« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

2007.01.30

舶来のドーナツ

相棒がコーヒーとドーナツをペラペラの紙のトレーに載っけてパトカーに乗り込んだ途端、目の前で自動車泥棒を見つけたジェフはパトカーを急発進。コーヒーを股ぐらにぶちまけた相棒は「ちくしょう!いったいなんだってんだ!大体お前は(以下略

というわけでロス市警の太っちょ警官と書いてドーナツと読むワケだが、新宿にアメリカで人気のドーナツ屋が日本初上陸。その名もクリスピー・クリーム・ドーナツ
オープン当初は連日大行列だったらしいが、それでもオープンから一ヶ月以上経ち、ブームもひと段落かと思い行ってみた。
ところがどっこい、店の前には長い列が。一瞬並ぶか帰るか迷ったが、せっかく新宿まで来たんだし、別にコレといって用事も無かったのでとりあえず並んでみた。30分もすればレジまで進んだが、それでもたかがドーナツ買うのに30分も並ぶなんて、ロス市警の警官なら腕をすくめて「アンビリーバボー」と呆れるところだ。(欧米か)

Donatuここではドーナツを店舗で揚げている。その様子が並んでいると見られるのだが、コレがまた面白い。この写真だと一番左奥から揚がってきたドーナツが、甘甘の砂糖でコーティングされてコンベアで流れてくる。行列に並んでいるとこのドーナツを試食させてくれるらしいが、私には試食が回ってこなかった。
ようやくレジに到着し、メーンメニューのオリジナル・グレーズド・ドーナツとグレーズドレモン・ドーナツをオーダー。すると、レジの方が「試食はされました?」と聞いてきたので「まだです」と答えると、注文したオリジナル・グレーズドはタダになった。こういった小さなホスピタリティーがファンを増やすんだろうなぁ。

Donatu2ドーナツは想像以上の美味しさ。「口の中で溶ける」と表現されるらしいが、まさにそんな感じ。食感は「さく」ではなく「ふゃく」って感じ。「さく」と「ふわ」を足して2で割ったといえばいいだろうか。でもとにかく甘い。こんな甘いドーナツはミスドには無いな。

このドーナツ屋さんを日本で展開するクリスピー・クリーム・ドーナツジャパン株式会社は、ロッテとロッテの再建支援会社が作った会社。横浜にある不採算なロッテリアをドーナツに業態転換してガンガンやって欲しいなぁ。
ちなみにロッテは同じ支援会社と組んで株式会社バーガーキング・ジャパンを作った。
バーガーキング(通称バーキン)は、かつて森永や日本たばこが日本で展開を試みたアメリカのハンバーガーチェーン。肉厚ジューシーなパティや大振りな野菜がコアなファンを生んだが、爆安キャンペーンを張ったマックの前に敢え無く撤退。
今年の夏、渋谷に1号店をオープンする予定らしいがこちらもたのしみだ。

| | コメント (7) | トラックバック (1)

2007.01.27

消える?ラーメン屋

久々に脂っこい定食でも食べようかと、戸塚駅前にある三十七番という中華料理屋に向かった。ここは一見さんが入るのを躊躇してしまうような脂っこい入り口が特徴の旨い中華屋だ。
38ban
しかしなんと戸塚再開発事業により昨年末から休業しているとのこと。
移転して小奇麗な中華料理屋に生まれ変わるのもなんだか複雑な気持ちだが、頼むぜ!とつか再開発くん。脂っこい定食は是非存続させてくれよ!そのまま流れで廃業とか御免こうむるよ!!


| | コメント (6) | トラックバック (1)

2007.01.25

206と307と80

307CCを半ば衝動買いしてからはや3ヵ月。4半期が過ぎたわけで、いろいろ思ったことを書いてみたい。
まあやっぱりぶっちゃけ使いづらいクルマではある(^^; スーパーに買い物に行ったとき、買い込んだ物を収納するのが面倒くさい。206SWなら後部座席に簡単に放り込めたが307CCだとそうはいかない。前席を倒すたびに「これが『クーペに乗る』ということなのか…」と実感する。
いろいろと箇条書きにしてみると…

・収納
206SW---便利。程よいラゲッジスペースが日常のユーティリティを満足させてくれる。自転車も前後輪外せば普通に積載できる
307CC---絶望、とまでは言わないがやっぱりあまり積めない。屋根をクローズにしてもトランクには屋根開閉機構の変な出っ張りなどがありトランクスペースを有意義に使えない。
80---無敵。洗濯機も運べる。

・コーナリング
206SW---面白い。ワゴンとは思えないキビキビ感がたまらない。グレードがクイックシルバーだったので205/45 16インチの扁平タイヤがまた良かった。国道1号上り箱根峠で、S13シルビアとの程よいバトルが気持ちよかった。気合のコーナリングをしても過剰なロールが無く非常にコントローラブル。もちろんダウンヒルはチキンハートなので徐行運転です。
307CC---コーナリングを攻めるクルマではないと実感。でも荒れた路面のカーブでもサスとボディーでショックを吸収するあたりはさすがだと思った。
80---倒れそう。ただ、コーナリング出口でアクセル全開にしたとき一番安定しているのは80。なにしろフルタイム4駆ですから、それくらい頑張ってもらわないと。

・クルージング
206SW---やっぱり排気量が少ないので苦手かな。特に高速クルージングは「頑張ってますっ!」って感じ。
307CC---快適。206に比べても静かだしそれなりにスピードを出しても余裕がある。高速コーナーも安定していて不安が無い。
80---うるさい。やっぱり80のエンジンはトルク重視なだけあって高回転域はイマイチで、206並みに頑張ってる感が伝わる。サスもタイヤも高速向きではないので、むしろ怖い。でも長距離ドライブで一番疲れないのはランクルだと思った。やっぱり皮シートは疲れるのかなぁ。

・悪路走破性
206SW---ナンバーが邪魔。
307CC---ナンバーが邪魔。
80---階段上れます。

・運転する楽しさ
これは比べられない。206SWはドライビングが楽しくて307CCはドライブが楽しい。80は…まあとにかく楽しい。

今でも時々「SWのほうが良かったなぁ…」なんて思っちゃうときがある。いや実際使い勝手とか燃費とか考えると、ねぇ?
でもそれを言ったら、買い物用に軽トラ買うか、とか人運ぶのにミニバンも買おうみたいな話しになってしまうのでどこかで折り合いつけなければならないのはしようが無いですね。
いくら「SWが良かった」と思っても屋根開けて海沿いを時速40キロでぶっ飛ばせばもうニコニコ顔ですからね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007.01.22

トランスポーター2を見た

第1作で、主人公は私の好きなBMW7シリーズでバッタバッタの快刀乱麻。こりゃ期待できるわい、とパート2を見た。
もう有り得ないにもほどがあるカーアクションだ。CGなんかもチョコチョコ使われていてそういう点ではパート1の方が面白かったかも。
クルマもアウディA8に変わっていてちょっと期待はずれだったけど、ラグジュアリーカー好きな私はA8の派手なカーアクションに満足してしまった。あれだけ銃弾浴びてブロック塀突破してキズひとつ出来ない潔さにシャッポを脱いだ。どうみょうさんもこっちにすればよかったのに。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.01.21

ストロヴェリーハンティング

サバイバルゲームなどで人を狩ったことはあるが、いまだかつて果物を狩ったことは、無い。狩りといえばモヒカンヘアのムキムキマッチョマンがチョッパーハンドルのバイクに乗って「ヒヤッホォーー」とか叫び(以下略)

というわけでプジョー307CCのオーナーズクラブの面々とイチゴ狩りに行ってきた。
しかしウチの307CCは先約があり使えず、やむなくランクルでの参加。307CCをフルタイム四駆にしてくれと言ったらこうなっちゃったと言い張ることにして午前7時過ぎに家を出た。
Sumarutei朝ごはんは昨日から決めていたスマル亭。ここで桜えびのかき揚げ天ぷらうどんを食べる。まーぶっちゃけただの立ち喰いの味だが、スマル亭は以前から気になっていた店なのでちょっと達成感。しかもうどんは立ち喰いなりのコシがあって美味しかった。

集合場所の日本平ホテル駐車場には若干の遅れで到着。皆さんすでに車を並べて準備万端。
Syuugou1
ランクルで登場すると、「でかい」「ゴツイ」「欲しい!!」とのお言葉を頂き、一応つかみはオッケーということで。(一部表現に誇大なところがあります)
Sanruhuクルマがまとまったところで目的地であるいちご狩場まで移動する。皆さん屋根を開けだしたので、私も恥ずかしながら屋根を開けることにする。307CCが屋根を開けるのに20秒以上掛かるところ、こいつはほんの5秒ほどで全開になる。楽なもんだ。
先ほども言ったが紅葉は狩ったことがあるが梨やぶどうも含め果物を狩ったことが無い。なにしろ今日この日まで取ったものは持って帰れると思っていたほどだ。よく考えればそれが出来れば家で果物屋が開けるというもの。
事務所?で1600円也のお金を払い、コレが噂の練乳を受け取ると店の方にビニールハウスに連れて行かれた。中に入ると幅2m、奥行き30mほどの中にイチゴが鈴なりにぶら下がっている。コレがイチゴ狩りか~と感慨にふけりつつイチゴを片っ端から食べまくる。

Itigo真っ赤なものよりピンク掛かっているほうが美味しいとの事なのでそんなやつを狙ってもぎっては食べもぎっては食べの数十分。1年分は喰った。でも個数で言うと思ったより食べてない感じ。後半は義務感で食べているような気がしたが、ホットケーキと生クリームがあればもっと美味しく食べられたかも。

このあと寿司に行くスケジュールなのだが、さすがにイチゴで満腹になった後にすぐ、というのは無茶なので、三保海岸で一服することにする。ここは風が強かったが海辺ということあり景色もよくうだうだするにはなかなかのスポットだ。
Inakichi_san
何かの表紙のような絵になるのも海のおかげ? 年末年始波乱万丈だったinakichiさんの307。

このあとエスパルスドリームプラザ清水すし横丁というところにある回転鮨魚がしで寿司タイム。タッチパネルを使ったオーダリングシステム非接触型ICを使った皿勘定システムに夢中になってしまい写真は無し。

寿司を食べ終わりフロアをうろうろしていると、お笑いのパッション屋良さんがいるとの事で見物に行ったらいきなりパッションに抱きつかれてインタビューされた。バラエティー番組の収録との事だったが、放送されて欲しいようなカットされて欲しいような。テレビ静岡の番組なので私自身は見たくてもみられない。

皆さんとはここで解散となり、私はtaneさんたちと東名で帰ることにする。当初は御殿場で肉を食べるつもりだったが、自分の胃袋にどう考えても肉が入るスペースが見つからないことと時間の都合でそのまま帰らせていただくことにした。
東名裾野インターで降り、湖尻峠から芦ノ湖スカイラインで帰る。
Koziri
湖尻峠まではこんな狭い道に濃霧が重なりちょっと時間が掛かったが、芦ノ湖スカイラインまで登れば霧も晴れ沼津の夜景がとても綺麗だった。そのまま箱根新道、湘南バイパスと順調に進み無事帰宅。

いつもいつもregias4さんの仕切りは完璧で、今回も判りやすい地図と参加者名簿が配布された。顔と名前を一致させるのがとにかく苦手な私はこの名簿が大活躍した。
次回は(たぶん、きっと)307CCで参加できると思いますのでよろしくお願いいたします。

| | コメント (10) | トラックバック (3)

2007.01.19

ご近所で飲む

前々から気になっていた店、ヤップタコスに行ってみた。
D1000115何しろ私の自転車通勤路にあるのでずーっと気になっていたお店。以前店内に大画面テレビがあり、06年サッカーW杯予選の時は大いに盛り上がっていたようだが都合が付かず行けなかった。
と思ったらいきなり店舗改装が入り店の雰囲気も変わった上にテレビも無くなりW杯本戦は特にイベント無し。

で、時間が空いたので行ってみたがなかなかいいお店だった。タコスを中心としたメキシカン料理のお店なのだが、メキシカンチャーハンとかメキシカン・ナチョたこ焼きとか和墨折衷なオリジナル料理が面白い。マスターいわくメキシカン・ナチョたこ焼きは常連さんの間でも賛否両論らしい。

クルマで行ったのでアルコールは飲まなかったが、なんと近隣駐車場の駐車券でソフトドリンクが無料になる。ここら辺は市郊外なので駐車場も安いので、軽く元が取れる感じだ。
「前は大きなテレビがありましたよねー」と言うと、店舗改装で置けなくなったので撤去したとのこと。壁掛けテレビを買いたいのでカンパ募集中だそうで、私も幾らかカンパした。これでテレビのリモコンの音量ボタンは私のもの。

今度は会社帰りにふらっと立ち寄ってみたい、そんなお店だった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.01.16

赤富士

Dsc_1733
夕焼けがとても綺麗で「明日もきっと晴れるなぁ」などと外を眺めていたら、夕日に富士山がくっきり浮かんでいたので思わず写真を撮った。
撮影後、コレが北斎も描いた赤富士だ。
と思ったが、なんか違和感を感じて検索してみたら…色が逆じゃん!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007.01.15

ラーメン紀行

Tokyolc実はここ数日、ラーメン二郎が食べたくてしょうがない。横浜関内や鶴見にも店はあるのだが、三田本店のラーメン二郎がなぜか無性に食べたい。
今月ちょくちょく顔を出しているのだが、いつもすごい行列でいつも諦めていた。福澤先生誕生日の慶応休校日に行ってもすごい行列だった。
で、今日行ってみた。休みだった。実は今日は土曜だと思っていた。だって昨日の土曜日は出勤だったんだもの。
で、あまりにも悔しかったので神宮外苑のホープ軒に行った。太麺に脂っこいスープは寒い日にはたまらなく美味しい。

で、写真はラーメン二郎が閉まっていて気落ちしながらもいつか撮ってやろうと思っていた東京タワー全景とクルマのツーショット。久しぶりにランクルで遠出した。やっぱマニュアルトランスミッションは気持ちいいなーと思ってみたり。
あと先日買ったiPodのFMトランスミッターもグッド。東京タワー直下でも混信せず。ただ、イグニッション切ってもiPodが止まらないのは盲点だった。ちょっと不便…

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007.01.13

iPodをクルマで使う

307CCにはパナソニックのCN-HDS625Dというナビをつけている。これにiPodを接続しナビの画面でiPodをコントロールする。
これがまた便利。曲名などが画面に大きく表示されるので見易いことこの上ない。

で、ウチのファーストカーのランクルだ。コイツには今となっては型番を検索するのも面倒くさい型落ちのDVDナビが付いている。もちろんiPodが繋がる訳がない。
だが、私もいっぱしのiPodユーザーで、No music, No lifeなワケなのでランクルでiPodがカーオーディオで聴けるように投資を惜しまないワケだ。
で、購入したのが
D1000048
PrincetonというメーカーのiPod専用FMトランスミッター。
もうね、最低限の投資ですよ。お金使うのがもったいない。ヨドバシで一番安いヤツ買ってきた。
本当はオーディオのAUXにケーブルで直接入力したいのだが、インパネを外すモチベーションが今は無い。
いかんなぁ。最近ランクルに手を掛けなくなってるなぁ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007.01.10

世界一周するなら

昔、「ジャグヮー」でおなじみの徳大寺有恒と「すんごいですねぇ」(古い)でおなじみの所ジョージの対談を何かで読んだ。
テーマは「クルマで世界一周をするなら何を選ぶか」で、徳大寺はメルツェデスベンツCクラスステーションワゴン、所はカローラバンを選んだ。
選んだ車はかけ離れているが、選んだ理由は「荷物が積める・丈夫・世界中にサービス拠点がある」でお互い同じだった。
もちろん私が選ぶならランクルかサファリをチョイスする。ていうか、なぜ二人はこれを選ばないのか不思議に思うくらい。まあカローラバンでも4駆モデルなら有りかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.04

おなーじ

そういえば昨年のクリスマス。
銀座の渋滞にはまっている時、対向車線に黒の206CCが。お、こりゃトミーさんかもしれんね、なんて見てた。ちょうどドライバーさんはAピラーで見えなかったのだが、車がするすると進んで運転席を見たら206CC氏もこちらをガン見していて火花が出るほど目が合った。
お互い苦笑しながらペコリと挨拶して通り過ぎた。

昔、ランクル60というポンコツに乗っていた時、信号待ちしていると隣に160サファリ(判りやすく言えば西部警察の4WDスペシャル)が並んだ。お互い同じくらいポンコツだったのでドライバーを見るとやっぱり目が合った。向こうから「なかなかシブいの乗ってますね」なんて話しかけてきたので、わたしも「いえいえ、これ買うとき160もかなり悩みましたよー(実話)」なんて話したことがあった。信号待ちのちょっとした交流。

ランクルも80あたりだとあまり挨拶なんてしないが、同じバンパーつけてる80なんかに出会うと、「お、やってるね?」なんて目が合ってぺこりとすることもたまにある。
先日渋谷を走ってるときも、信号を待っているときふと横を見ると307CCが止まっててやっぱりドライバーさんと目が合ってペコリ。
趣味性の高い車はこういうところがいいなーと思った。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007.01.03

新春恒例

毎年毎年、この時期は箱根駅伝なワケだ。
というのも、横浜での会社は駅伝コースまん前。そりゃヒマな三が日出勤なんぞにぶち当たったら沿道に繰り出して応援するしかあるまい。
昨年、一昨年と駅伝最後尾を陽気に走るバイク野郎を発見して以来、今年はヤツは来るだろうかが非常に気になっていた。
そして、今年の今日は東京で三が日出勤だったのだが、なんとこちらも駅伝コースは目の前。というわけでカメラを持ってスタンバイ。
Dsc_1638
で、やってきたのが駅伝中継一号車。かつて自動車に立ってるアンテナの数は多いほうが勝ちだと信じていた時期があるが、それで言ったらぶっちぎりのトップ。
Dsc_1649
で、復路ぶっちぎりトップだったのが順天堂大学の松瀬選手。
順大って医学部のみの単科大学かと思ったらスポーツ健康科学部ってのがあるんですね。

で、結局昨年のバイク氏は現れず。中継を見ていたら平塚あたりでチラッと見えた気がしたんだけどなぁ。東京までは来なかったのだろうか。なんだか来年の宿題が出来たような気がした箱根駅伝であった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.01.01

あけましておめでとうございます

Onennga

| | コメント (11) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »