« 揚州商人 | トップページ | 交通警察24時!! »

2007.02.09

警職法第2条

昨日の夜、羽田空港そばの工業地帯に車を停めていると、向かい側から来たパトカーから警官が一人降りて私の前に止まっていたワゴン車に職務質問をしだした。こりゃ注射器でも出てきて決定的瞬間を目撃できるかな、と思っていたら、Uターンしたパトカーは私のクルマのぴっちり後ろに止まり、降りてきた警官が「お忙しいところ恐れ入ります」。

バンかけキターーー。
久しぶりの職務質問だった。以前皇居を友人二人と歩いている時に職質にあい、その友人が「任煮の取調べでしたら拒否します」と断固拒否し、困った警官が私に「キミからも説得してよ(苦笑)」と頼まれた時以来の職質。

私は善良な市民なので職務質問には協力的だ。しかしそれは運転免許証や車検証が揃っていて、車内に不審な白い粉やバールのようなものが無い場合の話。
警官に、「免許証見せてもらっていいですか?」と聞かれ、見せようと思ったらパスケースのいつもの場所に無い!
嫌な汗が出る。「ちょっと詳しく話が聞きたいのでこっちに来てくれるかな?」とパトカーの後部座席に押し込められるのかなーなどと思いながらパスケースの中のカード類を扇のように広げて探していると、巡査部長氏が「ん?いまありましたよ。それじゃないですか?」と指差したのが免許証の裏側。
ホッとしたのもつかの間、「場所柄、危険物があるとまずいんでトランクいいですか?」というので「場所柄ってここやばい場所なんですか?」と聞くと「ほら、空港のそばでしょ」
なるほどねー、と思いトランクを見せると傘が一本。「この傘は武器じゃないですよ」というギャグは華麗にスルーされ、無事開放された。
オウム事件のさなか、荷台に電動ライフル3丁ぐらい積んで羽田空港の検問にあったときのほうがドキドキした。

|

« 揚州商人 | トップページ | 交通警察24時!! »

コメント

「警職法」という文字を見て、思わずびびびっと反応してしまいました。
よく警職法第3条関係で警察とやりとりしますので。

投稿: think_i | 2007.02.09 16:04

おー、そうですね。確かに第3条は”そっち系”でしたね(^^;
職務質問(バンかけ)には慣れているつもりでしたが、久しぶりだったのでちょっと緊張しました(苦笑)

投稿: ごつ | 2007.02.09 19:27

自分も職質には協力的(w)ですよ〜
以前、車で寝ていた時に窓をコンコンとされ、職質に。
「珍しい車ですね。ん?これ、さんびゃくななシーシーしか
排気量ないんですか?!」と言われた時には可笑しかったです。
鹿県警では、「職務質問技能コンテスト」なるものが各署
勝ち抜きであってですね、路上で職質されて、ごねる
チンピラ(もちろん現職警察官が熱演)に対し、おどしたり
なだめたりしながら、迫る様は、それは楽しいものです。
まあ自分が対象者だったらと思うと怖いですけど^^;


投稿: しらの | 2007.02.11 11:46

>しらのさん
私も何度か起こされたことがありますが、警察官に起こされるのが一番寝起きが悪いですね(笑)
そのコンテストは聞いたことがあります。他にも逮捕術競技とか興味深いコンテストがたくさんありますよね。
いずれにしろ対象者にはになりたくないですが(笑)

投稿: ごつ | 2007.02.12 23:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53490/13844699

この記事へのトラックバック一覧です: 警職法第2条:

« 揚州商人 | トップページ | 交通警察24時!! »