« ランクル200 | トップページ | 遅ればせながら »

2007.11.02

まあ、よくあること

かどうかは判らないが、307CCに限らずプジョーのオーナーさんのブログをいろいろ見てると、すかなからずプジョーアシスタンスを利用している方がいらっしゃる。
私だって営業車を2回ほど出先で引き上げられたことがあるので、それが多いのか少ないのかはなんとも言えないが、ウチのクルマが車両積載車に乗る姿なんていうのは想像したことが無かった。
DonadonaウチのCCは純正オーディオをグローブボックス下に移設しているのだが、それがだんだん下がってきて邪魔になってきたのでどうしたもんかといろいろ見ているうち、気がついたらハザードがついていた。おや?と思ってハザードスイッチを押しても消えない。
おかしい。キーを差してひねってもセルは回るがエンジンかからず。いきなりワイパーが動き出したりしてなんか嫌な予感。
といっても電子化された最近の車はワケわからんので素直にプzショーアシスタンスに電話して写真のような状況に相成った。
それにしても積車が駐車場まで入ってこれなくて困った。ウチの駐車場はマンションの軒下を通るので最低車両高2mの規制がある。積車はギリギリ入れるのだが、307CCを積むと出られなくなるとのことで外に止めた積車までエッチら人力で押すことに。さらにトランクが開かず牽引フックをかけるアイボルトが出せず、フレームにストラップをかけて引っ張る。いやまぁ大変でした。

Aruharetahirusagariこんなのを見て思い出すのが学生時代のときのこと。友人のランタボで関越の水上にスキーに行った帰り、オーナーから「今クルマの調子が悪いから絶対に時速100キロ以上出さないこと」と厳命されて私がハンドルを握った。関越道下り、渋川伊香保インター手前の長い下り坂を快調に飛ばしていた私がふと速度計を見ると、針はぬうわという数字(?)を差していた。あれ?なんかこれってヤバ…と思った瞬間に「バシュン」という音がしてタコメーターの針がストンと落ちて目の前の警告ランプが全部点いた。
「あの、エンジン止まっちゃった」と後ろで寝ていたオーナーに報告すると、寝ぼけまなこで外を見たオーナーは「うそつけ。動いてんじゃん」といった。そりゃそうだ。伊香保インターの長い下り坂、惰性で80キロ近いスピードでまだ動いていた。
瀕死の、というか死亡したランタボは伊香保インター手前100メートルほどのところで力尽き、とりあえず路肩に止めた。「おいどうする?」「どーしよ」「まず発炎筒だろ」「それだ!」
心なしか楽しそうに発炎筒を擦る私。あれって結構熱いんですよ。
「つぎどうする?」「どーしよ」「非常電話でしょ」「それだ!」
心なしか楽しそうに非常電話を探す私。そのとき、後ろにトラックが止まった。道路公団の工事車両だった。
作業員の方が「どーしたの、こんなところに止まっちゃって」「エンジンが止まっちゃって」なんて会話をしているとトラックの運転手からうれしい申し出。「そっちさえ良ければトラックで押してあげようか?」
公団のトラックはフロントバンパーが車止めも兼ねているので異様に大きくて頑丈そう。オーナー、楽しそうに「お願いします」ということで全員車に乗り込みトラックにランタボを押してもらう。トラックは料金所手前の詰め所に入るとのことで料金所は人力で押して出た。
皆さん知ってます?料金所を車を押して出るとき、軸重計にうっかり人が乗ると料金所のおじさんがすごく怒ることを。私は怒られて初めて知りました。
で、料金所を出て途方に暮れる間もなく電話帳でレンタカー屋を探し、積車を借りて川崎まで戻ってきたのであった。
当時行政指導もありレンタカーの乗り捨て料金はとても高かった。川崎から高速使って車を返すよりも乗り捨て料金のほうが高いのだ。というわけで、別のちゃんと動く車を載せて積車を返しに行った。
その帰り、「道の左側に吉野家があったら運転交代」というルールのおかげでほとんど私が運転して帰ってきたのもいい思い出。

あれから考えれば電話一本でクルマを引き取り、レンタカーまで配車してくれるなんて、世の中が便利になったのか私が昔の心を亡くしてしまったのか。
今月で納車1年。12ヶ月点検もかねて見てもらうことにしたので、新生307CC近日中デビューでございます。多分。

|

« ランクル200 | トップページ | 遅ればせながら »

コメント

キター!

投稿: 青軍 | 2007.11.03 01:36

ごつさんとこのはけっこうMFBエラー頻繁に出てたみたいですから、これは逆にいろいろみてもらうに、いいキッカケだと(違)

しかし写真のファイル名は今回も笑えますな。

>皆さん知ってます?料金所を車を押して出るとき、軸重計にうっかり・・・
ないない。そんな光景めったに。

ちなみに私の車積載車歴は、奥多摩で自爆自走不可になった92LEVINです。自宅まで、たぶん新幹線で東京・福岡往復できる以上のお金払ったような・・・タダのプジョーアシスタンスはすごいや~(違)

投稿: みっちー | 2007.11.03 10:31

うわ!一晩寝て起きたらなんか文章が増えてるぞ!wwww
トランポ自慢なら負けないぜ! GTOで甲府昭和IC付近でぬうわkm/hで2速に落としてエンジンブロー、コンロッドがオイルパン突き破ってその場でJAFにご入会(牽引で甲府のディーラーに入庫 JAF入会金のみ)、レンジで朝霧高原のミルクランド駐車場でオルタネータが逝ってエンジンかからず(相模原の例の店まで 修理費込みで18万)、CCはご存じ函南町役場前(沼津のディーラーまで アシスタンス適用も、後でいろいろ問題が)・・・アレ?乗った車全部トランポに載せてんな〜
2代目は・・・2代目は岩手の山の中でシステムダウンとかやめてねwwww
車が止まる恐怖って、国産車に乗る人は考えたこともないだろうけど、外車乗りっていつもどこか心の片隅に抱いてますよね。

投稿: 青軍 | 2007.11.03 11:48

>青軍さん
/(^o^)\

>みっちーさん
AE92とかS13とかって積車の上が似合う車ですよね(笑)
プジョーアシスタンスのおねえさんはまるで自分が壊したかのように低姿勢でした。
いつかこうなるとは思っていましたが、まさか自宅からとは思いもしませんでした(^-^;

投稿: ごつ | 2007.11.03 12:25

>青軍さん
誰も見てないと思って記事追加したんですが…(笑)
トランポ自慢、新たなジャンルですね。ちなみに1.5tの積車にランクル80を積むと自動的に過積載になるのは豆知識です。
レンタカー屋でバイトしていたので車積載車の総運転時間なら自慢できますが、自分の車が運ばれたのは今回が初です(^-^;
GTOはともかく、レンジなら積車は「よくあること」ですよね?きっと…(笑)

投稿: ごつ | 2007.11.03 14:48

記事と関係ないですが、今日はお疲れ様でした。
(じゅんこさん、遅くまで引き止めたのは私です。スミマセン...)

で、一緒にSWに戻りますか?(笑)

投稿: なかがわ | 2007.11.05 23:11

ども、お疲れ様でした。
SWは「アリ」でしたね~。これならかいちょーもきっと許してくれるだろうし(笑)
将来的なプランのリストには入りましたネ。

投稿: ごつ | 2007.11.07 01:40

メガーヌ乗りのマイミクさんが仰っていました。
フランス車オーナーは故障のたび、「ふっ。またかい・・・」
イタリア車のオーナーは自慢する。「はは!ちょっと聞いてよー。また、ヤっちゃったよ。」
ドイツ車のオーナーはディーラーにどなり込む。「カ●ーラだってこんな故障しないゾ!!!」・・・そして、周りには黙ってる。

投稿: まつい | 2007.11.08 19:15

>まついさん
で、日本車オーナーは車が壊れるということを知らない、ですね(笑)
世界中で日本車が売れる理由が、よーくわかる気がします。

投稿: ごつ | 2007.11.08 20:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53490/16956564

この記事へのトラックバック一覧です: まあ、よくあること:

« ランクル200 | トップページ | 遅ればせながら »