。 今月末までらしいんで... [続きを読む]

受信: 2005.03.20 18:57

« 春の訪れをフレンチの香りで | トップページ | 初春の訪れをフレンチで »