« 鬼 | トップページ | 秋の富士 ああ秋の富士 秋の富士 »

2007.11.21

秋の伊豆を訪ねて

Kameisitouge_2週末、伊豆に行ってみた。箱根から熱海に下り、そこから海沿いを南下し大室山のふもとにある「風曜日」というペンションに逗留した。
ここは206SWを購入した頃にも泊まったペンションで、同じペンションに二度泊まるというのはウチではなかなか無いのだがここは夕食がとても美味しいのでちょっとリピートしてみた。
ここの夕食の目玉はなんと言っても伊勢海老が乗ったパエリアとステーキ。ステーキはなんと食べ放題だ。しかしパエリアの量もたっぷりあるのでなかなかステーキまで手が回らない。
前回はなんとか1皿お代わりしたが今回はお代わりできなかった。
翌日、伊豆を縦断しようと国道135号をさらに南下し下田を目指す。途中、伊豆バイオパークのそばで風車を発見。ナビには何も載ってないし看板も見当たらないが、とりあえずバイオパークを目指してハンドルを切り、山道を登ってみる。
Huusya_2バイオパークのちょっと手前で「風車→」という小さな看板を発見する。しかしその→の指し示す道は車一台がやっと通れるくらいの細い砂利道。307CCは兄弟に307WRCというラリー車を持つくらいなので、やればできる子!と気合いを入れて進入すると、そこはグラベルとターマックが交互に出てくる難易度の高い道だ。超慎重に登り、視界が開けると、そこには風車が3台!
ここは東伊豆町風力発電所という町営の発電所。今は3台だが今後さらに増える計画があり最終的には20台以上になるとか。ホント?ここは本気で発電所として風車を置いているようなので「3台じゃ足んねー」ってことなのだろうか。
三浦市や横浜市神奈川区でも風車は見れるが、このどちらもデンマークのVESTAS社製だ。(三浦市の風車はMICON社製だが後にVESTAS社と合併)
それに対し東伊豆の風車は三菱重工製。メイドインジャパン好きなワタシに刺さった。これは。風車の正式名称なんて「三菱風力発電装置」だ。カッコよすぎる。デンマーク人には名づけられないこのセンスを私は誇りたい。

Rupukyou次に向かったのは河津ループ橋。この橋は橋梁・鋼構造工学での優れた業績に贈られる土木学会田中賞を1981年に受賞した名橋。伊豆市と下田市との高低差約50メートルを道路を2周させることで解消したこの橋はとても面白い橋だ。橋脚のどこかに土木学会田中賞受賞記念プレートがはめ込まれているはずなのだが、1.5往復したが見つけられなかった。ちょっと残念。
この橋が完成したのが81年。それ以前は山肌に沿って国道がつづら折りで張り付いていたというが、その国道も見てみたいと思い痕跡を探したが見当たらなかった。81年なんてつい最近である。いったい国道はどこに消えたのか…

Rupukyousinnnyuuよく考えるとレインボーブリッジの都道482号やベイブリッジの大黒パーキングに向かう道などループ状になっている橋は珍しいわけではないが、なぜか河津ループ橋には心が惹かれる。
橋をじっくり堪能したあとは伊豆に来たらここ!の天城越え。新天城トンネルは何度も通ったことがあるので、今回は旧天城トンネルに行く。
ところが、週末は旧道が一方通行になるとのことで伊豆市側から入ってほしいという看板が旧道入り口に立っていた。やむを得ずいったん新トンネルで伊豆市側に出てそこから旧道を後戻りすることにした。
旧道に入るとハイカーがやたら多くクルマで走る雰囲気ではなかった。でもあちこちに立つ誘導員は別に変な顔をするでもなく誘導してくれるので入っては良いんだろうけど…最徐行でハイカーを抜くときも視線がちょっと痛い。
旧トンネルの入り口では伊豆の踊り子さんが提灯を配っており、それをぶら下げてトンネルを歩いてみようという案配らしい。
Izunoodorikoちょうど一年前、ここで同じようなクルマで同じような写真を撮っている方がいるが、よくまあ道路をふさいで写真が撮れたなぁと思う。私も同じアングルで撮ろうと画策していたのだが、車も人もひっきりなしで間隙を突いて何とか撮れた。こう見るとまだまだ封鎖が甘いですな。これじゃ簡単に突破されてしまう。

橋とトンネルという2大土木建築を堪能し、あとは帰るだけ。帰路の伊豆スカイライン亀石峠にあるスカイポート亀石で夕焼けとCCの写真を撮り、さらに熱海峠から国道1号(旧道)から箱根湯本、小田原と順調に進み無事帰宅した。

|

« 鬼 | トップページ | 秋の富士 ああ秋の富士 秋の富士 »

コメント

土木建築物
風車も入れてやって下さいな。
アレの基礎は某ゼネコンも多数施工してまして
(この間東北で基礎ごと折れたのは内緒)
今度、淡路島にもおっ建てる予定です
そんな工事の保険でおまんま食っておりますのワタクシ

投稿: ダマ | 2007.11.21 23:39

そりゃもちろん風力発電所はりっぱな土木ですね~
東伊豆の発電所は細い山道の先にあるんで特殊な運搬機を使って資材を運び、狭い場所でブレード(羽)を設置する工法を取ったとか。
東北で折れたのって基礎は関係なかったんじゃなかったっけ?

投稿: ごつ | 2007.11.22 00:42

天城トンネル旧道をオープンで行っちゃいましたか!そりゃちょっと「ぽっ」ですねー。今、あそこは舗装されたんでしたっけ?前は砂利道だったんで、オフ車で攻めるのが楽しかったんですけどね。

投稿: みっちー | 2007.11.24 15:35

舗装はされてなかったっすよ。フラットダートです。
気分はWRC…で走ったら「年末スペシャル衝撃映像蔵出し100連発」に出れます。

投稿: ごつ | 2007.11.24 18:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53490/17137970

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の伊豆を訪ねて:

« 鬼 | トップページ | 秋の富士 ああ秋の富士 秋の富士 »