« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月

2005.12.29

男たちの大和 おまけ

男たちの大和を見て、ストーリーこそイマイチ泣けないものだったが、弩級戦艦大和の描写は新鮮だった。

まず大和の艦橋を見て驚いた。
エライ人たちがすし詰だ。
自衛隊の護衛艦や宇宙戦艦ヤマトの艦橋に比べてあまりに狭すぎる。
宇宙戦艦ヤマトは戦艦大和を改造したものだが、艦橋の居住性効率性は大幅な向上が図られていると言えるだろう。

護衛艦のCIC(戦闘指揮所)にあたるような部署は無かったのであろうか。戦闘の指揮は艦橋と防空指揮所で行われていたが、主な装備は伝声管と双眼鏡だった。

戦闘シーンで活躍した25mm3連装機銃は、まさに北朝鮮の不審船の対空機銃みたい。
口径はかなりでかいけど、弾丸の交換や銃座の回転は全て人力。
あれで時速200キロで動く標的を撃とうっていうんだから凄い。

長島一茂が出てくるのだが、とても偉そう。
大尉と言う役どころなので確かに偉い。
そして戦争の分析が鋭い。
実在した役どころなのだろうか…

戦時中のシーンではみな海軍式の敬礼をし、脱帽時はきちんと頭を下げる敬礼をしていた。
それなのに、最後のシーンで海軍生き残りの漁師さんは脱帽なのに挙手の敬礼…しかも陸軍式。
本来だったら45度の最敬礼だろうに。
あのシーンならなおさら頭を下げる最敬礼のほうが「長い間お疲れ様でした」という気持ちが伝わる。

そう、ドラマ踊る大捜査線の最終話。
定年退職する和久さんに頭を下げる袴田課長のように。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

男たちの大和/YAMATOを見た

いろいろな映画評で「泣けた」と絶賛の男たちの大和/YAMATOを見た。

うーーーむ。
とても反戦メッセージの色濃い映画だった。
それは伝わったのだが、大和が攻撃されるシーンを見るとどーしても「くっそー、アメリカ軍め!好き放題に蹂躙しやがって!」と思ってしまう。
映画「パールハーバー」の真珠湾攻撃シーンを見ているアメリカ人の心境か。

クライマックスの戦闘シーン。
伊藤司令長官や有賀艦長の描写がイマイチ物足りなかったし、戦闘シーンでは無理矢理血のりを強調しているように感じてしまった。
もう少し丁寧に壮絶なシーンを描写して欲しかった。

あまり泣けなかった。
泣けはしなかったがメッセージは伝わった。

戦争をするのは、戦場に居ない人だ

上映前の予告編で流れた映画「ジャーヘッド」。
これも同じようなメッセージをもった映画かもしれない。 

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2005.12.25

ハッピーメリークリスマス

いつだったか、歌手の森山良子がラジオで言っていた。
「山下達郎さんが羨ましい」と。
一年間何も仕事をしなくても、この時期になれば著作権料が勝手に入ってくるから、と。
そして「私も季節モノの名曲を作らなきゃ」とも語った。
「涙そうそう」「さとうきび畑」じゃあまだまだ物足りないのか?
ていうかそもそも名曲ってそういうモチベーションで作るものなのか(笑)?

そんなことをラジオから「クリスマス・イブ」が流れるたびに思い出すのであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.24

みなとみらい年末恒例

mm21_night
クリスマス時期になるとみなとみらいのビルは全フロアの照明をつけて夜景を演出する。
遠くから見るととてもきれい。
今日も遊覧ヘリはフル稼働だった。
いよいよ年末だなーと実感。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.12.22

滑り初めでGALA湯沢

日本を大寒波が襲った日、新潟のGALA湯沢へ初滑りに。

家を出る時点で関越道赤城インターからチェーン規制。
無駄にわくわくしながら圏央道経由で関越に乗る。
上り車線を雪満載のバストラックが彼の地の豪雪を物語る。
交通情報が外環道で道路に雪が落ちていて渋滞していると伝える。
渋滞するって、一体どんだけの量を落としていったのだろうか…

tanigawadake谷川岳PAで一休み。
すごい雪で、本当にスキーが出来るかチラッと不安になる。
まーここまできたら引き返す訳にも行かないのでひとまずスキー場へは向かうことにする。

スキー場に着いても、雪は一向に収まる気配を見せない。
hubukiそれにしても、平日でこんな天気でも滑りに来ている人が結構いることに驚く。
軽く滑るにしてもかなり辛い。
ゴーグルをしていても口周りが極寒なのでフェイスガードも買う。
ついつい休憩時間も長くなりがちな悪天候なので、早めに切り上げることにする。

5時間弱止めていただけなのに車には30センチほど雪が積もっていた。
沼田インターで事故通行止めとのことで三国峠越え。
いつもはトラックが爆走しているはずだがなぜかひっそりとした峠道をひたすら走る。

赤城で昨年も立ち寄った「ゆう炉」という掘りごたつの定食屋さんでご飯を食べようと思ったがなんと店休日。
そこですぐそばにあるもつ煮のお店永井食堂へ。
motuniここのもつ煮は本当に旨い。メニューはもつ煮と目玉焼き、キムチぐらい。もつ煮勝負のお店。
盛りよしで満腹間違いなしで、トラックドライバー御用達。
お持ち帰りのパックを買って帰るお客さんもちらほら。

お腹も満足で自宅へ向かう。
国道17号でひたすら所沢を目指すが、なんとなくグッタリしてきたので本庄児玉から関越道で練馬、環八、第三京浜ルートで無事帰宅。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.18

冬のみなとみらい

みなとみらいにある赤レンガ倉庫に、いまスケートリンクが出現している。
skate
スケート、最近滑ってない。
小学生の頃は冬ともなれば狂ったように今は無き向ヶ丘遊園のスケートリンクに通ったものだ。
冬に屋外でスケートと言うのもなんだかノスタルジック。
ちょっと狭い気もするが、近いうちに滑ろうと思った。

ここから少しはなれたところでこんなものも。
exel_air
臨港パークのはずれにあるヘリポートから、夜の横浜を空から遊覧できるヘリが飛んでいる。
そりゃロマンチックだが何しろ高価。
でも結構お客さんはいて、休むまもなく飛び回っているのには驚いた。
冬は空気も澄んでるし、なにしろクリスマスで地上のイルミネーションもきれいだからだろうなーと納得。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.12.17

トヨタカップ

正式名称はFIFAクラブワールドチャンピオンシップ トヨタカップ ジャパン2005

1981年に東京国立競技場を舞台に始まり、2002年からは横浜国際競技場に場所を移して行われている。
昨年まではヨーロッパと南米のNo.1クラブチームが戦っていたが、今年からは各大陸ごとのクラブチームがトーナメントを戦い、決勝戦が横浜で行なわれる。

横浜国際競技場は横浜市の財団法人が所有しているが、その巨額の運営費を賄う為に競技場の命名権を日産自動車に売却し、日産スタジアムとして運営されている。
この際に問題になったのがトヨタカップ。

2005年3月に日産スタジアムとなった際、トヨタ自動車はトヨタカップの横浜での開催に難色を示していたようだ。
日産自動車は「もちろん横浜で開催していただけるなら最大限の協力をする」と余裕のコメントだったが、当時東京国立競技場での開催案もかなり現実味を帯びていたらしい。

結局、大会自体もかなり様相が変わり二大陸のガチンコ勝負から六大陸のトーナメント戦になったが、決勝はやはり横浜になった。

日産スタジアムでトヨタカップ。
日テレのホームページでは会場が「横浜国際総合競技場(旧名)」となっているのは最大限の配慮か(笑)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.12.15

味のほうさく

今週はラーメン強化週間と銘打ち、昼メシはなるべくラーメンで行こうと思っていた。
しかし、仕事の都合やなんやかんやでやっと昨日が一軒目。

housaku店は「味のほうさく
地元の有名店で、以前に裏通りで見つけて以来いつか行こうと思っていた店。
しかししばらくして通りから店が消え行方不明に。
あんなに繁盛していて閉店しちゃったのかな?と思っていたら某料理対決番組に出ててびっくりした。鎌倉街道沿いに移転していたらしい。
この道はしょっちゅう通っていたのに気付かなかった…

しょう油ワンタンめんを注文。
いわゆるさっぱりしょうゆ味に細めんの王道ラーメン。
チャーシューもトロトロでおいしいし、ワンタンも具がぎっしりで皮はモチモチでこれまたグッド。

しかし、店内のテレビでやっていた特攻野郎Aチームが気になって気になって…
いつ見ても面白いなー、コングの飛行機恐怖症。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.13

ホテルヴィラ會芳亭

地元横浜で開催されながら、一度も足を運んだことが無かった横浜トリエンナーレ
中華街をぶらついているとその出品作品のひとつ、ホテル ヴィラ會芳亭を発見。
これは建造物を屋内に取り込む、という非常に興味深い芸術だ(とのこと)。戦前ここには清国領事館があり、いわば中華街の中心地であった場所。その山下町公園に建つ會芳亭というあずまやを壁で囲み、ホテルの一室に演出してしまっている。

kaihoutei01昼間は無料で見学できるとのことなので足を踏み入れる。
屋外にあるはずのあずまやが何の違和感も無くベッドの天蓋になっている。
調度品はカッシーナが提供しており、これまた完璧に高級ホテルの一室を演出。
宿泊規約や非常時の避難経路が書かれた紙も置いてあり、目隠しをされてここに放り込まれたらホテルの一室だと信じきるだろう。
しかし、テレビ(薄型!)はあるのだがお約束のアダルトチャンネルの番組表が無い!
うーん、画竜点睛を欠くとはまさにこのこと。

トイレ、シャワーもあるのだが、さすがにゆったりとしたバスは無かった。
屋外をぐるっと廻ったが、きっちり給排水工事をしているのには驚いた。ちゃんとガスも引いてあり、お湯もしっかり出る。
スポンサー企業にINAXやダイキン工業が名を連ねているあたりに本気加減が伺える。

kaihoutei02ちなみにホテルの看板(?)の揮毫は高秀前市長。
高秀さんも、自分の引退後まさかホテルの看板になるとは思ってもみなかっただろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.12.12

ハンディGPS LEGEND C

legendc遂に買ってしまった。
ハンディタイプのGPSナビ「eTrex Legend C
確かにチャリ通勤ではそれほど必要性を感じない。
しかし、自家用車や社用車にカーナビをつけていると、自転車で移動中でもナビ画面が無いとなんとなく物足りない。
例えば遠出した時に「こっちの道のほうが近道じゃね?」と思いつつ、遠回りだった場合のリスクを考えてそちらに進めない事があり、そんな時にGPSがあったらなぁなんて思う。
で、前から気になっていたのがこのガーミン社のハンディGPS。

いや、おもちゃとしては最高。
しばらくはこれで楽しめそうだ。と言うか、どこか遠くに出かけたい…

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.12.09

コレド日本橋

日本で最初のクリスマスツリーは、1886年(明治19年)に横浜で外国人船員のために飾られたものだとか。
その日12月7日はクリスマスツリーの日で横浜市民は祝日になっている。と言うのは真っ赤なウソ。

で、どこかにツリーでも見に行くかと思い、最近松本幸四郎がCMで盛んに宣伝している日本橋界隈へ。
以前から興味があった、旧旧白木屋デパート、旧東急百貨店であるコレド日本橋へ行ってみる。
ちなみに73年前の12月16日、クリスマスイルミネーションが出火原因の災害史に残る大火災を白木屋は起こしている。

xmas吹き抜けにぶら下がっているツリーを横目にぶらぶらと歩いてみる。
ファッションフロアのある店の試着室にソファとテーブルがあるのに驚いた。
私は以前から試着室に椅子とスポーツ新聞を置いておけば男性客も退屈しないと事あるごとに主張しているのだが、その回答を見た気がした。
あとはスポーツ紙と、贅沢を言えばゴルゴ13を是非。

3階にセレンディビティというソニープラザの大人版ショップがあるが、世界のソニーは元々白木屋の3階に間借りして創業している。
わざと3階に出店しているとしたらパンチが効いてる。

4階のピッツェリア ダ チーボで夜ご飯。
水牛のモッツァレラチーズというよく判らないチーズの乗ったピザが旨い。
何なんだろう、水牛のモッツァレラチーズ。
普通のモッツァレラチーズのピザと食べ比べたけど、明らかに水牛の方(?)がモチモチとした食感でおいしい。
生地もふわふわでなかなかおいしいピザだった。

満腹でコレド日本橋を後にする。
コレドとはcore(核)と江戸を組み合わせた造語だとか。
また、「お江戸」とも引っ掛けているらしい。なかなか厳しいぞ、三井不動産。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.08

開戦の日

64年前の今日、ここからはるか彼方のマレー半島、そしてハワイ真珠湾から太平洋戦争が始まった。

その日から3年8ヶ月の暗い戦争の時代へと突入してゆく。
と、思われがちだが、庶民はなかなかしぶとくそんな暗い時代を精一杯明るく暮らそうとしていたようだ。

開戦の日、さすがに戦勝気分で銀座は大賑わいだったと言う。
戦争も半ばに差し掛かるとさすがにお祭り騒ぎはなくなったが、それでも落語や映画などの娯楽を楽しむ庶民は沢山いたそうだ。

戦争標語として名高い「贅沢は敵だ」「足らぬ足らぬは工夫が足らぬ」も、「贅沢は素敵だ」「足らぬ足らぬは夫が足らぬ」などと落書きされていたらしい。
落書き文化は、エラい人が一億総玉砕などと叫んだって絶えることは無いのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.07

鉄道会社の無料広報誌

高校時代、営団地下鉄(現東京メトロ)に乗る楽しみの一つに、券売機そばにおいてある広報誌のメトロニュースがあった。
沿線のグルメや歴史のコラムが面白く、またとても為になった。
鉄分の濃い友人はバックナンバーを集めていたが、そこまででない私も何かと楽しく読んでいた。

小田急の広報誌おだきゅうは表紙が凝った切り絵のデザインで、ある年の新年号が雪の多摩川を渡るロマンスカー10000系で、これがまたとても印象的な表紙だったので保存版にしていた覚えがある。

sotetsu今愛読しているのが相模鉄道の相鉄瓦版
これがまた無料とは思えない充実ぶり。
みうらじゅんとか片山右京などのビッグネームがゲストコラムニストとして巻頭を飾る。

で、今月はラーメン特集でラーメン王として名高い石神秀幸がラーメン好きには興味津々なコラムを書いている。
また中華街の名製麺所永楽製麺所の会長が寄稿したりしていて読み応えあり。

相鉄自身が「相鉄瓦版は相鉄線にご乗車いただいている間(横浜~海老名駅・31分)に読み切れるボリュームが好評」と謳うだけあり、移動時間の暇つぶしにはもってこいでやめられない。
出来れば週刊にして欲しいくらいだ。

(文中敬称略)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.12.03

秋深し…

nihon_oodoori横浜の銀杏並木といえば日本大通。

通りが黄金色に染まるこの時期、歩道にはスケッチ愛好家がずらりと並ぶ。
そしてそのスケッチを覗き込む「スケッチ愛好家の愛好家」も並ぶ。
中にはマンツーマンディフェンスのごとくビッタリ張り付いて覗き込む強者も。

画に自信がないととてもじゃないけどここでスケッチは出来ないと思った。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.12.01

横浜そごう 新駐車場オープン

23日オープンだと思っていた駐車場が今日オープンした。
sogo_p
さすが女性に優しいと謳うだけあって車路も駐車スペースも広々。
そしてそごうの提携駐車場にやっとお目見えの車番認識パーキングシステムがかっちょいい。

ただし、クロカンでベコベコになったナンバーをたまに認識してくれないのが珠にキズ。
でも、ここは最新の画像認識技術が導入されて読み取り能力が向上してるかも、とちょっと期待してみる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »