« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月

2005.09.30

これが欲しかった

あいかわらずiモードの携帯電話メーカーサイトの最小アクセス数を誇るD。

先日ドコモショップに行った際、そんな状況を打破する為か三菱電機の拡販スタッフがいた。
デモ用のD901iSを使ったビンゴゲームで、景品にグッズがもらえるというもの。
軽く挑戦した私はあえなくハズレ。
参加賞のウェットティッシュを貰うときにスタッフから「ちなみにどちらの携帯をお使いですか?」と聞かれる。
胸を張って「もちのろん御社の携帯です」とリーマン用語をちりばめてマイ携帯を取り出す。

と、「うぉーー、ありがとうございます!!」

そ、そんなにユーザー少ないですか??
「ちなみに画面保護シート何か使ってますか?」
「いえ、市販品で専用なのが売っていないので自分でちょきちょき切って貼ってます」
「じゃ、じゃあこれ使ってください!」
と手渡されたのはD901iSのロゴが入ったオリジナルプライバシーシート。
これはうれしい。早速貼ってみる。
keitai
サイズもぴったり。横からのぞいてもこの通り。
帰りがけにEdyのギフトカードも貰い大満足で店を出た。
とりあえずこの携帯は煙が出るまで使い続けます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.09.27

食べ放題4連発

8月7日を過ぎると、全国的に秋になり日本人は食欲の秋を合言葉に旨い物や不味い物、いろんなものを食べ漁る。
そんなわけでなんとなく「食べ放題」がマイブーム。
でも、元を取ろうとガンガン食べてもなんとなく食べきれていないような気がするのはなぜだろう…

で、最近キレが無くなってきた某社長Blog風に。

TOPRUN ダイエー東戸塚店
最寄り駅:JR東海道線東戸塚駅
料理:焼肉バイキング
採点:★☆☆☆☆
一人当たりの支払額(税込み):1554円~3000円
用途:夕食

値段勝負。デザートバイキング(250円)を追加したことを死ぬほど後悔した。だってカステラの切れ端がずらっと並んでるだけなんだもん…
ただただたんぱく質を補給したい時にお勧め。

ここで後悔したので次は安全パイ。

レストランカフェ コンパス
最寄り駅:JR東海道線横浜駅
料理:ディナーブッフェ
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):3570円~5000円
用途:夕食

もはや「食べ放題」ではなく「ブッフェ」
ブッフェといえば新幹線の食堂車をイメージしてしまうのはなぜ?
ここはとにかくおいしい。
なによりデザートはさすがホテルだけありかなり充実している。
プリンアラモードを自分で作れるコーナーはかなりツボに入り、超豪華なヤツを作って別腹に流し込んだ。
でも「高くて旨い」は若干つまらない。

次は毛色を変えて

天天常常回転坊
最寄り駅:JR根岸線石川町駅
料理:回転飲茶
採点:★★★☆☆
一人当たりの支払額(税込み):2000円~2300円
用途:夕食

初めて行った回転飲茶のお店。
飲茶が回転寿司のようなコンベアを湯気を立てながらぐるぐる回っている。
閉店間近だったからかコンベアの上はほとんど廻っておらず、紙にオーダーを書いて注文する形だった。
美味しい物と「?」なものが混在。
でもこの値段なら許せるかも。
頼んだものは熱々で出てくるし、水餃子もなかなか旨い。
デザートで頼んだライチゼリーがとにかくおいしかった。から2個食べた。

こんなに食べてカロリー1カ月分ぐらい摂取してしまったので、「サラダ 食べ放題」でネット検索。
でヒットしたのが

BUFFET THE VILLA
最寄り駅:東急田園都市線二子玉川駅
料理:ブッフェ
採点:★★★★★
一人当たりの支払額(税込み):2079円~2289円
用途:夕食

値段が最初に挙げた焼肉バイキングとそんなに変わらないので正直あまり期待はしていなかった。
だがしかし。
さすが世田谷。さすがたまたか。
店内はきれいで喫煙席が完全に隔離されているのがナイス。
お寿司もあって、ちゃんと小奇麗な皿に分けてあっておいしい。
デザートに白玉ぜんざいやくず餅があるのには驚いた。

ここで満足したので当分食べ放題はいいや。
ご馳走様でした。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2005.09.26

場末の飲み屋リターンズ

今年の新年会で飲んだ横浜の飲み屋へ同じようなメンバーでまた行った。
というか、違う店に入ったつもりだったが二階に上がったら見覚えのある畳。
あ、この前の店だ…と思ったら同行者は全員入り口で気づいていたみたい。そこで言おうぜ。

でも、今回は愛想もよくオーダーストップも事前に教えてくれた。
料理も素朴でおいしいし畳にちゃぶ台みたいなテーブルはやっぱり落ち着く。
狸小道…何時までも残ってて欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.23

ヤバ旨ラーメン

一週間に一度は必ず食べるラーメン屋がある。
しばらく行かないと無性に食べたくなるラーメンだ。
特に有名な店でもないし特徴のあるラーメンを出すわけでもない。
本当に無性に食べたくなるラーメン。

というわけで某馬主社長Blog風に

うまいラーメンショップ
最寄り駅:横浜市営地下鉄三ッ沢上町駅
料理:ラーメン
採点:★★★★★
一人当たりの支払額(税込み):490円
用途:昼メシ
umaira-mensyoppu
某ラーメンファンのサイトでは「旨くないのは試すまでも無い」とスパッと斬られた店だが、だっておいしいんだもん。

うまいラーメンショップ系を見ると一応入って味見をするのだが、なかなかこの店を超えるものには出会ったことが無い。
他にもおいしいラーメン屋はいっくらでもあるのに、何故かここに足を運んでしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.20

中秋の名月

昨夜のこと。
夕飯を食べた後、翌日も休みだしぶらっとどこかへ行きたいなーと思ってあてどなく車を走らせる。
夜空を見上げるときれいな満月。
そうだ、今日は中秋の名月だな。
もっと空気が綺麗な所へ行って月でも愛でるか、と急遽箱根へ向かう。
22時も過ぎた西湘バイパスはがらがらで30分で箱根湯本到着。
ターンパイクか箱根新道で迷うが、先日ターンパイクを走ったばかりなので新道へ向かう。
登りをかなり気持ちいいスピードで駆け上る。
しかし山頂に近づくにつれ霧が出てきた。
とりあえずの目的地の箱根峠エコパーキングは霧。夜空は見えず。
コーヒーブレイクを取ってさてどんなルートで帰ろうかと考える。
ETCの深夜割を使えば御殿場から厚木までお安く行けると思い、乙女峠越え東名ルートに決定。
芦ノ湖畔を駆け抜け乙女峠手前のパーキングで休憩。
ここまで来ると霧も晴れ満月が望めた。
D1000005
うーーーん、どんなに引いても月が入らない(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.17

♪赤い靴はいてたおんなのこ

akaikutsu
こういう彫刻をまじめに掘る人がいるというのはすばらしいことだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.15

予測変換

最近の携帯電話の文字入力はとても楽だ。
入力された文字の続きを予測して単語のリストを表示してくれる、いわゆる予測変換機能がもう普通に搭載されている。
例えば「きむ」と入力すると「気難しい」等とともにキムタク、木村拓哉なども予測される単語として出てくる。

で、
yrp_nobi
YRP野比…
これは京浜急行の駅の1つ
なぜこんな乗り換えも無い一地方都市の駅が予測変換のリストに挙がるのか。
YRPとはヨコスカリサーチパークの略で、YRP野比駅が最寄り駅になる。
ここは移動体通信技術の研究開発拠点として日本でも有名だ。
もちろん携帯電話機メーカーは軒並みここに拠点を構えている。
また、そばには携帯電話を開発したNTT(当時電電公社)横須賀通信研究所があり、携帯電話の故郷と言っても過言ではない。
きっとそんな野比に敬意を表して…なのかな?

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2005.09.14

健康の為なら死んでもいい

何かの統計で見たのだが、左利きの人は右利きの人に比べ寿命が短いらしい。
これは、脳生理学がどうとかそういう話ではなく、世の中は右利きに便利なように作られているため、左利きの人はアクシデントに遭ったときに怪我をする確立が若干高いから、らしい。

こんな話を思い出したのは、これまた何かで自転車通勤をする人はそうでない人よりも長寿だという統計があるという話を読んだから。
ちょっと待ってと言いたい。
確かに自転車通勤は体に良い。
ジョギングに比べタイヤがショックを吸収するためひざなどへの負担が軽い。
また通勤に使うことにより変な義務感がない。ジョギングなどは「さてやるか」みたいなある種モチベーションが必要だが自転車通勤は「ただの通勤」だ。
仕事に対するモチベーションは必要だが通勤自体はそのおまけみたいなものだ。

ただしマイナス面もある。
自分は大気汚染をしない代わりにガンガン排ガスを吸う。
そして何より危険だ。
片側一車線の道などは本当に命がけ。
ハンドルの30センチ横をベンツから大型トラックまであらゆる車が走り抜ける。
いろいろな意味で命がけ。

正確にこういった要因を排除した統計なら信用できるが、寿命が延びるからといって安易に自転車通勤を(特に都市部)で選択するとあらゆるところで寿命が縮む思いをすることを覚悟するべきだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.09.13

久々のレース

久々にクロカンの競技大会に出た。
数年前から一部クロカンマニアにコアな人気を持つクロカン競技がある。
「トライアングル」という競技なのだが、これは3台1組のチームでコースを走り地面に置かれたマーカーを車両左側のタイヤで踏んでポイントを稼ぐという競技。
チームワークや車両感覚がモノを言うなかなか面白い競技だ。

開催場所は伊豆モビリティーパーク
7時の車検開始に間に合わせる為に4時起床、4時半出発。とても眠い。
ta-npaiku
6時箱根ターンパイク入口到着。
早朝の箱根はすがすがしい。
一部の正統派走り屋さんの間では、空いている早朝の箱根をガンガン攻めて観光客が来る時間になると帰ってしまう走行会が流行っているそうだ。
確かに古いポルシェとか渋いアルファロメオとかいいエンジン音響かせて走っていたり駐車スペースで休憩しているのを沢山見た。
私がエンヤコラ登坂していても煽るでもなく、譲ればハザード出してくれるしやっぱりエンスーはいい人多いなぁ。
で、同行のジムニーは登坂車線で時速5キロぐらいしか出ない。
何しろアクセル踏み込むとマンガみたいに「プスンプスン」って黒い煙が出てくる。
これで競技に出ようって言うんだから狂ってる。

休み休みで会場について無事車検も終了。
競技も始まるが周りはみな気合が入っている。
プスンプスンいう車で出ているチームは皆無。

110
か、格好いい…
この車の見積もりを昔出してもらったことがあるけど、700万円でした。
アルミ外板リベット打ちのボディー、ハンドパワーウィンドウで700万。

delica
このチームはもうおなじみ。
車高を上げてるデリカはよく見かけるけど、その上げた足を使いこなしている人は稀。

2seku
で、私。結果は散々。
来年はもうちょっとまじめのやろうということでメンバーと合意した。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.09.12

いい店発見

無性に食べたくなるといえばラーメン焼肉寿司。
先日無性に安い肉をバクバク食べたくなったので、近所の焼肉食べ放題の店へ行った。
しかし、さすがに安い肉。今ひとつ胃も心も満たされずに店を後にした。

で、どうしてもおいしい焼肉が食べたくなったので以前から目をつけていた店に行ってみることに。

またまた落選した某社長Blog風に。
焼肉センター水龍善行店
最寄り駅:小田急江ノ島線善行駅
料理:焼肉
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):2.500円~4.000円
用途:夕食

もう名前が格好いい。
焼肉センターと名の付く店はいくつかあるが、どこもいい店だ。
店内はこじんまり。肉を焼くのはもちろん七輪。排煙装置などは無い。
店の前を通るといつも周囲が煙に包まれている原因はこれ。普通に店の入り口から排煙している。

メニューのカルビ950円と牛タン1500円の値札を見て、「ヤバイ、案外高い。帰るか?」と思ったけど、他のメニューは300円から500円で普通。
まあ今日び牛タンは高級品ですからね。
出てくる肉が漬かっているタレがうまい。

風下に座ると終始顔に煙が当たるが、それさえ我慢すればおいしい肉が喰えるいい店だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.09.11

権利行使

投票した。
といっても今日はちょいとヤボ用があったので昨日夜に。
ここのところ選挙は全て不在者投票(前回参議院選挙から期日前投票)で済ませている。
ちなみに不在者投票の場合、投票した人が投票日までに亡くなった場合その票は無効になるが、期日前投票の場合は有効になるそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.09

救急の日

今日は9月9日で救急の日。

横浜駅のイベント会場では、これにちなんで救急車の展示やAEDのデモンストレーション等をやっていた。
AEDは法改正もあって消防署などだけではなく空港や競技場などにも設置が進んでいる。
最近では愛・地球博会場で倒れたお年寄りに、一般人(といっても医学部の学生)が設置されていたAEDを使い蘇生させたという話題もあった。
ちなみに一般人によるAED使用での蘇生はこれが全国初だったとか。
そんなこんなでAEDには非常に興味があったので、展示されていた「AED-9100」をしげしげと眺めていると、メーカーの営業マンらしき人がツカツカと寄ってきた。
「これは大変御好評を頂いている機械で、この近くですとパシフィコ横浜や横浜アリーナにも導入していただいてます」
なんだか東京ビッグサイトなんかでやっている業界の展示会な雰囲気。
「使い方は簡単で、電極を貼ったらあとはボタンを押すだけです」
確かに簡単だ。
昔は輸入品をそのまま持ってきただけで、表示や音声案内が英語だけだったなんて話も聞いたことがあるが、これは音声もわかりやすい日本語。
ここで一度触っておけば、いざ本番でもいくらか落ち着いて操作できそう。

なんて思いながらじーーっと機械を見ていると、やおら営業マン氏がパンフを手渡してきた。
みると「貴社におかれてもこれを機にご採用の検討をお願いしたく…」
うーん、欲しいのは山々なんだけど(^^;、個人で所有する機械じゃないと思うな。
すごく高そうな機械なんですが、いくらするんだろう…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.07

大フィーバー

私は今まで中古車しか買ったことが無く、それも過走行車しか購入したことが無い。

先日ふらっと輸入四駆車専門店に行ってランクルの下取り価格を見てもらった。
ローン残債の3分の1以下の金額を提示された。あごがカクンと外れた。
「マニュアルミッションと12万キロの走行距離がネックですね」だそーだ。
わざわざ高いカネ掛けてMTに載せ変えたっつーの。買った時にすでに10万1000キロ走ってたっつーの。
ハハハ、やっぱり生涯ランクルですな。

7777
で、206SWの走行距離がめでたいことに。
ふだん走行距離なんてまったく気にしていないんだけど、なんとなく目に付いてしまった。
このまま致命傷を負わず無事に走り続けてほしいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.09.06

激ウマラーメン

時々無性に食べたくなるラーメンがある。
ra-men
サッポロ一番シリーズ(写真はしょうゆ味)
具なんかいらない。
変な具を入れると、せっかくのスープに余計な味が混ざってしまい台無しになる。
入れるとしてもねぎと卵。これが贅沢。

もっと旨い食べ方として「鍋から直接」という調理方法もある。
日清のチキンラーメンも旨いが、こいつは1馬身リードしている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.09.04

工作船長漁3705

ドラマ「海猿」で有名になった海上保安庁横浜海上防災基地に、九州沖で自爆轟沈した工作船が展示してあるというので行ってみた。

入り口脇では工作船と対峙する巡視船から撮影された映像が流されていた。
ドラマ海猿とは比較にならない緊迫感。
保安官の雑談のような会話も入っており、耳を凝らせば「撃っちゃえ撃っちゃえ」とか聞こえてきそう。

工作船はさすが実物の迫力。
ロシア製の戦車用とも言われるエンジンを4基積んだ船は思ったより大きい。
そのスペースは大部分が機関室と荷室(工作用船舶を収納)で、居住空間はほとんど無かったらしい。
沈没の原因は自爆によって後部の観音扉が開き、荷室が浸水したことのようだ。
荷室は構造上浸水しても浮力には影響は無いが、自爆によって出来た穴から機関室に浸水し浮力を失ったとのこと。

確かに領海侵犯は許しがたいことだ。
しかし、きっとエラい人から「おまえ、行ってこい」と一言命令されて嫌々(かどうかは判らないが)はるばる日本に来て自決した兵隊の心境を考えると複雑だ。

この船の後部甲板には14.5ミリの対空機関銃が装備されていた。
この機銃の照準はクモの巣状に十字に切ってある超アナログ照準。
仰角、方位角はハンドルをぐるぐる回して調整。
それに対し巡視船の20ミリ機関砲は目標自動追尾装置付きのハイテク機関砲。
試合開始前から10ゲーム以上離されてるって。
船体射撃で開いた穴に下着や木っ端をつめて浸水を防ぐ努力も涙ぐましい。

北朝鮮の横暴さ、不誠実さを如実に表す展示であるが、同時に上層部と現場の悲惨なまでの乖離を思い知る展示だった。
この船が自爆する直前、本国に向けてその旨を報告をしていたそうだ。
きっとその報告はエアコンの効いた快適な部屋にいる指揮官に伝えられたことだろう。もしかしたら血の滴るビフテキと赤ワインでも飲っていたかも(イメージ)。

彼らはどんな思いで「自爆」のボタンを押したのか。なんだか気の重くなる展示でもあった。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.09.03

あらゆる邪悪を払う盾

映画「亡国のイージス」を見た。
レイトショーだったので観客もまばらだったが、「傾注!」と叫べば起立しそうな軍事マニアっぽい方々も。

それにしても謎が多い映画だった。
エンディングに近づけば近づくほど「あれは何だったの?」「これって何?」状態。きっと「2」の伏線なんだろうと勝手に解釈することにした。

自衛隊のクーデターモノとしては面白い映画だった。
皇帝のいない八月」という映画が好きだったが、それに匹敵するかも。
自衛隊がらみの騒動が起きると、総理か防衛庁長官が必ず「何でオレの時に」とつぶやくのはお約束だが、この映画でもしっかりとつぶやいていた。

それにしても護衛艦が護衛艦を攻撃するような映画をよく自衛隊が協力したなと思う。
映画では自衛官が多数殉職するし、敵役も劇中明言はしないが明らかに隣国だし。
映画のメッセージが「生きろ」であるのが一番大きいのだろうけど、ただの映像素材提供だけの協力ではない本物の迫力はさすがだ。
冒頭に兵員を輸送する73式大型トラックが出てくるだけでリアル感アップ。
ただ、レギオンへの攻撃に際しては防衛出動が閣議決定されたが、この映画では自衛隊の出動に際して閣議が開かれた形跡が無いのが残念だ。
そういう点でガメラ2はリアルだった。

もしかしたらマンガや原作を見てから映画を見ればすんなり受け入れられるのかもしれないけど、ストーリーが詰め込みすぎに感じられたのは残念。

ちなみに「海上自衛隊全面協力」を謳った泉谷しげる原作監督主演「ネイビー・ロック・ウォー 撃破せよ!」はある意味お勧め。
これはオリジナルビデオで1990年の作品だけど、この15年で自衛隊における映画撮影協力の位置づけがどう変化したのかを見るのも面白い。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.09.01

徒然選挙の話

選挙が来ると思い出す。

私は中学高校と生徒会選挙の選挙管理委員会というのに入っていた。
中学の時、どうせ選挙するなら裏方を楽しもうと選管に入ったのが始まり。
この中学の選挙管理委員会の気合の入り方がすごかった。
投票用紙を印刷するのだが、その枚数は1枚の行方不明も出さない管理。
それならどこかの刑務所で印刷すれば?というくらい細かく管理していた。
学年、クラスごとに投票用紙を分配する時も、教室の鍵を閉めクラス名簿を見ながら生徒数と過不足無く用紙を揃える。
もちろん選挙が終わると即日開票。
未記入投票用紙と投票済み用紙の数ももちろんキッチリ数える。
これが揃わないと大問題。

そんな私が高校に入り、同じく選挙管理委員会に入ってみた。
それがもう驚くほどアバウト。言い方を変えればいい加減。
適当に投票用紙を印刷。適当に配布。
開票作業だけはキッチリやったが投票者数と投票数との突合せなんて無かった。あれじゃ一人で何票も投票できてしまう。フロリダ州並みに適当。
まあ投票結果だけを見ればキッチリ民意(?)を反映していたともいえるけど、中学校の選挙の仕組みとの違いには面食らった。

そんなこんなで9月11日は衆議院議員選挙。まあ投票して得することは無くても損はしないと思うので選挙にイコット!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »