« It's a SONY | トップページ | ガーミン先生に聞いてみた »

2006.04.03

東海道中膝栗毛(品川-戸塚編)

というわけで、会社から自転車で帰宅した。
帰りは時間に余裕があるので、多少遠回りになるが国道15号で横浜まで向かう事にする。
このルートなら湾岸沿いなのでほとんど平坦な道になる。
川崎に入り、しばらく進んだ所にある鶴見線国道駅をしばし見物。
Root1_st
何人か改札をカメラに収めている人がいる。
旧き良き「ガード下」のイメージが残るが、あまりにも閑散としていてちょっと寂しい。
同じガード下でも有楽町や新橋にある、現役の飲み屋さんが建ち並ぶガード下のほうがやっぱりいい。

Root1ここで旧東海道へ。
しばらく進むと生麦事件現場がある。
生麦事件を機に薩摩藩(今の鹿児島県と宮崎県の一部)はイギリスと交戦状態に入る。
地方自治体と国が戦争て…
しかもこの戦争、薩摩からの先制攻撃で始まっている。
さすが勇猛を誇りとする薩摩隼人。
最終的に薩摩は降伏するが、死者数はイギリス63名に対し薩摩17名(諸説あり)。
イギリス海軍の旗艦ユリアラス号艦長を殉職させるという戦績も残している。

この日は天気もよかったので、久しぶりにみなとみらいへちょっと寄り道。
Lmtower_1
本当はこのあと色々と回りたかったのだが、いかんせんペダルをこぐのがかなり面倒臭くなっていたのでとりあえず戸塚へ向かう。
Gamin
ガーミン先生も電池切れ

Sakaigi東海道、保土ヶ谷といえば難所権太坂である。
江戸時代、東海道を西に向かう旅人に最初に立ちはだかる難所であり、私に「あー、もー自転車降りて押して行こうかな…」とはじめて思わせた難所でもある。
絵は五十三次名所図会 五 程ヶ谷 境木立場 鎌倉山遠望  初代広重。権太坂を登りきったところにあった茶屋が描かれている。
きっとこの難所を越え、一服して望む鎌倉山は絶景だったであろう。

ここを越えればあとは楽なもの。
小腹も空いてくるというもので、戸塚にあるT-Berryでおやつ購入。
ここは果物屋さんがやっているケーキ屋さんで、季節のフルーツ山盛りのケーキが本当に美味い。

自宅に無事到着後、疲労困憊で食べるデコポンのロールケーキは五臓六腑に染み渡る。

通勤なんだかポタリングなんだかよく判らないが、結局案外楽しかった。
次にやるのは当分先だろうが。

|

« It's a SONY | トップページ | ガーミン先生に聞いてみた »

コメント

お疲れさまで〜す。
権太坂走ったんですね(権太坂つながりでTBしときます)。
ヤビツ峠の入り口の蓑毛の坂に比べれば
なだらかなものですが、
けっこう汗かきますよね。
蓑毛の坂はぷじょで走っただけなので、汗のかきようはなかったですが(笑)
T-Berry知らなかったです。
美味しそうですね。
戸塚のあたりは高校生から大学生にかけてよく行ったのですが。
今度奥さんと行ってみようかと思います。

投稿: think_i | 2006.04.03 23:03

蓑毛の坂、自転車系ブログでしばしば見かける名前ですね。
私も車で何度か登った覚えがありますが、あそこを自転車で登るなんて狂気の沙汰だと思います。
でもちょっと登ってみたい…(^^;
T-Berryのイチゴ生シュークリームがとても美味しそうなのですが、いつも16時ぐらいに売切れてしまうそうでなかなか買えません。
これをゲットするのが目下の目標になっております。

投稿: ごつ | 2006.04.05 10:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53490/9409457

この記事へのトラックバック一覧です: 東海道中膝栗毛(品川-戸塚編):

« It's a SONY | トップページ | ガーミン先生に聞いてみた »