« 「ガーデンシティー」シンガポール | トップページ | 夕暮れの »

2005.06.03

「獅子の町」シンガポール

成田を離陸し、はるばる6時間近く掛けてシンガポールへ。
機内では座席同士で対戦テトリスをしたり映画「レディー・ジョーカー」を見て渡哲也を改めてリスペクトしたり。
ちなみに徳重の演技も良かったが吉川晃司の演技はそれを超えていたと思う。
さすがすかんぴんウォークで鮮烈に主演映画デビューしただけある。
sq_995
かなり飽きてきた頃、ようやく高度を下げはじめ着陸態勢に入る。
しばらく同じところをぐるぐる回っていたようだが無事着陸。
今日は特に予定が無いのでシンガポールのビジネス街、クラークキーをぶらつく。
と、魅力的なアトラクションを「リバース(逆)バンジー」発見。
1回約2000円と微妙な値段だがお笑い芸人の登竜門でもある。
CCDカメラ付きのヘルメットこそ無かったが、まずはチャレンジ。
bunzi-
発射!!
bunzi-2
びよ~~~ん
上に飛び上がるときは激しい加速感でむしろ気持ちが良い。
しかし上死点に到達したときの浮遊感、落下するときのマイナス加速度がヤバい。
驚いたことにCCD付きヘルメットは無かったが、ゴンドラにCCDがついていて一部始終をビデオCDに焼いてくれる(もちろん有料)。
散々迷ったが買ってしまった。

軽い運動でおなかもすいたので同じクラークキーで夕食。
ステーキを堪能。
このままホテルに帰るのももったいないのでシンガポール一の繁華街オーチャードロードに移動。
ここの屋台村で中華料理をつまむ。
私はおなかの余裕が無かったのでおつまみを探していたら「餃子の王将」を発見。
ここまで来てナンだが話の種に食べてみる。
特に日本と変わらない味にホッとしたようながっかりしたような。

かなり満腹になりホテルに戻る。
明日も早いのでとっとと寝る。


|

« 「ガーデンシティー」シンガポール | トップページ | 夕暮れの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53490/4400740

この記事へのトラックバック一覧です: 「獅子の町」シンガポール:

« 「ガーデンシティー」シンガポール | トップページ | 夕暮れの »