« たまにはジャンクじゃないフードも | トップページ | ふらぁ~~~ »

2007.07.27

懐かしのふるさとへ

Zike1_2営業車で外回りをしていた頃は格好の昼寝スポットだった横浜市北部にある寺家ふるさとの村に自転車で行ってみた。ここにはクルマでは何度も行ったことがあるのだが、クルマでは入れない場所がいくつもあっていつかは自転車で来ようと思っていた場所だ。
自宅からここまで約20キロ。外苑までを考えたら「すぐそこ」感覚だ。案の定1時間半ぐらいで着きさっそく周囲を散策する。

Zike3セミの鳴く声も騒々しいほどだったが、梅雨明けも近く田んぼの稲は青々と育っていた。夜はカエルの鳴き声とかうるさいんだろうなぁ。
道端の小川ではちびっ子がなにやらザリガニかなにかの狩りに精を出していた。ザリガニや沢蟹を取るのは少年たちの通過儀礼のひとつなんだなぁと思う。昔は港北ニュータウンもこんな風景だったらしいし、横浜もすっかり変わってしまったのかとすこしおセンチになってみたりする。

Zike2わき道があったので入ってみる。ランクルでもそうだが、林道を走っていて入れそうな道があったらとりあえず入るのはもう習性といってもいい。「入れたんだから出られる」という(例え行き止まりでも同じ道をバックすれば最終的に戻れる)自信を元に進んで行く訳である。実際の話し、同じ道をバックするといっても来た時に通ったタイヤの跡を同じようにトレースして戻るなんていうのは出来っこない訳で、結局崖からクルマが半分落っこちたり来た時には割らなかったテールランプがなぜか割れたりすることになる。
自転車ならそこはとっても楽で、こんな行き止まりにブチ当たっても楽々戻ってくることが出来る。

当初はこの近辺でだんごとかそばを食べようと思っていたのだが、なかなかこれといったお店が見当たらず、帰りながら適当な店で済ますか、と帰路についた。
Zike4結局メシにありついたのは横浜も旭区まで来たところで、久しぶりにハングリータイガーに入った。久しぶりだったんでメニューの値段を見て「昼に入る店じゃねぇ…」と後悔したが、時すでに遅しで、しようがなく仔牛の骨付き肉とハンバーグのセットをオーダー。ハングリータイガーは昔O-157騒ぎを起こし、狂牛病騒動もあってかなり店舗数を縮小したが、、この味が楽しめる店が減ったのは哀しいことだ。
最近は新規出店もぼちぼちしているようで、頑張って欲しいものだ。

|

« たまにはジャンクじゃないフードも | トップページ | ふらぁ~~~ »

コメント

豪華なランチでしたねー。
仔牛の骨付き肉はウマそー。

舞岡公園にも(規模は小さいけど)こんな風景が見られました。
公園に行かなきゃ見られないってのがちょっと寂しいですが。

投稿: まつい | 2007.07.27 09:59

「舞岡ふるさと村」ですね。こちらは会社に近すぎたので昼寝スポットには向いてませんでした(笑)
田園風景を「見に行く」って感覚がもうさびしいですよね。父の実家なんて見たくなくても強制的に田園風景ですが、それも実は贅沢なことになるのかもしれません。

投稿: ごつ | 2007.07.27 17:49

なんですか、ここは!!!知らなかった。
是非行ってみたいです。
涼しくなったら行ってみます。
ハングリータイガー、うちのすぐそばにありますが
土日の夕方ともなるとハングリータイガー渋滞ができてます。
私はもう何年も行っていません。

投稿: ロコ | 2007.07.27 23:04

夏でも森の中に入ると涼しいですよ~。
営業車でも窓を開ければエアコン止めて昼寝できるほどです(笑)
ハングリータイガーって週末は結構混むみたいですね。今回はガラガラだったのでO-157やBSE騒ぎがまだ引きずっているのかと思いましたが、ちょっと安心です。

投稿: ごつ | 2007.07.28 02:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53490/15912627

この記事へのトラックバック一覧です: 懐かしのふるさとへ:

« たまにはジャンクじゃないフードも | トップページ | ふらぁ~~~ »