« さようなら、そしてありがとう交通博物館 | トップページ | ヨコハマメリーを見た »

2006.04.21

医龍を見た

連続ドラマ医龍を見た。
なんか医療をテーマとしたドラマはいつまでたってもベタだなーと思った。
天才外科医とダメな(でも熱血)研修医。そして医局の対立や官僚主義の病院幹部との確執。
1978年に放送された「白い巨塔」から基本的なテーマは不変という感じ。
今では医局制度を廃止する大学病院だってあるというのに、ドラマはその後を進んでいる。

たまには天才眼科医とか熱血理学療法士なんて人が主役のドラマを見てみたいものだ。

|

« さようなら、そしてありがとう交通博物館 | トップページ | ヨコハマメリーを見た »

コメント

なんか医療以外をテーマにしないとドラマにならなさそうな職種ですね。
温泉旅行にいったらそこで殺人事件にまきこまれて…とか。
是非そこにソーシャルワーカーと派遣会社のクラークさん、電子カルテシステムを供給しているソフトウェア会社のSEもからめて頂きたい(笑)

投稿: | 2006.04.21 07:55

単発2時間スペシャルならなんとかシナリオできそうですが(笑)
SEはとりあえずシステムがこけて胃が痛くなる役柄ですね(^^;
どちらにしろごく狭い視聴者層にしかウケないことは間違い無さそうです(笑)

投稿: ごつ | 2006.04.21 10:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53490/9689226

この記事へのトラックバック一覧です: 医龍を見た:

« さようなら、そしてありがとう交通博物館 | トップページ | ヨコハマメリーを見た »