« 極上レストランで極楽グルメ | トップページ | 大宰府、ホークス、モツ鍋… »

2005.11.18

いきあたりばったり福岡の旅

一泊二日で九州福岡に行ってきた。

朝目が覚めると、微妙に飛行機に間に合わないっぽい時間。
横浜から赤い電車に乗るが、ドレミファインバーターも装着していない界磁チョッパ制御車のせいで搭乗手続きに3分遅刻(八つ当たり)。
あえなく飛行機は飛んでいってしまい、空席待ちの手続きをする。
驚くことに、全日空だけでも1時間に2本近く福岡行きは飛んでいる。さすがドル箱路線だ。
しかし平日の午前便は全て満席。乗客もほとんどがビジネス客。
結局3便目で搭乗できたのだが、それでも1時間半しか待たなかった。

福岡には昼過ぎに到着。
空港の観光案内所で市内観光案内をもらい、どこに行くかとりあえず悩んでみる。
やっぱり博多ラーメンだろうと言うことで、麺喰舎へ行く。
まあなんだな。美味いんだけどくわんくわんと同じぐらいかなー。
本場なんで期待値が高い分評価は厳しいかも。

腹ごしらえも済んだのでホテルへチェックイン。
あまり好きではないが、ついつい使ってしまう楽天で見つけたホテル「イルパラッツォ
palazzoなんだかすごく安かったのと「デザイナーズホテル」と言うことで泊まってみたが、なかなか良いホテルだった。
スタッフの気遣いも細やかで、大手チェーンホテルには無いフレンドリーさも心地よい。
部屋もデザイナーズホテルと自ら言うだけありモダンなインテリアでまとまっている。
どこかのサイトの書き込みで、築年数も経っており古さが目立つと書かれていた。
確かに建物の外観は若干くたびれていたが内装はそんなことも無くむしろ落ち着いたいい雰囲気を出していた。

夕食はホテルの人に頼んでふぐ料理のお店を予約してもらった。
予算と「こんなカンジで」とだけ伝えたのだが、探してくれたのはなんと料亭
玄関まで玉砂利の店なんて初めてだ。

出てくる料理もちんまりお皿に盛られて2秒で食べられてしまう分量。
ウニの乗ったトロなんて箸でつまむのもやっとの大きさ。がしかし美味い。スゲー美味い。
これがどんぶりいっぱいに盛られてたらなーなんて思うまもなく料理はどんどん出てくる。
ふぐの刺身も今まで食べたことが無かったのだがこりゃ参ったと言うくらい美味かった。
箸で「グワーーッ」とすくい取りたくなる気持ちも良く判る。

本当はこの後中洲の屋台でラーメンリターンマッチを繰り広げる予定だったのだが、あまりの満腹っぷりにギブ。
nakasu
ぷらぷらと散歩して気分だけでも味わい、ホテルに戻った。
朝も早かったのでくたくたに疲れ、ベッドに倒れこみ泥のように眠りにつく直前、何気なく開いた新聞のお詫び広告が目に付いた。
全日空乗員組合等のストライキ通告について

…か、帰れるのかな……??

|

« 極上レストランで極楽グルメ | トップページ | 大宰府、ホークス、モツ鍋… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53490/7173795

この記事へのトラックバック一覧です: いきあたりばったり福岡の旅:

« 極上レストランで極楽グルメ | トップページ | 大宰府、ホークス、モツ鍋… »