« カジノ・ロワイヤル(2006年版)を見た | トップページ | おいしいことはいいことだ »

2008.03.02

ZUND-BAR

Misegamaeラーメンをなにやら崇高な領域にまで持っていった、大和にある中村屋。そのオーナーの実兄が手がけるラーメン屋「ZUND-BAR(ズンドバー)」が、厚木の山奥、七沢温泉にある。交通の便の非常に悪いところなのだが、仕事でそばを通ったので寄ってみた。
休日ならかなりの行列を覚悟する店だが、平日ということで昼時でもすんなり座ることができた。
BARという名のとおり、昼間でも薄暗くこじゃれたBGMが流れる店内はもはやラーメン屋ではない。
Birubin何しろお冷はビール瓶とグラスで提供される。いきなりこんなのがカウンターに置かれたらびっくりする。「火炎瓶にはぴったりなサイズだな…」などと考えつつ今回はお勧めというさっぱり塩ラーメンを頼んだ。
店員さんもやたら丁寧で、「チューチャー、ノリマシカタメーッ!!」なんて叫ぶ某ラーメン屋とは雰囲気が違いすぎる。
平日昼間のラーメン屋といえば、客はリーマンというのが相場だが、ここはリーマンもさることながら奥様方なんかも見られてやっぱり普通のラーメン屋とは違う。

Zundobaaやってきたのは、噂どおりステンのボウルに盛られた塩ラーメン。正直味はおいしかった。私としては中村屋より好きな味だった。鶏ベースに魚介ダッシの利いた一時期はやった味だ。麺は私好みの細麺でモチッとした食感が良い。チャーシューも味玉子も美味しく、奇をてらった店構えだけで流行っているわけではないことがよく判る。
ただ、やっぱりちょっとなじめないんだよなぁ。やっぱりラーメンは赤いカウンターでスポーツ紙か笑っていいともを見ながらすするのが美味いと思うんだよなぁ。
昼じゃなく夜ならまた違うんだろうけど。

|

« カジノ・ロワイヤル(2006年版)を見た | トップページ | おいしいことはいいことだ »

コメント

らーめんは美味そうなんだけど
ステンボウルが納得いかない
当然温めてあるんだろうけど冷めやすいんじゃない?
ドンブリにはそれなりの理由っちゅーもんがあるのだと思うな
何より近所で飼われている犬のエサ入れを思い出して頂けないです
美味しい塩ラーメン食べたくなった~

投稿: ダマ | 2008.03.02 23:36

どうもです。自分も行ったことはありますが、なにか、こう、ちがうだろ?みたいな。品も、不味くは無いがなんか、値段にしてはと、思ってしまいました。舌がだめなのでしょうかね(笑)ちなみに、弟さんの店は我が家の目の前ですwwww

投稿: どら猫 | 2008.03.03 00:14

>ダマさん
俺もステンは狙い過ぎだと思ったよ。「常識への挑戦」みたいな姿勢なのかもしれないけどね。
ラーメンそのものの味は良かったよ。これで小汚ければ何度でも来たくなるラーメン屋かも(笑)

>どら猫さん
なるほど、あのあたりにお住まいなのですね。完璧に理解しました(笑)
弟さんもフレンチ風ラーメンとか色々試されているようですけど、まあラーメン保守派の私からすれば「そんなのいいから」って思っちゃうんですよね。ラーメンは美味しかったんですが、店の気合の入り方が怖いというかなんというか。まあ私の舌もいいかげんなもんなのでなんとも言えませんが(笑)

投稿: ごつ | 2008.03.03 01:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53490/40324248

この記事へのトラックバック一覧です: ZUND-BAR:

« カジノ・ロワイヤル(2006年版)を見た | トップページ | おいしいことはいいことだ »