« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005年5月

2005.05.31

おまけ

ドコモの戦略的キャラクター「ドコモダケ」が送られてきた。200505312333000.jpg
こいつがCMでデビューした時、あまりにも”狙いすぎ”な風体にいささか呆れたが、今こうして私の手元にあることを考えるとその狙いは正しかったということか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.30

バーベキュー

「バーベキュー」とは頭の先から尻尾までという意味で、「バー」は床屋の「バーバー」と、「キュー」はビリヤードの「キュー」と語源は同じなんです。つまり、動物を頭の先から尻尾まで焼いて喰っちまおうってことなんです。

という訳でBBQを楽しんできた。
場所は神奈川と山梨の県境にある神之川キャンプ・マス釣り場
ここは何度か来ているお気に入り。
道志道という国道413号からちょっと入ったところにあるからかいつも空いている。
今回も前々日にメールで予約していたがそれ自体はまったく関知されていなかったが余裕でキャンプサイトは確保できた。
すぐ隣に川が流れていて、しかも水はとてもきれいだ。
とりあえずきゃっきゃきゃっきゃと遊んでみる。
camp01
もちろんこのあとダイブするのはお約束。しかし写真に残っていなければ何の役にも立たない。
ジンギスカンブームに乗りラム肉を焼くが、豚肉の味がした。
きっとブームでラム肉の供給が追いつかず、適当な豚肉を詰めたんじゃないかという意見に収束した。味音痴って本当に怖い。
遊んで食べたらお昼寝タイム。
camp02
青空の下、川のせせらぎを聞きながらの昼寝は本当に気持ちがいい。
茄子とかで遊ぶのは本当にやめた方がいいと思う。

ここはバンガローなどで宿泊もできるので、夏なんかはそれも楽しいかもしれない。
久しぶりに楽しいアウトドアだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.26

古い話

私の携帯番号は、090-3XXXで始まる。
つまりまだ携帯番号が10桁だった時代、030-で始まる番号だったということだ。
当時は160キロ以遠に掛ける場合は030を040に直して掛けていた時代だ。
古くから携帯電話を持っている、ある意味ステータスのある番号だと思っていた。

しかし、時代はそんな歴史に冷たい。
今日そんな話をしていたらハハハと笑いながら言われた。「つまりおっさんってことでしょ」と。
むしろ080の方がナウいのか。ヤングなのか。バカウケなのか。
携帯番号ポータビリティーは意外と受けないかもって思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.24

ミスティック・リバー

まったく趣味とは違う映画だが、なんとなく見てみた「ミスティック・リバー
オールスターキャストで評価の高い映画だと聞いてはいたが、自分の趣味に合わないのであまりのめりこめなかった。カーチェイス無かったし。
しかし、一度も早送りしなかったのはやはり脚本が面白かったからか?
ストーリーは淡々としかし重々しく進んでいったが、最後の最後パレードのシーンでの三者三様の表情に軽い衝撃を受けた。
このシーンに映画のテーマが凝縮されているように感じた。
たまには重い映画を見るのもいいかも…と思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.20

盛りよしな盛りそば

横浜マリンタワーのお隣に味奈登庵というお蕎麦屋さんがある。
ここに名物「マリンタワーもり」というメニューがある。
tower
テレビにも出て、かなり有名なメニューらしい。
とにかく気合で盛っていて、テーブルに運ぶ途中に若干の崩壊が見られるほど。これで500円(海老天は別売り250円)。
このお蕎麦屋さん、横浜市内にいくつか店舗があるが、マリンタワーもりが食べられるのはココだけ。
他の店には同じような盛りで「富士山もり」というのがあるらしい。

盛りそばということで単調な味に飽きた時の為にワンポイントリリーフの海老天をつけたが、海老一匹何の助けにもならず完食できず。
私の後ろには3人がかりで食べている客もいたが、そういう食べ方の方が絶対正しいと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.17

電車とバスの博物館

通称でんばすへ行って来た。
以前東急田園都市線高津駅高架下にあった東急電鉄が作ったその名のとおり電車とバスの博物館が、宮崎台駅そばに移転しリニューアルされた。
私鉄会社が作る博物館のさきがけで、その後東武鉄道営団地下鉄(現東京メトロ)が同じような施設を作った。
企業としては宣伝広告の意味もあり、以前は入場料が10円で採算は度外視していたようだ。
今回久しぶりに行ったら100円になっていたが、それでも東武鉄道や東京メトロに比べれば半額近い。

館内に入ると今はなき日本エアシステムの航空機模型がお出迎え。
dc-10
日本エアシステムってDC-10所有してたか?と思い調べてみたら全機退役済みだった。
東急がかつて日本エアシステムの大株主だった頃の名残。
今でも日本航空の主要株主なんだから、JALカラーの模型でも置いてけばいいのに。

さらに足を進めるとこんな展示が。
atc
まあ今話題と言うことで。
東急はATCの導入に積極的で、私が子供の頃から地下鉄区間ではATCが導入されていた。
信号を受信した時の「チンッ」という音に狂喜乱舞した幼少期が懐かしい。今思うとなぜあの音にそんなに興奮できたのだろうか。

でんばすのメインアトラクションといえばトレインシュミレーター。
train-sim
さすがに人気があり、子供たちがたくさん順番を待っていた。
と、そのなかにちょっと大きなお友達が。
中学生っぽい3人組が列に並んでいる。
私も大学生の頃秋葉原にある老舗、交通博物館で山手線のシュミレーターをふんぞり返って遊んだことがあるので、「鉄道少年、がんばれよ」と温かく見守っていた。
その中学生軍団の番がやってきた。
一人が席に座る時、「おいおい、指差換呼はどーした(笑)」みたいなマニアなヤジも微笑ましい。
シュミレーターには指導する係員がいるのだが、その前で少年たちは喋りだした。
「おまえ、将来運転士になるの?」
「うん、なるよ」
…少年よ、夢はきっと叶うゾ…と思った。が、
「ふーん、じゃ東急に入社するんだ」
「イヤだよ、東急なんか」
!!
「東急より京急の方がいいな。オレ、京急に入る」
係員の表情が一瞬で険しくなった。
なんで京急がいいんだろう。家と家の隙間を120キロで疾走できるからだろうか。
さらに言いたい放題は続く。
「相鉄はどうよ」
「絶対イヤだ。相鉄に行くなら東武に行く」
「じゃオレ小田急」
彼らの頭の中は夢のような売り手市場らしい。こりゃ係員でなくてもさすがにムッとくる。
夢を見るのは自由だ。少年たちが就職する頃、ロボットが電車を動かし人間は事務所でモニターを眺めているだけ、という時代が来ていないことを祈るだけだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.15

おれおれ、俺だよ…

携帯電話にそんな電話がかかってきた。
しかし電話の声はいかにも中学生。周りでくすくす笑っている声すら聞こえてくる。
私も中学生の頃「0120」の後に思いつく数字を6桁超テキトーに打ち込んでフリーダイヤルを掛けまくったことがある(ゴメンナサイ)ので、いたずら電話に関しては何も言うまい。
「なに?カネ?カネが必要なの?」と聞くとすぐに電話は切れてしまった。

またしばらくして同じ声で「オレだけど、あのー…」と掛かってきた。
「カネか!結局カネなのか!…ちくしょー、お前らいつもそうだ。そうやって貧乏人から寄ってたかって搾りやがって!くそー、貧乏が憎い…ビンボ…」
ここで電話が切れた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.14

自転車ツーキニスト

自転車で通勤している人のことを「自転車ツーキニスト」というらしい。
わたしは今まで「ちゃりんこ通勤」と言っていたが大きく間違っていたようだ。
自転車通勤をしていると様々なアクシデントに見舞われる。
一番の敵は悪天候だ。
会社帰りならまだいい。自宅に帰れば暖かいシャワーとコーヒーが待っている。
しかし、出社時はきつい。雪ならまだマシかもしれないが、雨は正直どうにもならない。
一度家を出た時は太陽すらのぞいていたのに、数分後むくむくと真っ黒い雲が出てきて土砂降りになったことがある。
家に帰るのも面倒くさくなるほどびしょぬれになったのでとりあえずそのまま出社したのであった。
転んだことも何度かあるが、1メートルほどの段差を飛び降り着地に失敗、顔から落ちあごをぱっくり割って血まみれで出社したこともある。
自転車ツーキニストも、言うほど楽なものでは無い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.13

焼肉焼いても…

一週間、馬車馬のように働き疲れ果てて泥水のような体を癒すべく、うまい焼肉を食べに行った。
横浜駅から歩いてすぐのところにある「nemo」。
焼肉のタレをこぼすことが許されない白い革張りの椅子で食べる焼肉は本当に旨かった。
ここで初めて冷麺というのを食べてみる。
「お酢のようなすっぱいスープに臭みのあるごわごわした麺」というイメージを勝手に作っていたので今までなんとなく食べたことがなかった。
がしかし、冷麺がこんなに旨いものだったとは…まさに食わず嫌い。
ラーメンともそばとも違う初めての食感にちょっぴり感動した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.12

国民の義務

五月と言えば納税の季節。
ウチにも毎年恒例納税通知書がやってきた。
しかも、今年はプジョーとランクル二台分。
判っていることとはいえやはり重くのしかかってくる。
DSC_5901ランクルは商用車で16000円。プジョーが乗用車で39500円。
毎年車検はきついけど、自動車税だけを考えると商用車登録は非常にお得。
しかし、いくらロイヤルサルーンな内装でも「トラックのくせに」「しょせんトラック」と斬って捨てられるのが玉にきず。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.05.05

獅子堕つ

DSC_5898
三越横浜店が今日閉店した。
1月から長きに渡った閉店セールも今日真に幕を下ろした。
店長の「閉店の辞」とか涙ぐむ店員、客の拍手など今までニュースで見てきた画を生で見られてちょっと感動。

大勢集ったお客さんを見て、「あんたたちが今日みたいに毎日来てくれればこの店はつぶれなかったんだよ…」と思った店員もいたに違いない。

数年前から不振が伝えらユニクロや大塚家具をテナントに迎えたが、集客には限界があったようだ。
駅をはさんで反対側にある横浜そごうがLoftや無印良品を入れて元気が出てきたのとは対照的だ。

ユニクロはウチのそばにあるけどLoftは渋谷まで行かなければ無いという違いなのか?

ちなみに1階にあるマクドナルドも同時閉店らしい。
こちらはあおりを食った形なのかもしれない。
バイトやその友達らしき人も集り、店員同志のハイタッチもありちょっとしたお祭り騒ぎ。
閉店店舗恒例(?)店長のあいさつもあった。
DSC_5881
長い間お疲れ様でした!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.04

黄金週間とか

世間じゃ10連休だとか5連休だとかすごいことになっているけど、ウチは2連休。
まー5月の中ごろに3連休とかあるからまだ恵まれているのかもしれない。

そんな貴重な連休に何をするでもなくふらりと出かけてみた。
ひとまず横浜そごうで、クローゼットを整理すべく「ポリプロピレンクローゼットケース・引出式・大」を大人買い。(3つだけだが)
横浜そごうはちょっと大きい買い物をすると駐車場までポーターサービスがある。
ポーターが台車で大人買いしたケースを運んでくれるのはかなり楽。ニセレブ気分。

さて、夕飯時だし何を食べようかと悩んだ。ここで天から「江戸っ子だってね。寿司喰いねぇ」の声。
ちょっと前雑誌で見た三浦の三崎漁港にある回転寿司の記事を思い出し、そこに行くことにする。
雑誌の記事はうろ覚えだったが、「うらり」のそばだと覚えていたので、それを頼りに向かった。
で、うらりをちょっと通り過ぎてすぐに目に付いたのが「回転寿司 海鮮 沿岸店」。
たぶんここだろうと勝手に決めて店に入る。

満席だったのですこし待ってカウンターに座る。と、皿があまり回っていない。
「おいしい」と言われる回転寿司でしばしば見かける光景だ。そのたびに「回転である必然性は?」と思ってしまうのだが、回転と言うだけで何故か親しみが湧いてくるあたりにその理由があるのではと思う。

さて、さすが漁港から歩いて2分に位置するだけあり地生サバとかほうぼうとかあまり見慣れないネタがたくさんあった。
値段もお手ごろで満腹で店を出た。

ちなみにすぐそばに「元祖まぐろラーメン」という店があるのだが、一度食べればどんなに旨くてもマグロとラーメンは別々に食べるべきだと痛感する。

帰りは海沿いをドライブ。
国道134号線の逗子にある「サブマリンドッグ」に立ち寄る。
peugeo_ysm
満腹だったけどなんとなく食べたくなったのでアメリカンドッグを注文。
もう真夜中だったので景色は堪能できなかったけど、遠く江ノ島の夜景を見ながら食べるホットドッグはなかなか旨かった。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.05.01

本当にあった怖い話

私の勤めている会社は、噂によるとお墓のあった場所に建てられているらしい。
事実、国土交通省国土情報ウェブマッピングシステムで見てみると、昭和53年当時の会社所在地にはお墓のような荒地が見て取れる。

入社当初、休日などに会社で1人仕事をしていると本当に怖かった。
いきなり無人のエレベーターが動き出したり階下で人が歩き回る音がしたり…
しかし、そんな会社でも10年もいるとそんな怪奇現象に慣れてしまう。

ところが今日久しぶりに背筋がゾッとした。
仕事も終わり会社を出る時、ふと尿意をもよおしたので1階玄関の脇にあるトイレに入った。
私がトイレのドアを開けたと同時にトイレの水が止まった。
つまり誰もいないはずの社内のトイレを誰かが使い、流した直後に私が入ったのだ。
いや、マジでぞっとした。
さすがに怖いのでトイレのドアは全開で用を足させてもらった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »