« なんとなくテーマソングは「少年時代」 | トップページ | ラジオCMを追って »

2007.06.10

そろそろ反撃してもいいですよ

携帯電話契約者数の純増減数で一人負けしているドコモが、「DoCoMo 2.0」と称する新キャンペーンを打った。
資生堂が「マキアージュ」や「TSUBAKI」などのブランド立ち上げ時に使ったいわゆる「メガブランド戦略」をとり、人気タレントを8人も揃えてまさに「反撃」にでた。

私がこのCMを見たとき、まああまり期待はしていなかったが実際の携帯電話新機種「ドコモ904シリーズ」を見たときは、あまりの変わらなっぷりに驚いた。
当分は無いと思うが、近い将来iPhoneがドコモで出たとすれば、それはすごい「反撃」だと思う…

|

« なんとなくテーマソングは「少年時代」 | トップページ | ラジオCMを追って »

コメント

このナンバーポータビリティ時代にウィルコムに乗り換えた私ですので
もちろんドコモの携帯や最近のワンセグやらの機能のことは
まったくもって分かりませんが
CM見るとすごい力入ってるな、ってことだけは分かりました。
豪華メンバーですもんね~。

投稿: ロコ | 2007.06.11 19:17

今の渋谷駅ハチ公口駅舎は、ケータイ3社の宣伝競争の場になっています。
その中でもドコモの広告は確かに大きくて力入れているのはわかりますが、で、前と比べて何が変わったんでしょう?よくわかりません。

投稿: 二方面 | 2007.06.12 21:21

>ロコさん、二方面さん

CMに力入れるより他に力入れるところあるだろー…と言ってみたり(笑)
しゃべり放題とかパソコンでのネットし放題とか「お、ドコモも変わったね」と思われるようなサービスはいっぱいあると思うんですけどね。

mova→FOMAクラスの変わりっぷりでないとドコモ2.0って言っちゃいけないですよね~

投稿: ごつ | 2007.06.15 13:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53490/15382286

この記事へのトラックバック一覧です: そろそろ反撃してもいいですよ:

« なんとなくテーマソングは「少年時代」 | トップページ | ラジオCMを追って »