« 夕暮れの | トップページ | ジョホールバルの歓喜 »

2005.06.03

神の翼インドネシア

二日目。所用でインドネシアへ。
船で国境を越えるのは初めての経験。
まずはシンガポールのハーバーフロントという港へ向かう。
ここで出国手続きをして乗船。
sip船名「ぺんぎん3」 速いのか?見た目は速そうだけど。
船の旅は約1時間。日本で言えば川崎-木更津の東京湾横断フェリーのような感じ。
彼方には南国の景色が広がり、赤道直下を実感する。

インドネシアのバタムという街に到着。
ここでインドネシアに入国。
ターミナルを出るととたんに物売りがやってくる。
「ホームレスはいない」と豪語するシンガポールとの違いを実感する。
船で1時間、距離にして十数キロが途方も無い距離に感じる。
バスで移動するが、交差点で停まるたびに新聞やジュースの売り子が車に群がる。
シンガポールの街角で見かける車は日本と何も変わらない。
ベンツもBMWも沢山走っている。ハリヤー、アテンザ、エルフ、レンジャー…
しかしインドネシアに入るとバイクが多くなる。
日本、シンガポール、インドネシア…
いったい何が同じで何が違うのか。

用事を済ませ、再び船でシンガポールへ向かう。
夜はシンガポールで数少ない観光スポット「ナイトサファリ」へ。
ここはシンガポール動物園の隣にある夜だけ開いている動物園。
zoo園内をトラムという乗り物で移動するのだが、本当に動物の脇を移動していく。
肉食獣が夜行性なのは理解できるが、象やカバが夜中に草をむしゃむしゃ食べているのには若干納得できない。
夜寝ている草食動物を食べる為に夜行性なのだと思っていたが。
ただ単に昼間草を貰えていないだけじゃないのか?

しかしかなり大満足。
絶滅に瀕しているという動物を沢山見てナイトサファリ終了。
小腹も空いたので中華街に立ち寄りろばたでラーメンを食べてホテルへ帰る。

|

« 夕暮れの | トップページ | ジョホールバルの歓喜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53490/4474257

この記事へのトラックバック一覧です: 神の翼インドネシア:

« 夕暮れの | トップページ | ジョホールバルの歓喜 »