« 自転車ツーキニストのお供 | トップページ | 皇帝ペンギン »

2005.08.30

丈夫な国産車

仕事で使っているADバンのエンジンが掛からなくなった。
コンビニでガリガリ君を購入し、さーて帰るかとキーをひねってもうんともすんとも言わない。
数日前からスターターモータの元気が無かったことが気にはなっていたが、この社用車も乗って3年、走行87000キロ。来月にはリースも切れて新しい車が来ることもありなんとなく気が付かない振りをしていた。
きっとそんな私にADバンは最後のメッセージをくれたんだと思う。
「最後までキッチリ使い切ってくれ。燃え尽きるまで仕事をさせてくれ」と。
だからわざと会社の裏手にあるコンビニでバッテリーを昇天させたんだと思う。
おかげで夜中の10時半にリース会社に電話したりレッカー業者からの電話を待ったりもう大変。

ADバンのトラブルは二回目。今回はバッテリーの消耗だが前回は吸気センサーの故障。
国産車ではありえない交差点のど真ん中でストップ。漫画かよ。
それでもトラブルはそれだけ。

ADバンの前はカローラバンに乗っていた。
5年12万キロ故障無し。トラブルといえばラジオアンテナを酔っ払いに折られたくらいか。
バグダットでもカローラバン沢山走ってるぐらいだから本当に海外でも人気があるんだと思う。
ほかにもハイエースやコースター、ランクルは本当に丈夫だ。

次の社用車は再びトヨタでプロボックス。
またきっとスゲー丈夫なんだろうなー…

|

« 自転車ツーキニストのお供 | トップページ | 皇帝ペンギン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53490/5700616

この記事へのトラックバック一覧です: 丈夫な国産車:

« 自転車ツーキニストのお供 | トップページ | 皇帝ペンギン »