« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007.12.29

懐古趣味

「昔の鉄道建設時代の色々な思い出話を聞きますと、到底世知辛いこの頃では、見られない痛快味のある技術者が多かったようです」「事実技術者としても、個人的な特色のある頑張り屋は、だんだんなくなって来た様に感ぜられます。これも時代の然らしむる処で、仕事が多くなり、複雑になり、専門化されて、万事共同作業が必要になってきた今日、昔のように個性をむき出しにして意見を固執し、頑張りあったのでは、到底仕事にならないでしょう。しかしともすると理屈無しに妥協的になりがちなこの頃の気分を見ますと、昔の生き方にも共鳴するところがあります。」「昔から名匠達人の極意は、いわゆる虎の巻で、これはただ多年の年期をかけてのみ、体得できたものであって、最近の様にどんな事でも、科学的に調べ上げて、これを知識として一般化して行くのとは、行き方が大分違います。」

これは最近読んだ鉄道の土木工事技術者の書いた回顧録の一部だ。東海道新幹線建設に携わった団塊の世代が書いたといってもいいような文章だが、実は書かれたのは昭和9年、熱海と三島を結ぶ丹那トンネル工事の話である。冒頭の「昔の鉄道建設の時代」は明治時代のことである。

昭和9年に「昔は良かった」と言っているのだ。
ほかにも荒くれ者の職人さんたちは紳士淑女の社交場であった熱海では嫌われていたとか、湯河原の下を通るトンネルも計画されたが湯河原温泉が枯れたら困るので計画は立ち消えになったとか面白い話がてんこ盛りだった。

鉄道省熱海建設事務所編 『丹那トンネルの話』 本は非売品だが全文がネットで読むことができる。
リンク先では土木学会が選ぶ戦前土木名著100書がすべてネット上で読むことができる。丹那トンネルの話以外にも面白そうな本がたくさんあるのでぜひ読んでみたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.12.27

近江商人の如く

「買い手良し、世間良し、売り手良し」の「三方良し」。これは近世日本で複式簿記などを独自に開発した近江、今の滋賀県を中心に日本を席巻した近江商人の商売における心得だ。
まず商売相手が儲かり、世間が潤って最後に自分に利益があれば皆んなハッピー。
サンタさんからプレゼントを貰うのもまさしくこれと同じだと私は悟った。つまりビジネスなんだ。

今年も我が家にサンタさんはやってきた。サンタさんは私が虎視眈々と狙っているプレゼントをすでに知っている。そして言わずもがなの渋い顔だ。
ビジネスは常に先手必勝。なんだか去年も同じような手法を使った気もするが、今年もサンタさんへのプレゼントを見に今回は池袋に繰り出した。
しかし、去年と違い今年のサンタさんは手強い。ちょっとやそっとの取引では納得してくれない。あっちを見てこっちを見てようやく決まったサンタさんへのプレゼントはかなりの予算超過。年が越せなくなる恐れもあるが、これも先行投資。後々のことを考えれば安い安い(こともない…)

さて、次はいよいよ私が交渉する番だ。
ターゲットはソーラー電波時計。シチズンかセイコーかで迷いに迷ったが、ここはひとつセイコーに的を絞って交渉する。
セイコーという時計メーカーがいかにすばらしいか、東京オリンピックの公式計時メーカーとして史上初のクレームゼロを達成したことや世界初のクオーツ式腕時計を発売したこと、そして実はセイコーブライツを作っているのは我が家で今使っているパソコンやプリンターを作っているセイコーエプソンなのだということを切々と説いた。
交渉の末、サンタさんは腕時計をプレゼントしてくれた。
Satankurosu
私がサンタさんにプレゼントしたものとバーター取引をしただけ、という見方もあるが、これぞWin-Winの関係。まさに三方良しならぬ二方良しだ。
それにしてもブライツ、かっこいい…一生大事にします。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007.12.21

おねだリスト掲載か

私も男の子のはしくれ、時計とか何気に好き。
でも舶来の時計にはあまり興味がわかない。パソコンならIBMより日本電気、小銃ならコルトより豊和工業、戦車ならジェネラル・ダイナミックスより三菱重工だと思う生まれついてのメイドインジャパンフェチな私にとって、時計といえばやっぱりセイコー
十年ぐらい前から愛用していた太陽電池時計のアテッサが、満充電させても1日持たなくなってきたので代替を検討してきた。
第一候補はセイコーのソーラー電波時計なのだが、シチズンのアテッサも10年来使ってきて愛着のあるブランド。セイコーならブライツが欲しいところだがちょっとお高い…。シチズンならもちろんアテッサに決め!だが、いろいろ話を聞くと電波時計の場合「針補正機能」が必須らしい。アテッサで針補正機能を装備しているのはジェットセッターシリーズだけなのだが、これがいまいちタイプではない。
うーーん、悩む。パソコンのプリンターをエプソンにするかキヤノンにするか悩んだ時よりはるかに悩む(^-^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.12.20

完熟走行

Yabitu車検終了後、ランクルでは久しぶりのドライブを愉しんだ。
およそ8ヶ月ぶりのマニュアルトランスミッション車だが、特に何の問題も無く運転できた。(もうちょっと戸惑うと思ったが…(^-^;)
宮ヶ瀬ダムを抜け、ヤビツ峠に行ってみた。秦野側から峠までは時々行ったことがあるのだが、宮ヶ瀬から通しで抜けるのは10数年ぶり。といっても道の広さは相変わらずの狭隘っぷりで、対向車との行き違いも相変わらずの困難さだった。
峠を秦野側に少し下ったところにある展望台はすっかり綺麗になっていたが、期待していた富士山は見えなかった。ただ、眺望は抜群で熱海沖にある初島から江ノ島まで霞みながらも望むことが出来た。
そのまま峠を下り国道246号で帰宅した。

Yakinikuyaitemoieyakuna夜ご飯はボーナスも出たことだし、ということで肉。
藤沢にある「焼肉ざんまい」へレッツらゴー!
ここは盛りよし味よし値段よしの大満足店。漫画に出てくるような大盛りのどんぶりメシに山盛りサラダが大迫力だ。
カルビにロースにあれやこれや頼んで酒無しで1人2500円で満腹満腹。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007.12.19

ランクル再生計画その3 ~完了~

Tukiakarinorankuruいよいよ車検当日。インターネットで予約した時間は午前中だったため、早起きしてまずは洗車場へ行きクルマを綺麗にする。
クルマ屋さんで働く知り合いから、「車検に出す時は下回りにシャシブラックを吹くのは大人のマナー」と聞いたことがあるが、あいにくその時間もお金も無い。代わりに丁寧に、下回りは特に念入りに洗車をしてみた。
車内に掃除機までかけてピカピカにし、相模原にある車検場に向かいいよいよ初めてのユーザー車検へ。

11時過ぎに車検場に到着し、手続き開始。まずは払っていなかった自動車税をはらう。
ランクルの車検は19年3月に切れており、19年4月時点では車検が切れていたので自動車税は払わなくていいと思っていたが、これは大きな勘違いで4月の時点でクルマの所有者ならば自動車税は払わなければいけない。
という訳でゴメンナサイしつつ自動車税を支払う。
次が車検を受けるための書類の準備だが、初心者は代書屋さんに書いてもらうべしと聞いたので素直に代書屋さんへ。ここで書類を書いてもらいその後の手続きの手順をいろいろと教えてもらう。代書の手数料900円はこのレクチャー代も入っていると思えば安いものだ。
次が自動車重量税と車検の検査手数料の支払い。これが終わればいよいよ検査に進める。

Syakennレーンをクルマで進みながら流れ作業で検査を進めていく。
最初は灯火類などの外観検査。しょっぱなから「ナンバー灯が二つとも点いてませんよ」と指摘を受ける。ランクルはしょっちゅうナンバー灯が切れるのだが、二つ切れるとなるとバルブ以外の問題も頭をよぎる。グリルガードにつけたフォグランプも片方バルブ切れ…
指摘された事項は検査終了後に修理をすれば再度検査を受けられるので、ひとまず次の検査に進む。

一番不安だったサイドスリップは問題なく終わり、下回りもシャシブラックを吹いていないにもかかわらず合格。
ブレーキテストは一度NGが出たが、ネットの書き込みで「床を踏み抜く気合でブレーキを踏まなきゃダメ」と書いてあったのを思い出し、渾身の力を振り絞り、ブレーキペダルが折れるくらいに踏み込んで合格。

最後が光軸検査。はっきり言ってこれは合格する気がしなかった。のでダメもとで検査を受けて案の定不合格。

1回目の検査終了後、まずナンバー灯のバルブを確認する。よかった、両方ともバルブが切れていた。続いてフォグランプの取り外し。まあ以前から交換したいと思っていたフォグなので撤去。
光軸修正は素人がやると泥沼にはまるので、予備車検場という車検場周辺にある修理屋さんにクルマを持ち込んで調整してもらう。ついでにバルブも交換し2回目の検査に向かう。
と、ここで時計は12時3分。車検場は国交省の外部機関であり、いわゆるお役所である。列にどんなに車が並んでいようと12時になったら自動的に昼休みだ。私も仕事ではお昼休みはきっちりとるし、場合によってはシエスタも取るのでこれに関しては異論は無い。近所のホカ弁屋さんでからあげメンチカツ弁当を買い、車検場の駐車場で食べ午後の検査に備える。

午後の検査が始まり、保安部品の再検査は問題なく合格。光軸検査は一度NGが出たが、ブースにいた検査員からマイクで「そのランクル、クルマを一度まっすぐに停めなおしてからもう一度検査してみて」とアドバイスをもらい、無事合格して私のユーザー車検は終わった。
Syakentottado終わってみれば至極簡単、検査員も「初めてなんですぅ」と潤んだ瞳でアドバイスをもらえばみんな親切に教えてくれるし、一度はやってみるもんだと思った。費用のトータルは、滞納していた自動車税を抜かせば、
重量税   18,900円
自賠責保険 35,060円
検査手数料 1,500円
光軸調整  2,000円
バルブ    300円
代書     900円
-------------------
合計   58,660円

ランクルは商用車なので1年車検だし、消耗品の交換もしていないのでこの金額だがやっぱり安く済んだ。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2007.12.18

ランクル再生計画その2 ~起動~

Hukkatuというわけで再生バッテリーが届いた。予想に反してピカピカで、外観だけなら新品同様だ。早速ランクルにセットし、恐る恐るキーををひねると…一発始動!すばらしい。これで再生の一歩を踏み出した。
いつも以上に暖気をし、駐車場内をぐるっと走ってみるが、特に異常は無く8ヶ月近く放置していた車とは思えない。
ただ、タイヤの空気は若干抜けフラットスポットができているところだけが気になった。

続いて仮ナンバーの取得。
車検が切れていると公道は走れない。車載トラックは借りると高いしここはやはり仮ナンバーで自走がベスト。
正式には臨時運行許可証という仮ナンバーを取るのは初めてなのだが、いろいろ調べると驚くほど簡単らしい。
ただ、自賠責保険に入っているというのが最低条件なのでプジョー藤沢で自賠責を契約する。他に自賠責の契約ができるところが思いつかなかったが、担当営業マン氏は快く応じてくれた。(ってあたりまえか…(^-^;)
Karinannba自賠責保険の証明書と古い車検証、免許証などを持って区役所に行き、750円の手数料を払うと3日間有効の仮ナンバーをくれる。これで大手を振って車検場まで行ける訳だ。
中には無車検状態で車検場に行くつわものもいるようだが、わずか750円で合法で走れるのだから何も無理することは無いと思った。(なにしろ無車検運行は6点減点、一発免停のうえ6月以下の懲役又は30万円以下の罰金である)

というわけでいよいよ車検場に行くの巻きに続くのである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.12.17

メガ…

Megatamagoちまたでは「メガシリーズ」が大人気だ。JRの立ち食いそば「あじさい茶屋」でもメガたぬきつねと称し「麺は1.5倍!たぬきは2倍!やわらか大判きつねで食べ応えばつぐん!」なるメニューがデビューするほど。まあ常盤軒のおこのみうどんはこれをかなり先取りしたメニューではあるのだが。

というわけでメガシリーズ生みの親、マクドナルドが2匹目、3匹目のどじょうを狙って売り出したメガタマゴを食べてみた。マクドのホームページを見るとメガタマゴとメガトマトで紅白メガで年忘れ!というコンセプトらしい。気づかなかった…
実際目の前にすると、目がマックのときも同じように思ったが「言うほどでデカく無いな」と感じる。月見バーガーはマクドの中でも好きなメニューなので、タマゴが入っているのはポイント高し。
言うほどデカく無いとは思うがさすがビーフパティー3枚は食い応えあり。程よく満腹になった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007.12.13

ランクル再生計画その1 ~つまづき~

今年の3月末に車検が切れ、文字通り放置していた。冬に入りスキーにも行かなければならないし特雪も撮りに行かなければならないし…で車検を通すことにした。
いままではショップに出したり格安車検に出したりしていたが、サブプライムローンも破綻したことだし初めてユーザー車検に挑戦することにした。
ランクルのエンジンを最後に掛けたのは5月あたま。久しぶりに駐車場に行き、もはや不動産に成り下がったランクルの鍵を開ける。もちろんパワードアロックなど効かず、エンジンは掛からない。
まずエンジンが掛からなければ車検云々以前の話なので、カーショップにバッテリーを見に行く。
ランクルのバッテリーはでかくて高い。セルシオなどと同じバッテリーなので安いものでも1万円以上する。
ヤフオクを覗くと、充電器が7~8千円で出品されていたので飛びついた。で、安物買いの銭失い。
Batsuteri届いた箱を開け、うきうきしながらブツを取り出す。説明書の1ページ目に「過放電されたバッテリーの充電には使えません」とサラリと書いてあった。
ダメもとでつないでもやっぱりうんともすんとも言わず。あ~、ヘタこいたぁ~…でもそん(略

という訳で再生バッテリーを購入し、届くのを待っている状態。優秀なトヨタのエンジンだから大丈夫だとは思うが、はたしてバッテリーを交換しただけで半年間眠っていたエンジンは掛かるのだろうか。一抹の不安を残して、次号に続く…

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007.12.10

FFE+プジョーな忘年会

Migimohidarimohuransusyaフランス車乗りが集まってうだうだするだけのゆるーいイベント、FFE(フレンチフレンチイースト)が例によって完全日本資本のカルフール町田店であったので行ってみた。
規模が大きいわりに主催者は参加者完全放置プレーのこのイベントは何気に面白い。誰が来ようが誰が帰ろうが一切関知しない主催者はある意味偉大だと思う。
カルフールそばの駐車場に集合時間の1時間前に着いたら入り口にチェーンが張ってあり入れなかった。ただ待つのもなんなので給油でもするかと思ったのが間違いの元。行こうと思ったスタンドが潰れていたり、別のスタンドに行ったらまだ閉まっていたり、途中で犬の散歩をしている私の会社の社長を目撃したりで結局遅刻してしまった。まことに申し訳ありませんでした。

Rikkuという訳で隊列を組んで入場。で、本当にやることも無くみんなとダベる。
みっちーさんが10-20mmの広角レンズをゲットしたとの事で試写。
りっく様の物憂げな表情がいい。うーーん、いいなぁ広角レンズ。でも望遠も欲しいし、レンズ沼怖えぇ…
3000円買い物をすると駐車場が3時間無料になるのでいろいろ買い込んでいったん中抜け。プジョーな皆さんは港北でスロットカーで遊んできたようで、そちらは次の機会に行ってみたい。

Syabusyabu夜は忘年会。場所は北品川の御殿山トラストタワーにある御殿山ガーデンレストランにてしゃぶしゃぶ食べ放題。肉も美味しかったが何しろ盛り上がったのはつちだ。さんとのヲタク話。まさかプジョーに乗ってるようなオサレな人と「251煙見えない」的な話で盛り上がれるとは!
携帯電話ブランドははやっぱり「J(JRC)」だとかTX/RXランプのつくスピーカーマイクはカッコイイだとか至急報はカミカミなのが萌えるとか…久しぶりに濃いネタで盛り上がった。つちだ。さんはホンモノだと思った。

二次会は品川プリンス地下でカラオケ。店名が「カラオケ山手線」。変な名前だなぁと思ったら部屋に山手線の駅名がついているなんとも変わったカラオケ屋だった。
アニメソングで盛り上がれという趣向だったので、小公女セーラとかニルスの不思議な旅などのアニメソングで大いに盛り上がる。まさにPTA推奨カラオケ。

しゃべりすぎ&歌いすぎでのどを痛めた一日だったが楽しい一日だった。
また来年もよろしくお願いします。よいお年を~

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007.12.06

久々横浜グルメ

横浜周辺を仕事で回っていたころは、横浜ウォーカーなんぞに頼らなくてもおいしそうなレストランや面白そうな施設のネタは自分の足で拾ってきたものだ。
東京で仕事をするようになって2年、ヨコハマもすっかり変わっちまったゼ…なんてたそがれるほどのもんでもないが、気になっていたレストランなんぞを何軒か回ってみた。

1軒目は横浜ポルタロッテリアの向かい側にオープンしたハゲ天 天茶房。ここは銀座の名店ハゲ天がコース料理の最後に出していた天茶(天ぷらのお茶漬け)を専門に出すお店。
今回食べたのはえび天茶セット。さくさくな野菜てんぷらとぷりぷりなえび天のセットで、お代わり自由のご飯とデザートがついてくる。
鰹だしがきいたほうじ茶をご飯に乗せたてんぷらの上にたっぷりかけてさらさらとかきこむ。これがうまい。天ぷらのお茶漬けというと油でギトギトというイメージがあったが、実際食べるとそんなことはまったく無かった。
味のファーストインプレッションはマルちゃん緑のたぬきなのだが、特にえび天は(あたりまえだが)レベルが違う。
だしはほうじ茶のほかに豆乳もあるそうだが、それを試す勇気は無かった。

Kusiage2軒目はルミネ横浜の6階にできた串亭。大阪の串揚げをおしゃれにしたらこうなったそうだ。
「おきまり」という2800円のコースを頼む。最初に出てきた串揚げが牛ロース。とても柔らかでジューシーなロースがたまらない。
コースは8本の串が出てくるが、これとは別に職人お任せで2本頼んでみた。
「え?私にお任せですか?な、何にしよっかなぁ~」と悩む職人に軽く萌えながら待っていると、出てきたのはアスパラとフォアグラの串揚げ。くっ、高いもんチョイスしやがって…と思いつつ食べてみるとこれがうまい。フォアグラがうまいのは当たり前のような気もするが、アスパラがすごい。以前群馬のペンションで食べたようなぶっといアスパラ一本を丸々揚げたもので、肉厚もたっぷりでとってもジューシー。かじったところからポタポタと汁がたれてくるほどだ。
以前大阪新世界に行ったとき、時間が無くて串揚げ屋さんには入れなかったのだが路地に並ぶ串揚げ屋さんの軒先はそこを通るだけでも中に入りたくなる魅力があった。吉野家の牛丼と叙々苑の牛丼ぐらいの差があるとは思うが、串亭の串揚げは確かにおいしかった。そして大阪の本場串揚げが食べたくなった。
ちなみに串亭はソースは自分の皿に用意されるので2度漬けようが10万度漬けようが自己責任です。

Mabodouhu3軒目は地元戸塚で見つけた中華料理屋。
西友戸塚店向かい側にある廣東菜館というお店。以前は高級立ち食いそば(テーブル席のある立ち食いそば屋さんを私はこう呼称する)があった場所で、そば屋もおいしかったのに短期間で姿を消して中華料理屋がオープンした。
今回食べたのはマーボー丼セット850円。マーボー丼にザーサイとワンタンスープに杏仁がつく。
ほどよいピリ辛とたっぷりのワンタンがうれしい。丼も盛り良しなのでお腹も満足だ。
完全地元密着のお店だが、ここは夜の11時までやっているというのもうれしいところ。残業で遅くなると、戸塚駅西口でご飯を食べるとなると実はこれといったお店がないのでここはかなり貴重だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.12.03

中国海軍がやってきた

Sounandesu「左手にナイフを持ちながら右手で握手をする」
軍隊の親善訪問なんてそんなものなのかもしれない。
先日、中国海軍の駆逐艦「シンセン」が日本との防衛交流の一環として親善訪問し、自衛隊と親交を交わした。
もちろん相互親善訪問にまったく意味がないとは思わない。お互いが戦争の危機に陥ったとき、今まさに引き金を引こうかという時に「そういえばあの時あいつらと飲んだ酒はうまかったなぁ。もう一度あいつと話し合ってみるか」なんてことがきっかけで第三次世界大戦が回避されるのであればバンバン親善し合って欲しいものだ。
本当だったらアメリカ海軍ならいざ知らず、中国海軍の艦船なんてどれを見ても違いはわからないし、興味があるかと言われれば無いと言わざるを得ない。
ところが、「シンセン」が日本を出発する前日、Blueforceさんより「明日シンセンを撮りに観音崎に行きます」とメールを受領す。観音崎かぁ…最近行ってないなぁ。久しぶりの休日休みだしちょっくら行ってみるか…と決めた。
Sinsen観音崎をゆっくりと南へ向かう「シンセン」。冷戦期なら有り得ないことだが、この駆逐艦の武装にはフランス製の物も装備されている。搭載されるヘリコプターもユーロコプターのドーファンをライセンス生産したものだ。イデオロギーの時代は終わったのだということを感じさせる。
それにしても色が特徴的だ。例えば陸軍の場合、軍服の迷彩色はその国の土地に溶け込むようにするため国によってかなり違ってくる。海軍なら世界中海なんてどこに行っても同じだと思うのだが、艦の色も国によってそれぞれだ。シンセンは自衛隊の艦に比べ薄いグレーで、艦番号がまるで「ここ狙ってくれ」といわんばかりの黒ゴシックで書かれているのも面白い。
PuzyokyoudaiBlueforceさんは、今回プジョー306で登場。307CCは車検中とのこと。307CCも日本でデビューして3年近くたつので、あちらこちらのオーナーさんに車検の時期が来ている。ブログにも費用明細などがアップされているが、正直あまり見たくない金額だ。
306はピニンファリーナの手が入ったデザインで好き。都会的な鋭敏さがよくデザインされていると思う。306とか406は、正直307や407よりイカすと思う。
Blueforceさんと、シンセンの写真を撮りに九州からやってきたtamo太郎さんと合流し、食事を取りに湘南に向かう。tamo太郎さんが湘南は初めてとのことで食事の前に七里ガ浜で夕景写真などを撮りながらお散歩タイム。
ロングボードのサーファーがパドルをもって立ち乗りしているのを初めて見た。冒頭の写真がそれなのだが、なんだか遭難している人のように見えてしまうのだが、実際やっているのを見るとなかなか楽しそうだ。この時期にやるのは気が進まないが(^-^;
海岸であれこれ遊んでいると時間が無くなってしまい、申し訳なかったのだが私は先に失礼することに。
帰りにはこれまた富士山が夕焼けに浮かんでいた。ここのところネタにすることが多い富士山だが、やっぱりこれが落ち着くんだな。
Enosimatohuzisanntopuzyo


| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »