« アジアン・ミックス、シンガポール | トップページ | 冤罪 »

2005.06.10

VodaFoma

今回海外に行くにあたって、ドコモのワールドウイングを申し込んだ。
これは今使っている電話番号が海外でもそのまま使えると言うもの。
シンガポールならiモードも使えるしテレビ電話も出来るらしい。
こりゃ話のネタにやってみるしかない。

申し込みはiモードサイトやネットで簡単に出来る。
1日200円で端末を借りる。受け渡しは成田で出来る。
しかし、世界的に見ると携帯電話の端末はだいたい世界共通だ。
その中で日本と韓国だけがなぜか仲間はずれ。

vodafoneのG3機種は海外で簡単に使えるのにドコモは同じ第三世代でも海外で使えるのは1機種だけ。
で、無事その1機種を受け取る。
vodafoma
vodafoneのストラップをつける東洋一のギャグもスベリ気味。

シンガポールで受け取るセ・パ交流戦の速報はもはやボーダレス時代を実感させる。
メールのやり取りもなんら問題ないしテレビ電話も簡単に出来た。
1回セールスの電話が掛かってきたが、相手は私がインドネシアに向かう船にいたことなぞまったくお構い無しだ。

しかしシンガポールにいる間、携帯電話が必要だったかと聞かれれば答えは「ノー」だ。
日本にいたって仕事の電話しか掛かってこないんだし…ね。

|

« アジアン・ミックス、シンガポール | トップページ | 冤罪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53490/4502498

この記事へのトラックバック一覧です: VodaFoma:

« アジアン・ミックス、シンガポール | トップページ | 冤罪 »