« 沖縄 | トップページ | 戦跡をめぐる »

2006.09.05

沖縄食べ歩き

朝8時に起きて沖縄を食べ歩くはずが、起床後時計を見ると驚きの12時。
計画を練り直し、チャチャっとホテルでブランチを済ませ町に出る。
Demio今回の移動の友はマツダのデミオ。
なんだかんだ言って国産コンパクトは運転がし易い。
206SWに比べ荷室はかなり狭いが、それでもスーツケースなどが無難に収まる。





Kingtakosuで、ホテルを出発し最初の目的地キングタコス金武本店
この店は沖縄に来たときは必ず立ち寄る店。
いかにも場末な空気が最高。
米軍キャンプハンセンの正門前に位置するだけあり、周囲は英語があふれオキナワな雰囲気があふれている。
またここはメキシコ料理のタコスをご飯にのせたタコライス発祥の店だとか。
だがここのお勧めはタコフライライス。
炒飯に辛いタコスをのせた一品だ。
タコライスは横浜でもちょこちょこ見かけるがタコフライライスは見たことが無い。






量も笑ってしまうくらいキングサイズ。
今回ハンバーガーを買ったが、
Kingtakosu_baga
このサイズ。
これで300円。ちなみに$3でも買える。

これで満腹になったので海に少し浮かんで腹をこなす。
夜ご飯は沖縄らしいメニューを探してまた町に出る。
で行き着いたのが元祖海ぶどう
Umibudouここで沖縄料理のグランドスラム、海ぶどうキャレルを食べる。
海ぶどう丼、沖縄そば、ゴーヤチャンプルー、てびちなどがすこしずつ食べられる。

いやー明日も(胃袋が)大変だ。

|

« 沖縄 | トップページ | 戦跡をめぐる »

コメント

沖縄ではなぜか食べ物をたのむと本土の2倍ぐらいの量出てくるのは何故なんでしょう(^^;
アメリカ領時代の名残なのか?
それとも元々こうだったのでしょうか(たぶんそうだと思うけど)
本島ではなく離島へ良くと更にこの傾向が強まる気がします。遠方より来る客人をもてなすの意でしょうかね。

投稿: ごしゅりん | 2006.09.06 10:18

ハンバーガーとかステーキがでかいのはやっぱり米軍統治下の名残でしょうね。
でも沖縄伝統料理も盛り良しですよね。
もてなしの大皿料理、分かる気がします。

投稿: ごつ | 2006.09.06 21:51

私も数年前、沖縄に行ったとき、那覇の国際通り沿いにある某ステーキハウスに寄ったときのこと、ここの店は「復帰前の沖縄を忠実に再現」ということで、60年代のアメリカ風の店作りになっていました。
ここで店のお勧めの「1ポンドステーキ」を頼んだのですが、そのとき1ポンドが何グラムなのか理解せずに適当にオーダーしたら、あまりの肉のデカさに驚いたことがあります。(でも結局完食しました)
翌日、1ポンド=4百数十グラムとわかりましたが、自分でもよくあんなデカいの食ったなあ、と思ったのと同時に、いつもこういうもの食べている民族相手にに日本が戦争に勝てるわけがないよなあ、と思ってしまいました。

次の正月明けぐらいにまた行ってみようかな<沖縄。

投稿: 二方面 | 2006.09.08 02:10

こちらのステーキ屋さんではだいたい150gからあるのに沖縄ではなぜか200~250gからなんですよね。
ほんとあんな国相手に4年もよく戦いました。

投稿: ごつ | 2006.09.09 08:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53490/11766460

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄食べ歩き:

« 沖縄 | トップページ | 戦跡をめぐる »