« ホントにちょっとそこまで | トップページ | 初冬 »

2006.12.11

ボクの週末

8日 会社の忘年会
牡蠣鍋飲み放題付で2500円というとんだデフレ価格の忘年会。
参加者全員前日からおなかを鍛えて参加したが、案外まともな料理で拍子抜け。
途中手違いで他のテーブルが注文した刺身が置かれかけたが、いま目の前に並ぶ刺身の色とのあまりの相違に全員言葉を失う。
帰りの電車で恐ろしいほどの寒気に襲われ、帰宅後熱を測ると39℃。
慌ててみかんとかガツガツ食べてビタミンCを補給しとっとと寝る。

9日 やむなく出勤
本当なら休みたいところだが人のいない休日出勤なので這うようにして出勤。
自分で自分を褒めたい。
会社では終始たれパンダのように机でたれていました。時々思いおこしたように仕事をして夕方退社。
東海道線に乗り込む。土曜の午後の下り電車は余裕で座れる。座ったらまずいと思いつつ座ってしまう。
目が覚めたら大船駅でドアが閉まる直前。降車するべき戸塚駅は見事にスルー。
漫画のように「ハッ!!」とか声が出てたかもしれない。
いや良かった。目が覚めたら熱海とかじゃなくて本当に良かった。
帰宅後鍋焼きうどんを食べ、何とか一息つく。でも熱が下がらない。

10日 何とか復活
風邪にはビタミンCと妄信している私はC1000タケダとかりんごを必死に飲んだり食べたり。
抗生物質の力も借りて何とか平熱まで持っていく。
夜には録画しておいた「硫黄島 戦場の郵便配達」を見られるまで復活。CGや根本少尉の演技など随所に微妙なところが見られたが、基本的に最初から最後まで考えさせられるドラマだった。さすが藤竜也&手塚理美。

そんなこんなで週末が終わるのであった。

|

« ホントにちょっとそこまで | トップページ | 初冬 »

コメント

39℃での出勤、辛すぎる…
病には病院が一番です(たぶん)

わたしも勤め帰りの電車の行先は「京都」の他、「米原」「長浜」「大垣」あたりでしたが最近「敦賀」が現れだしたので寝るとまずいです。
ちょっとした旅行になります。

>CG
特に着陸する所とかが微妙すぎ。
近いうちに「硫黄島からの手紙」を見に行こうと思ってます。一人で。

投稿: ごしゅりん | 2006.12.12 10:35

大変でしたねぇ。
無理しないでくださいね、風邪をこじらせて肺炎に
…なんてことになったら、身近な医療関係者が悲しみますよ。
かくいう私は妻から
「インフルエンザにかかったら離婚する」
と脅され、昨日予防接種してきました。

投稿: think_i | 2006.12.12 23:00

戸塚と見ると反応してしまうワタクシ・・・(笑
かく言うワタクシも終電で寝過ごして大船駅で「そして僕は途方に暮れる」ことがございました。
大船→戸塚のバス通りを1時間半かけてトボトボと・・・帰着は午前3時過ぎでしたね。
財布の中みればタクシーなんて無理だし・・・家に電話したところで、迎えに来てくれるワケないし・・・歩くしか手立てなかったんですモノ(泣

投稿: まつい | 2006.12.12 23:18

>ごしゅりんさん
大垣行き、こちらでも仕事がかなり遅くなれば走ってますよ(ニヤリ)。ただ小田原までは全席指定で飛び込みでは乗れないので、気付いたら名古屋、という事態はなさそうです。

CGは…まあ2時間ドラマの制作費では精一杯頑張ったでしょう。泣けた脚本に免じて許すことにします(^^;

>think_iさん
「隔離」ではなく「永久隔離」ですか。それは予防接種しておいたほうがいいですね(笑)
肺炎になっても、悲しむというより「あー、これはやばい症状だね。こーなると大抵ダメ」とか言われそうでとっても怖いです。

>まついさん
県道大船停車場矢部線ですね(笑)
私も終電逃して3時間ぐらい歩いたことがありますが「歩くしかない」っていう江戸時代に戻ったかのような諦め感があって、なんだかすがすがしい気分で歩いた覚えがあります。二度とやりたくないですけど(^^;

投稿: ごつ | 2006.12.14 17:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53490/13027927

この記事へのトラックバック一覧です: ボクの週末:

« ホントにちょっとそこまで | トップページ | 初冬 »