« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月

2005.10.28

ほっとけない

ほっとけない 世界のまずしさ
この運動の賛否両論がネットを賑わしている
乱暴に言えば白い輪っかを300円で買ったが、そのお金が直接貧困にあえぐ人々を救うわけではない。どーなってるの?という論議。

私はコレを、アメリカで流行っている「Support our Troops(私たちの兵隊を支持してください)」と書かれた黄色いリボンのステッカーを車に貼るような運動だと思っていた。
このステッカーを車に貼っても兵隊さんが無事に帰ってくることが保証される訳ではないが、少なくとも派兵自体は支持していることの表明になる。

つまり、白い輪っかを腕にしていれば「私は3秒に1人、子供が貧困から亡くなっていくという現実を問題視しています」と周囲にアピールしているという訳だ。
もちろんアピールすることは大切だしそのきっかけに白い輪っかが用いられることこそがほっとけないキャンペーンの本質なんだと思う。

そしてここからが大切だと思うのだが、白い輪っかを腕に巻いて終わりではない。
腕に巻くのは終わりではなく始まりなんだと思う。
そのスタートラインに経つ参加費用が300円なのだろう。もちろん300円出して輪っかを買わなくても、テキトーな白い紐を腕に巻いたって参加資格はある。

私は同じ300円を使うのなら、NGO団体よりも国連機関の”ユニセフによるダイレクトメール募金”に300円使ったほうがダイレクトに貧困問題に使われるっぽく感じたのでこちらで募金した。
ていうか、ホワイトバンドより100倍怪しいって、ユニセフのDM募金。
いきなりダイレクトメールが郵送されてきたときはさすがに不信感120%だった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.10.27

エレベーターの小技

最近のエレベーターの便利機能に「行き先階指定ボタンキャンセル機能」がある。
これは、間違って押してしまった行き先階指定ボタンをダブルクリックの要領で2度押すとキャンセルされる機能である。

先日某商業ビルのエレベーターに乗ったときのこと。
地階からやってきたエレベーターに乗り込む私。かごには他に数グループ、6,7人が乗っていた。
ドアが閉まり、私は目的階のボタンを押したつもりがつい違う階のボタンを押してしまった。
「あ、やべっ」とぼそっとつぶやき、ポポンとボタンを2度押してキャンセルした。

一瞬、かごの中がざわついた。
「な、何あれ」「あんなこと出来るんだ…」「すげぇ」

ただし、昇降中や1つだけ階数指定しているときはキャンセルできなかったり、逆にその1つをキャンセルすると中途で停止し「ボタンを押してください」とアナウンスが流れるエレベーターなどいろいろあるようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.26

阪神惨敗

阪神まさかの4連敗。もう火だるま。
ペナントレースであんなに強かった阪神がなぜ…

阪神ファンをやってこれこれ25年。弱い阪神には慣れっこだが、セ・リーグ代表で出た試合でここまでズタボロだとさすがに情けない。

まぁ終わったことは過去に流して、それにしてもパ・リーグのプレーオフ制度は面白い。

プレーオフ第2ステージの後半戦は東京キー局で中継があり、しかも2桁の視聴率を獲得した。
如何にセ・リーグでもペナントレースの最終戦で、巨人戦以外はテレビ中継なんて考えられないし巨人戦でも2桁の視聴率は多分無理だろう。

実際手に汗握るプレーオフはとても面白かった。
「負けたら終わり」の短期決戦は高校野球に通じるものもあった。
その短期決戦を2つ勝ち上がってきたロッテにとって日本シリーズもその延長で戦えたんだと思う。

それに比べ阪神はリーグ終了から17日、リーグ優勝を決めてから20日以上の日にちが経っていた。
せめて、せめてと思う。
初戦が甲子園であったなら、と。
きっと流れは変わっていたはずだ。だとするなら、初戦がマリンスタジアムになったのは昨年中日が日本シリーズに負けたからだ。
だとすれば今年阪神が日本一を逃したのは中日の所為と言うことになる。(八つ当たり)
*しかも来年セの覇者が負けると阪神の所為になるという両刃の剣。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.10.24

「ファースト・スピード」を見た

デニス・ホッパー主演のカーアクション映画「ファースト・スピード」を見た。
まーすべてにおいて「微妙」だったが、最後まで早送りをしなかったのは中途半端に面白い映画だったからか。

中盤まではストーリーもしっかりしていて若干喰いついて見てしまった。
カーチェイスもクラッシュシーンが少なく迫力に欠けたが、チェイスでの基本シーン(坂道での有り得ないジャンプ、交差点での無理やりなドリフトなど)はしっかり押さえていて楽しめた。

基本的なストーリーは面白いのだが、詰めの脚色が甘く消化不良になってしまう。
何しろエンディングには驚いた。あれには大きな不満が。

デニス・ホッパーの息子役がなにしろブッシュ大統領に似ているのが印象に残る映画だった。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

横浜市営地下鉄に新型車デビュー

横浜本牧駅というJR貨物系の鉄道会社が持つ貨物駅がある。

3000sこの駅(と言っても駅舎があるわけではない)の脇を走っていてこんなのを発見。
横浜市営地下鉄に10月28日デビューする3000S形だ。
この車両は、約20年前デビューした2000形の台車・機器類を流用しボディーを新造しバリアフリーや耐火性を向上させたもの。
たぶん日本車両豊川製作所で作られ、鉄路はるばる本牧まで運ばれてきたのだろう。
ここから深夜トラクタに牽引されて港南区にある上永谷新羽車両基地に運ばれるのか?。

それにしても最近いたるところで見かけるJR東日本E231系電車を見慣れたせいかとってもレトロな雰囲気がする。
私鉄でもE231系を基にした新型車両が増えていて、相鉄や東急では今後主流になっていくだろう。
また首都圏大手私鉄の標準車両にもなるようで他私鉄に広がるのも時間の問題かも。

私が小学生の頃は東急沿線に住んでいたこともあり、私鉄といえばステンレスの銀色が標準色だった。
それが遠出した時などに小田急線のクリーム色や西武線の黄色の車両を見るとそれはそれは激しい違和感を感じたものだ。

まー標準化が進めば車両価格も安くなり、また消費電力が少ないのでCO2の排出量も減って環境にも配慮している。
つまりお財布にも環境にも優しいので、普及すれば結局我々にも優しいということ。

これから導入する各社は、せめて前面だけでも独自の意匠を凝らしてオリジナリティーをアピールして欲しい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.10.22

腹減った~

motsu
賞味期限が半年以上前に切れた豚モツ。
ハラペコなのに食べるものがこれしかない。なので以前から冷蔵庫の奥深くに眠っていたこれを食べる。
念のため製造方法を確認すると、加圧加熱殺菌してるのでたぶん大丈夫。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Bianchiでみなとみらいへ

友人に「ビアンキ買った」と言ったら「ビアンチ、だろ?」と返された。
メルツェデスとかジャグヮーとか徳大寺かよと思ったが、金大中もキムデジュンと呼ぶ昨今、やはり現地での呼び方にこだわった方がよいのか?

で、ようやく快晴のもと久々に自転車をじっくり見ることが出来た。
こうしてみると無理して衝動買いしたのだが、やっぱり買ってよかった~。
今回購入に当たり、新たにサイクルコンピューターを購入した。bianchi1今までもコンピューターはつけていたのだが、度重なる転倒で台座が割れ、タイラップでステムに括り付けるというやっつけ装着だった。
これではイカンと思っていたのだが、今回自転車を購入した店で型遅れモデルがワゴンセール。
しかも欲しいと思っていたワイヤレスモデルだったので購入決定。
CATEYEコードレス7というモデル。
さすがコードがないとハンドル周りがすっきりしていい。
コードレスとなので反応が悪かったりタイムラグがあったりするかと思ったが、特にそんなことは無くストレス無く使えている。

Bianchi ATTIVOの特徴のひとつが細身のスリックタイヤが標準で装備されているところ。
装着タイヤはMAXXISの26インチスリックタイヤ。
これはイイ!。bianchi2前にも書いたが、オフロードを走る車にマッドタイヤ以外を履くのは負けだと思っている。
それは自転車も同じだと思い(馬鹿?)前の自転車も頑なにマッドタイヤを履いていた。
ただ、若干弱気なトコもあるので前輪はおとなしめのタイヤにしてはいたが…。
しかしやっぱり疲れるし振動もあるしうるさいし。
細身のタイヤが舗装路走行に向いていることは百も承知だったので、スリックが標準装備というのが大いに物欲を刺激したことは否定できない。
しかし、スリックにしただけで通勤時間が短くなり疲労度が下がったのには驚いた。
やはり自転車ツーキニストならばポリシーを捨ててでも舗装路用タイヤを選ぶべし。(当たり前)
ちなみにこのMAXXISというメーカーは自動車やカート用のタイヤも作っているらしい。

さらにもう1つ購入の決め手になったのがサイドスタンド。bianchi3
通常は二つのフレームをはさむようにステーが伸びるが、コイツはエンドが専用設計になっているのでとてもシンプルにスタンドが装着されている。
店員さんがこのデザインをべた褒めするもんだからこっちとしてもなんとなく気に入ってしまい、最後は「これしかないね」になるものだから怖い。
見た目はなんとなく華奢で「バキッ」といってしまいそうだが今のところは大丈夫。
スタンドの長さも自在に調整できるのでこれまた便利。

と言うわけでようやく青空が広がったので”ビアンチ”を引っ張り出してみなとみらいまで足を伸ばした。
当初は午前中から出発して羽田あたりまで足を伸ばそうと思ったのだが、案の定予定は未定で決定ではなかった。
家を出たのは2時過ぎ。
もはや太陽は傾きかけていたので、夕空のみなとみらいを楽しむ小旅行に変更。
国道1号をひたすら横浜方面に漕いで漕いで漕いで。

なんとか太陽が沈む前に横浜の高島町に到着。
nissanこの広大な空き地に日産自動車の本社がやってくるのは何時になるんだろう…。
正式発表はされたのだがなかなか工事が始まらない。
きっと今頃は誰かが一生懸命設計図を書いている頃なんだろうけど、どんなビルが出来るのか楽しみだ。
銀座から来る日産の人たちへ。「都落ち」なんて言わないでね。ここも良い街ですから。

手前側の空き地は確か家電量販店の本社が来る予定だったのを横浜市が断った土地。
みなとみらい地区もやっと空き地が減ってきているのでここにもそのうち何かが建つのだろうけど、なんとなくマンション以外がいいなというのは外野の勝手な希望。

クイーンズスクエアのサブウェイでサンドイッチを購入し、臨港パークでぱくつく。
ここでは絵描きさんが沢山いて思い思いにスケッチしている。
それぞれ抽象的でどこを描いているのかわからない画から写真かと思うような画まであって見ていて飽きない。
さすがに日が暮れるとそんな方たちは帰っていき、残るはいちゃいちゃカップルばかりなり。
「風邪、引くなよ」と心の中で声を掛け臨港パークを後にする。

今回、せっかくだから気合を入れて写真を撮ろうと三脚まで持ってきた。
で、夜景を撮るならこれでしょということで
mm21_night
30秒露光。やりすぎた。
手前のゴミ箱までくっきり。というかなんかすごい勢いで廻っているように見えて観覧車が観覧車に見えない。
これは失敗かな。

で、みなとみらいといったらやっぱり日本丸。
bianchi6
これは自分でも納得。
でも船体が白く飛んじゃってるなー。
夜景撮影はなかなか難しい。
それでもデジカメになって画像がすぐ確認できるので飛躍的に楽になったと思う。
フィルム時代は絞りやシャッター速度を変えて何枚か撮っていたが、現像があがってくる頃にはそのデータも忘れ、次ぎ撮る時にまた何枚も撮影するダメっぷりだったものだ。

今回の走行距離が約40キロ。それでもあまり疲れずに帰宅できたのはやはり”ビアンチ”だからかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.20

国鉄の郵便車

所用で久しぶりに上京し、さきごろ鳴り物入りでオープンした品川駅の中にあるショッピングゾーンを覗いてみた。
いわゆる「駅中(エキナカ)」にあるエキュート品川
何しろ駅の中にあるので、乗り継ぎの途中に改札を出ないで寄れるのは便利。
というか、そんなものよりも面白いものを発見。
kumoyuni
品川駅といえば山手線の起点でもあり、山手線の0キロポストがある。
ちなみに右横に書いてあるのは「品鶴線(ひんかくせん)」の0キロポスト。
品鶴線とは東海道線から品川駅で分離し鶴見駅につながる、いわゆる横須賀線。

そのポストと郵便ポストを引っ掛けたのか、郵政公社設置の郵便ポストがコレ。

で、このポスト。
パッと見は普通の東海道線だが、
kumoyuni1
側面を見るとクモユニ74…!
今は無き郵便荷物車だ。
かつて高速道路網が無かった時代、今のトラック輸送は鉄道輸送がその任を担っていた。
ターミナル駅で郵便物を積み込んだ郵便荷物車は車内で仕分け作業をしながら全国各地に散らばっていったのだ。

497a-11WEB2
現役当時の姿がこちら(出典:1970’~ モノクロ写真カタログ”旧形国電の記録”
しかし、コレをデフォルメして郵便ポストを作るあたり相当鉄分が濃い。
所属の東トウやATS-S表記、車輪など「なにもそこまで…」感がたまらない。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2005.10.17

MTBで雪に挑む

あー、雨続きでせっかくの新車に乗れずー。

というわけで、HDDの\My Documents\My Picturesを整理していたら今年初めに雪の林道ドライブの時の写真が出てきた。
このとき、実は自転車を積んで雪中に繰り出したのであった。

かれこれ20年前、町田の東急ハンズでとてつもなく面白そうなものを発見した。
自転車用チェーン。
もちろんギアに掛けるチェーンではなく雪道用にタイヤに巻くチェーン。
当時自転車通学にMTBを使っていた私は、雨の日も雪の日も狂ったように自転車で通学して若干醒めた視線を受けていた。
しかし、雪の日にこのチェーンを巻いて登校すれば逆にヒーローになれるのではないか、と若干の勘違いをしながらこのチェーンを買うべきかどうか悩んだ。
何しろ1つ3000円。前後揃えると6000円だ。
学生だった私には高い買い物だ。
悩みに悩み、一つだけ買った。しかしその後チェーンが必要なほど雪が積もる日は無く、チェーンは使われること無く仕舞われたままになっていた。

あれから20年。遂にチェーンを使う日がやってきた。
snow02
これが自転車用チェーンだ!

装着方法
タイヤの空気を抜いて帯状になった針金の輪をタイヤに巻き、空気をパンパンに入れてタイヤに張り付ける。

前後どちらに付けるか迷う。
あの時借金をしてでも二つ買うべきだった。
駆動力か操舵力か。
まずは操舵力確保で前輪に巻く。
後輪はかなりゴツいブロックパターンなのでそれなりに駆動力を発揮してくれるだろう。

snow01
まずは軽く乗り回す。
いやいや、すごく疲れる。前には進むのだがとにかく重い。
下り坂なら何とかなるが、上り坂はかなり厳しい。

snow03
しかし、圧雪路でスピードに乗ればかなり楽しい。
ブレーキングのことも考えれば、チェーンが一つしかないときはやはり前輪に巻くことをお勧めする。(誰に)

あれから20年、何かの折に自転車用チェーンを探してはいるのだがあれっきり見たことが無い。
というか、雪ならこいつの方が断然お勧めなのは間違いない。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.10.16

ゴディバのいちご

元町のゴディバに行って驚いた。
チョコレートの量り売りをやっていた。
流通業界では量り売りがちょっとしたブームで、お惣菜の量り売りを始める店が増えたりしている。
しかしチョコレート、それもゴディバが量り売りを始めるとは。
しかも100g2100円という単価には松坂牛もびっくり。
といってもゴディバのチョコなんて1個10gあるかないかぐらいだから、1個1個はそんなにびっくりするような値段ではない。
量り売りをしているのはフルーツを使った一部の商品だけで、元町では3種類だけだった。

でまたこれが美味しいのなんの。
godiva
生のイチゴにゴディバのチョコ。
この食感には参った。果物とチョコを一緒に食べるとこんなに美味しいとは。
他にあんずとオレンジの2種があり、これまたどちらも美味しいのだがこの二つはシロップ漬けされていてイチゴのような生の食感は味わえない。

なんでこの3種だけが量り売りなのか謎だ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.10.15

宇宙ラーメン

今年、スペースシャトルに日本人が搭乗したことで俄然注目を浴びたのが宇宙ラーメン
日清が技術の粋を集め、厳しい条件下のスペースシャトル内で何とかラーメンを食べてほしいという思いを実現させたすばらしいラーメンだ。

しかし、このニュースを目にするたびに苦々しい思いを私は持った。
宇宙ラーメンってのはそんなモンじゃない。
実は私は宇宙ラーメンを食べたことがある。
というか横浜で食べることが出来た。

atom_ra-men
こちらがそのお店。
そう、残念ながらいつの間にか廃業されている。
どこが宇宙ラーメンなのか。

atom_ra-men1
ここ。

カバーが掛けられて見にくいが、このお店の名前は宇宙ラーメン。
店内は隣のおばちゃんちの居間のような雰囲気で、テーブルの上には本やら新聞やらが散らかっていて異様な雰囲気。
店内に入りメニューを眺めていると、店主が「ウチはネギツァンメンがお勧めだよ」とぼそっとつぶやく。
??ツァンメン??
一抹の不安を抱えながら、「じゃソレください」とネギツァンメンをオーダー。
出てきたネギツァンメンは、焼きネギの香りも香ばしいなかなかおいしそうなもの。
スープも濃い目の醤油ベースでにんにくがちょっぴり効いているようでこれまたグー。

この店は国道1号に面している為、社内でも知っている人は多いが誰も入ったことが無かった。
で、あの店は実は旨い!と連呼していたら後日同僚が食べた。
翌日お腹を壊し宇宙ラーメンのせいにしていたが、ソレは絶対違うと私は信じている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビアンキ納車

本当は明日行く予定だったのだが、どうにも待ちきれず無理やり仕事を切り上げ閉店間近の店に飛び込んだ。
自転車はレジの前で私を待ち構えていた。
いそいそと自転車を受け取り、車に積み込む。
本当なら試乗がてら家まで乗って行きたいところだが、壊れたMTBもあるのでやむなく積載。

bianki2
自転車二台なら楽々積める。
いつもはリアゲートからブン投げて積むのだが、さすがに今回はVIP待遇でスタンドも立ててあげる。

それにしてもほとんど衝動買いのようなもので何にも勉強せずに買ったので、帰宅してからネットでいろいろ調べる始末。
今回購入したのはBianchi ATTIVO(アッティーボ)というモデルで、街乗りMTBという性格の自転車だとか。
標準で細身のスリックタイヤが付いているのが面白い。
クロカン車にオールシーズンタイヤを履かせるのは正直負けだと思っているが、こと自転車に関してはタイヤの負荷が体力の消耗に直結するのでここは素直に負けを認める。

bianki
時間が無かったのでとりあえず携帯カメラで。
自宅周辺を軽く試乗してみたが、ランクル80から100に乗り換えた感じ?
剛性感も格段に向上したようだし何しろ踏み込みが軽い。
近日中に特訓に行きたくなった。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005.10.14

壊れた。そして、

会社から帰宅する場合、雨雪問わずもちろん自転車だ。
だってどんなにずぶ濡れになってもシャワーとかあるし。

そんな土砂降りの日、迷わず自転車で帰宅した私に悲劇が襲った。
携帯電話もMP3プレーヤーもカバンに仕舞いこみ、眼鏡に付く水滴を指ワイパーで拭いながら軽快に走っていると、チェーンに違和感が。
実は以前から動きの渋いコマがあり「ヒマがあったら清掃しなきゃなー」とは思っていた。
ギアの歯に乗り上げるような感触だったので、「キサマ、歯を喰いしばれー!」と気合一発むりくり漕いだ。チェーンが切れた。

不幸中の幸いだったのは自宅まであと30メートルの地点だったこと。
で、今日その修理をしようと車に自転車を積み込み、マニアが集いそうな自転車屋さんへ行った。
いや、行く前から嫌な予感はしていた。

新しい自転車を買ってしまうのではないか、と。

とりあえず修理見積もりを出してもらう。
店員さんが高め高めの見積もりを出しているのは職業柄手に取る様に判るのだが、そんなことに嫌悪感を覚えるより物欲のほうが勝っていた。
というか店員さんもそういう空気を微妙に嗅ぎ取り、むしろ私のために高めの見積もりを出していたに違いない。
と言うわけでプラスアルファで新品の自転車が買える金額の修理見積もりが出たところで、新しい自転車を物色。

私が自転車を趣味にしだしたのは高校2年の頃。
当時世間で誰も乗っていなかったMTBを友人にそそのかされて買ったのがきっかけ。
イヤその自転車では遊びまくった。
ダウンヒル失敗で鎖骨折ったり、川を漕いで渡ろうとしてほとんど泳いでたり。
当時サイクルスポーツなんて雑誌を読んだりしていたが、それによく出ていたのが「ビアンキ」というイタリアの自転車。
いわゆる「外車」なので当時の私からすれば別世界で敷居の高い自転車だった。

そんな自転車が修理代プラスアルファのプライスタグ(徳大寺風)で私の目の前にぶら下がっている。円高万歳?
「自転車なんてタイヤ二つ付いていて崖から落ちても人間が先に壊れるくらい丈夫なら何でもいいやん」的な考えだったが、チェレステカラーという「イタリアの青い空」とも「女王の瞳」とも評されるビアンキ独特の淡いグリーンのボディーを見ると「やっぱイタ車でしょ?」みたいになるから怖い。国産大好きなのになぁ。

という訳でやはり新しい自転車を買ってしまった。
納車は後日と言うことで、移植するパーツもあるので壊れた自転車も店において帰宅。
う~ん、新車が楽しみだ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.10.13

戦中食

ご飯でも食べようと財布を覗くと、所持金驚きの80円。
外食を諦め、有り合わせのモノで食事を作る。う~ん、料理研究家みたいだ。
suiton
すいとんのできあがり。有り合わせ過ぎる。
しかも不味いときた。
さて、サッポロ一番塩ラーメンでも作るか…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.12

Edy

電子マネーもいよいよ市民権を得てきた。

以前はEdyで決済しようとカードを見せても、「申し訳ございません。当店ではクレジットカードはご使用いただけません…」とか、カードを見せてレジの端末に載せたら、店員が「は?」とか「で?」とか「店長ぉお~」とか。
お財布ケータイのおかげか今ではそんなことも無くなった。

電子マネーといえばEdysuicaが双璧。
この二つの戦いが面白い。

Edyがコンビニam/pmで導入されればsuicaはファミマの一部店舗に導入。
全日空のマイルとEdyが提携すればsuicaは日本航空と提携。
二つはライバル同志熾烈な戦いをしている。

しかし、この二つは基本的には同じソニーのFelicaとういう非接触型ICカードの技術を使っている。
そして、Edyを運営するビットワレットという会社は株式の3割以上をソニー系企業が持つ会社。
つまりお互いがソニーという土俵の中でポカポカ叩きあっている構図。

そんなだから「数年後にはEdyとsuicaは合体してEdycaになる」なんて噂がまことしやかに流れることになる。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.10.09

赤い電車

最近のお気に入りの赤い電車。
ネットで見られるPVを発見。
こちらの"赤い電車"ビデオクリップをクリック!
もう京急マニアのみならず鉄な方々も満足させるビデオクリップといえる。
京急三崎口駅から品川駅までのかぶりつき画像を約5分で一気に見せる。
多摩川を渡るところで夜景になるところや曲中の「ドレミファインバーター」と景色を同期させたりと見所満載。
停車駅を見ると特急で撮影してるっぽいけどなぜか神奈川新町駅は通過している。

京浜東北線から見ていつも気になっていた品川駅から延びる引込み線もおまけ画像(?)で見ることが出来る。

つーか羽田空港駅出てこないじゃん!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.10.08

マックorマクド

夕食を求めて首都高大黒パーキングに立ち寄った。
しかし、レストランは閉店、軽食もイマイチぱっとしないのでなんとなく国民食マクドナルドへ。

ここはマクドナルド国内2000店舗目のメモリアル店舗。
mac
国内1号店は言わずと知れた銀座の三越1階に1971年オープン。
300号店が1981年に元町商店街の入り口(現在閉店)に、世界5000号店が江ノ島に出来るなどなんとなく神奈川に縁あり?

そんな国民食だけど、夜ご飯をマックで済ますとなんとなく負けだと思うのはなぜ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.07

ビッグスリー

といってもタモリ・さんま・たけしの話ではございません。

トヨタは、ゼネラルモータース(GM)の持つ富士重の株式を一部買い取り富士重の筆頭株主になるそうだ。
いよいよ日本の優良企業どころか世界の優良企業として独走態勢も見えてきそうな勢いだ。

だがそんなトヨタだが、それでも世界での自動車販売台数ではGMとフォードの後塵を拝し、すぐ後ろにはフォルクスワーゲンが迫っている。
落ち目とはいえ、GMには日本のトップ企業でも追いつけないのかと思うと素直にすごいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.10.06

みなぞう…

そのうち見に行こうと思っていた、新江ノ島水族館のアイドル(人間で言うと30歳の雄だけど)のみなぞう(漢字で書くと美男象だけど)が急死してしまった。
外れちゃうかと思うくらい目をひん剥いてあかんベーをするかわいい(2トンの巨体だけど)ミナミゾウアザラシ。
風体からかなりのおっさんだと思っていたら案外働き盛りだったみなぞう。

ご冥福をお祈りいたします…合掌

| | コメント (2) | トラックバック (2)

最近のお気に入り

最近の通勤時に聞くお気に入りがこれ

赤い電車

10月14日はテッピーくんも頑張る鉄道の日なのは世界的に有名。
それに合わせた訳かどうかは知らないが、9月22日にリリースされたこれがなかなかいい曲だ。
一時期電車の音をサンプリングした曲が流行ったが、こちらは京急が札幌・福岡でCMソングとして流していたものをCDリリースしたもの。

札幌・福岡といえば羽田発着航空便のドル箱路線で、羽田-新千歳便の旅客数は世界一だ。
「飛行機で羽田に来たら京急に乗ってね(はぁと)」的なメッセージ。CMはこちらで。

それにしても、この曲にも出てくるけどやっぱり京急といえばドレミファインバーターとも呼ばれるVVVFのモーター音なんだなー。
SUPER BELL”Zの「MOTOR MAN Vol.3仙台編&京浜急行」でもフィーチャーされてたし。
確かに今ではVVVFって珍しくないけど、きれいに音が出ているのはやっぱり京急の2100系だろう。
この車両のモーターはドイツのシーメンス製で、ここのモーターの音が一番きれいだとマニアの間では有名。わざとあの音階を出しているといわれるほど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.10.02

売切れ御礼

どこのコンビニに行っても売り切れのスタバディスカバリーシリーズ。
遂に売れないほう(?)の製造販売を打ち切り、売れるほう(?)へ注力するらしい。
sutaba2
ここなどはディスプレーにぶら下がっているミニ看板が無くなってます。
品切れの腹いせにかっぱらわれたのか?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.10.01

これがホンモノの老舗だ

まだ数回しか入ったことが無いが、横浜関内でお気に入りの昼食スポット。
キャッチフレーズは「関内最古の定食屋」
では2004年ベストジーニスト協議会選出部門受賞の某社長Blog風に

家庭料理 佐久良屋
最寄り駅:JR根岸線関内駅
料理:定食
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):500円~700円
用途:昼食
sakuraya
店内はカウンター席のみで華美な演出は一切無い、素朴な料理が出てくる。
ちなみにこの店の向かいにはロコモコのおいしいお店がありお昼時にはOLさんが沢山やってくる。
佐久良屋とそのお店の客層の差も必見。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スタバのコーヒー

スターバックスコーヒーからコンビニ向けブランドが発売された。

海外では瓶詰めでスタバブランドのコーヒーが売られているが、チルドカップコーヒーという冷蔵配送されるRTDは世界初だそうな。
RTDというのはReady To Drinkの略でビンや缶で売っていてすぐ飲める飲料のこと。

スタバマニアの間では賛否両論。
ブランドイメージが落ちる、いやどこでも飲めるのはうれしいと意見もいろいろ。
で、27日からコンビニで発売開始になったのだが…
sutaba
どこに行ってもスタバのフェイスだけ空っぽ。
まさに機会損失。発注ミスなのか品薄なのか。

にしてもスタバが企画、サントリーが販売、製造はタカナシ乳業
タカナシ乳業ってば横浜(旭区)に本社工場があるじゃないですか。
つまりメイドイン横浜ですよ。(他にも工場あるけど…)
ここのパック飲料のカフェオレはとてもおいしく、コアなファンが多いのは有名。
そこが作るんだからきっとこのスタバディスカバリーシリーズもうまいに違いない。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »