« 「銀河」鉄道の夜 | トップページ | 酷鉄各駅停車の旅 »

2007.08.08

ちょっとそこまでラーメン食べに

Kinryu目が覚めたのは京都駅を過ぎたあたりだった。さすがちゃんとしたベッドなだけあってぐっすり眠れた。しばらくポケーっと車窓を眺める。なんて贅沢な目覚めなんだろう。
寝台急行「銀河」は定刻に大阪に着いた。いやー、大満足の夜行列車だった。いままでいろいろな手段で大阪に来たが、たぶんこれが一番だと思う。コストも一番だけど。後は富士ぶさとサンライズの乗り比べですな。

さっそく道頓堀に向かうことにするが、とにかく大阪の土地勘が無い。数年前、路線の簡略図だけを見て梅田から難波までを1キロ弱だろうと判断し、御堂筋を歩いても歩いてもそごうすら見えてこなかった苦い思い出があるくらいだ。
といいつつもまあ環状線に乗ればそのうち難波って駅は出てくるだろうと思い懐かしの103系に乗り込んだ。
しばらく乗っていて、車窓から見えるなんばパークスが一向に近づいてこないことに不安を覚える。ふと環状線の路線図を見ると難波なんて駅がどこにもない。よく見ると今宮という駅で関西本線に乗り換えなければいけないらしい。ということに気づいたのが新今宮駅を出たあたり。ふー危ない危ない。フェスティバルゲートに見とれている場合ではないってこった。

無事道頓堀に着き、まず金龍の下見に行って見た。驚いたことに、9時前だというのにもう店が開いていて、仕事上がりのホストっぽい客が美味そうにラーメンをすすっていた。食べようか迷ったが、朝っぱらからラーメンというのもどうかと思ったので、まずはもうひとつの目的地、肉吸いで有名な千とせに向かった。が、オープン10時半とのこと。立ち食いそばや的に7時ぐらいから開いているイメージだったのでちょっぴりがっくりしながら、こうなったら朝ラーメンや!ってことで金龍食べました。うん美味しい。まあ記録に残るというより記憶に残るラーメンですな。道頓堀という繁華街に面した縁台で食べるというのは楽しいものだ。

ラーメンを食べ終わって本格的にやることがなくなった。一応大学時代の友人に会う約束をしていたのだが、それも昼過ぎから。携帯電話の電池残量も乏しくなっていたので充電もかねて漫画喫茶に入り、時間まで鉄子の旅を読む。やばい。面白すぎる。
お昼近くになったので漫画喫茶を出て友人と合流。前回神戸に来たとき以来の再会。早速千とせに行き私は肉うどん、彼は肉吸い+大玉(大盛り卵ご飯)を食べる。う~む、ここも記録ではなく記憶に残るうどんですな。
Motsu夜は大阪帝国ホテルに泊まろうと思っていたのだが、彼が「ウチに泊まってきなよ」と誘ってくれたのでお言葉に甘える。
夜ご飯はガーデンバーベキュー。ネタは牛もつ。これがまたとろける美味さでびっくりするほどおいしかった。なんでもこの地は神戸牛の中でも美味しいとされる三田牛の産地で、その三田牛の牛もつなんだそうだ。まさに地産地消。

大変美味しいディナーバーベキューの後は、たまたま地元でやる花火大会に行ってみた。まーなんて充実しているんでしょう。
Hanabiこうして大阪夏の陣二日目の幕が落ちたのであった。

|

« 「銀河」鉄道の夜 | トップページ | 酷鉄各駅停車の旅 »

コメント

うーん、青春18切符を金券屋で買えたのか、気になりますヨ

投稿: think_i | 2007.08.09 23:07

緊迫の次号を待てっ!  です。
たいしたオチはありませんが(^-^;

投稿: ごつ | 2007.08.10 16:49

おお、金龍!昨日食ってきましたよ。考えてみれば、今回関西行って、マトモな食事はこれしかなかったなあ・・・。でも暑いときに熱いものを外に面した場所で食べるのも、なかなか良いものでした。

投稿: 二方面 | 2007.08.12 10:24

金龍が一番まともな食事だったんですか?
まあそれもまた良しですな(笑)
ホント縁台で食べるラーメンはいいですよね~

投稿: ごつ | 2007.08.12 21:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53490/16048588

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっとそこまでラーメン食べに:

« 「銀河」鉄道の夜 | トップページ | 酷鉄各駅停車の旅 »