« うみまる君に、敬礼! | トップページ | 王様のブランチ(この夏注目!横浜新スタイル攻略ガイド) »

2007.05.29

観閲式こぼれ話

Tizu今回の観閲式にはハンディGPSを持参した。当初は相模湾まで出ると思っていたので「これさえあれば自分がどこに居るか判るぜ。うっしっし」と考えていたのだが、実際の観閲式はディズニーシーも見える東京湾内で行なわれた。GPSの軌跡をみると本当に海岸からすぐのところでやっていたのが判る。
転回後軌跡が消えているのは沈没したからではなく休憩のために船内に入り衛星をロストしたため。

Sidakku受閲航空機ではなく、観閲式の一部始終を記録していたMH931「シーダック」

Tuibi1右の不審船を追尾する巡視船。不審船を含め、総合訓練に参加している船は「わたしは演習中である」という国際信号旗をマストに掲げていた。また、不審船を追尾する巡視船は「停船せよ」の信号旗も掲げていた。

Tuibi2ユー、体当たりしちゃいなよ。と言いたくなるくらい気合の入った不審船対応訓練。

Rakko全ての訓練が終わると、参加船艇が自己紹介もかねて観閲船隊をお見送りする。これは鳥羽海上保安部所属PC17「しののめ」。わざわざ鳥羽水族館より借りてきたラッコ。すれ違う間ずーっとお腹の貝を叩いていた。

Indo_1外国からの参加はインドコーストガード「SAGAR」。船首では民族衣装を来た隊員が踊っていた。

Pigaruこちらも関係機関として参加した神奈川県警警備艇「しょうなん」。われらがピーガル君もうみまる君に負けじと大活躍!

Hamatidori2こちらも訓練に参加した横浜市安全管理局「はまちどり2」。やっぱりドーファンカッコイイなぁ。

Umizaru1最後、晴海埠頭に接岸して下船待ちしているとなにやらアナウンスを流しながら巡視船が近づいてきた。どうやら特殊救難隊を宣伝しているようで、2名の隊員が手を振っている。
しかし、その隊員に妙な違和感を感じ、よーく見てみると…

Umizaru2海猿キターー!
伊藤英明と仲村トオルのお面を使ってまでこれでもかとタイアップを利用する海上保安庁。ただし、海猿ファンに言わせると、この2人は特殊救難隊隊員ではないらしい。
ハイ、わたしは海猿を見てません。今回のイベントに向けて予習しようとDVDの準備まではしたんですが…

|

« うみまる君に、敬礼! | トップページ | 王様のブランチ(この夏注目!横浜新スタイル攻略ガイド) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53490/15241375

この記事へのトラックバック一覧です: 観閲式こぼれ話:

« うみまる君に、敬礼! | トップページ | 王様のブランチ(この夏注目!横浜新スタイル攻略ガイド) »