« 立ち喰いそばの幸せ | トップページ | またの名をエアホステス »

2006.07.01

カップ麺の幸せ

ときたま無性に食べたくなるものは誰にでもあるものだと思う。
例えば吉野家。
例えばマルシンのハンバーグ
例えばペヤングソースやきそば。

で、今日の昼下がり無性にペヤングソースやきそばが食べたくなったので、コンビニへゴー!
わき目も振らずカップ麺売り場に向かうと、そこに見慣れたロゴの見慣れないカップ麺発見。
Peyanguペヤングヌードル
これは一部地域で販売されていたということで私は初めて見た。
で、もちろん買ってみた。
お湯も入れてみた。
うーん、美味い。
チープな海老と玉子がたまらない。
日清カップヌードルとはまたちょっと違う味で、あえて言えばケンちゃんラーメンが近いかも。

|

« 立ち喰いそばの幸せ | トップページ | またの名をエアホステス »

コメント

最近は食べませんが、
私もペヤングがときどき無性に食べたくなり、
デカイの買って食べて、
あとでカロリー表示をみて後悔する
ということを繰り返してました(笑)

投稿: think_i | 2006.07.01 15:24

>ペヤングソースやきそば
大学時代に行きつけだった雀荘の定番商品でした。
貧乏学生に出前など頼めるはずも無く、小腹がすいたときの頼もしい見方でした。
カップラーメンもありましたが、スープがあると食べづらいため、ペヤングの支持率の方が圧倒的に高かったですね。またその強烈なにおいのため、一人が頼むと連鎖的に注文が入っていました。
今でも当時を思いながら食べたりしてます。

投稿: ゆうろ | 2006.07.01 15:33

吉野家、マルシン、ベヤング・・・いずれも私が小さいとき、TVの5時台のアニメの再放送あたりでよくCM流してましたなあ・・・。
吉野家の「牛丼ひと筋、80年~」のCFソングと「やったね、パパ。明日はホームランだ!」のセリフはよく覚えてます。しかし、ホームランどころか、その後会社が傾いてどこかの資本に入るとは、吉野家さんも「想定外」だったでしょうな。
ちなみに、そんな私は松屋派です(無料でみそ汁ついてくるから)。

投稿: 二方面 | 2006.07.02 01:25

think_iさん>
あの特大ペヤングのデビューは衝撃的でした。
特大を買うのにはいろいろな意味で勇気が必要ですね。

ゆうろさん>
ペヤングの香りには向精神薬的な成分が含まれていると確信しています。
ちなみにマックのハンバーガーや家系ラーメンの厨房からも同様の成分が放出されているハズです。

二方面さん>
「やったね、パパ。明日はホームランだ!」ってナボナのCMだと勘違いしていました。
CMの画はばっちり記憶に残っている(確か勉強机の前で素振りしてますよね)のに肝心の商品を思い違いするとは。
そんな私は牛丼が無くなってからというものすき家派です(わさび山かけ牛丼旨い)。

投稿: ごつ | 2006.07.03 02:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53490/10745768

この記事へのトラックバック一覧です: カップ麺の幸せ:

« 立ち喰いそばの幸せ | トップページ | またの名をエアホステス »