« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008.04.26

カレー食べ放題?

Sutekitabehodai最近三多摩地区を仕事で回っていて気になったレストランがあったので、夜ご飯を食べに入ってみた。
名前は「けん福生店」といい、ハンバーグ、ステーキにサラダバーというなかなか魅力的な店だ。
サラダバーは全てのメニューに標準装備で、内容も普通のサラダにフルーツ、スープになんとカレーもお代わり自由。メニューを説明する店員さんに「カレー?」と聞き返してしまったが、確かに具はあまり入っていないがカレーの寸胴が置いてありお代わり自由だった。
私はステーキ&ハンバーグを頼んだが、ハンバーグはジューシー、ステーキも柔らかくとても美味しかった。

で、サラダバーのあまり充実はしていない品揃えを見てなんとなく予感はあったのだが、やっぱりここは「ステーキ&ハンバーグいわたき」の系列店だった。
鶴見にある「いわたき」は安くて満腹になるお勧め店だが、「けん」のサラダバーはそこのサラダバーと異様に似ているのだ。
と思って「けん」や「いわたき」を運営している会社のホームページを見ると、いわたき鶴見店があったところがなんとけん鶴見店になっている。
ああぁ、いわたきは無くなっちゃったのかぁ。あの薄汚い(失礼)お店はなんとも魅力的だったのになぁ…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.04.25

お色気大賞を忘れるな

Sihuto
かつてのプジョー仲間、どうみょうさんが毎年主催する水沢うどんオフに行ってきた。
昨年もお誘いを受けたのだがちょいと野暮用があって行けず、後にプライベート(?)で行った群馬県にある有名店大澤屋で美味しい水沢うどんを食べるという趣向だ。
今回、諸般の事情でみっちーさんに乗せてもらい参加することにした。
午前5時半、我が家まで来ていただき一路集合場所の関越道高坂SAに向かった。
みっちーさんのCCは左ハンドル。BlueforceさんのCCでも経験したが、左ハンドル車の助手席に座るとすごく違和感がある。視点は運転席なのに助手席という、なんというか落ち着かない… まぁすぐ慣れてしまうのだが(^-^;;

Soroibumi集合時間の30分ぐらい前に高坂SAに着いたが、それより早く赤いCCのまついさんは7時に到着しみんなを待ち構えていたとか。確かに夜明け前のドライブは気持ちいいですけどね。その時間帯、今は魅力的なラジオ番組がないのでその楽しみも半減だ。
ここで皆さんと合流し次の目的地、榛名湖に向かう。
高速では伴走する皆さんのクルマをさまざまなアングルから撮影した。日ごろクルマ雑誌を見てアングルなどの研究を重ねてきたが、走りながら他の車を撮影するというのは意外と難しい。とにかくドアが邪魔なんですよ、みっちーさん。次はドライバーとスパナ持って行くんで、屋根開けるだけじゃなくドアも外しちゃいましょう(笑)
撮影が一段落するとみっちーさんとクルマ談義。
みっちーさんと私のクルマ遍歴の趣向はまったく違う。にもかかわらずCCな方たちの中で、世代がほぼ同じということもあるが、一番話が合うのがみっちーさん。
みっちーさんはスポコン、私はランクル一筋でジャンルは違うのだが、当時の話をするとなぜか盛り上がるんだよな~。
昔の若いヤツらはポンコツをいじって乗り回していたけど、最近はそんなの流行らないんだろうなぁ。

Annnakaharuna第一目的地、榛名湖畔で一休み&景品争奪じゃんけん大会。
「榛名といえば?」の問いかけに、みな口々に「榛名!」「金剛!」「霧島!!」
古すぎるよ!何でみんな漢字なの?榛名といえばDDH-141、プラモデルも作ったことのある護衛艦はるなだよね!やっぱり筆文字のひらがなだよ。
ちなみに榛名湖のそばにそびえる山が榛名山かと思ったら、榛名湖が榛名山山頂にあり、私が榛名山だと思っていたこんもりした山は榛名富士というそうだ。
湖もそれほど大きくはなく、思ったよりこじんまりとした湖だった。
スワン級足こぎボートが係留されていたが、シーズンオフだからか乗れなかったのがちょっと残念。

Utonhaいよいよ大澤屋に向かい、水沢うどんを食べる。うどんはもちろん美味しいのだが、舞茸の天ぷらがさくさくジューシーで美味しいのだ。大澤屋はこの舞茸を自家栽培していると聞いたことがあるがさすがのこだわりである。
しつこいようだが大澤屋といえば大沢悠里。大沢悠里といえば大沢悠里のゆうゆうワイドだ。ゆうゆうワイド内でのCMによって大澤屋は私にとっての憧れのうどん屋になったわけだが、大澤屋のお土産売店にはゆうゆうワイドの名物コーナー「お色気大賞」の特選集のCDが販売されている。こんなところで買う人いるんかいなと思うが、駐車場の看板とこのCD集が大澤屋とゆうゆうワイドとの強固な結びつきを象徴するアイテムとなっている。

Eroisyanaiうどんのあとはデザートのグリーン牧場のアイスクリームを食べたり温泉に入ったりとまったり過ごしながら帰路についた。
夜は、5速M/Tで走りを意識させるみっちーさんのCCは車内の様相を妖しく一変させる。何ですかこのエロい照明は。
こういうアイテムを自分でつけちゃうあたりに同じにおいを感じてしまう(笑)
結局行きも帰りも「ETCのナンとか割引?そんなの関係ねぇ!!」とすべて定価で支払いをして行程を終わった。
メンズ二人でオフに行くのもかなり楽しいなぁと思ってみたりしたうどんオフであった。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008.04.16

昔の写真

Beigunnki
会社の私物を放り込んでおく箱の奥底からネガフィルムが何本か出てきた。撮影したのは95~96年ごろだと思う。
今ほど写真に凝っていたわけでも米軍機が好きだったわけでもないのだが、これは厚木基地の基地祭の一コマ。だと思う。
デジカメの今と違い多分24枚取りフィルム1本しか持っていなかったと思われ、散発的に基地内の情景を写している。その中で唯一飛行機1機きっちり写っていたのがこの写真。
後ろにUS-1がチラッと写っているが今ならそっちで20コマぐらい撮っているだろう。
別のコマではF-14、F/A-18、A-6の編隊飛行の写真もあったが、高倍率ズームレンズの撮影でピンもきておらず今なら各方面よりお叱りを受けてしまうような出来栄えだ。
多分F-14も展示してあったはずだが、「こっちのほうが新しい」という理由だけでF/A-18だけを撮影したと思われる。というより、この写真だって逆光だし今見ると恥ずかしい写真だなぁ…

基地祭では地上展示もそうだが目玉はやっぱり展示飛行だ。アクロバット飛行とまでは行かないが宙返りや急旋回などで観客を楽しませてくれたのだが、これを撮った翌々年あたりからさまざまな理由で展示飛行が無くなってしまった。
はたで見ててもすごい迫力だったのだが、マンションにぶつかるんじゃないかという低高度での急旋回には苦情も殺到したらしい。
基地祭は地域との親善が目的なのに展示飛行を見に来るのは全国の飛行機マニアという訳で、まあ飛行機が好きでもなければあんな爆音は年に1回だって我慢できないというのはよく判る。判るんだけど、やっぱり展示飛行の無い基地祭は何か物足りないと正直思ってしまう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008.04.10

トレッサ横浜

Trd
3月27日、横浜市港北区にグランドオープンしたトレッサ横浜に行ってみた。
この地にこのショッピングモールができると聞いたとき、当初ちょっとがっかりした覚えがある。というのも、ここはトヨタテクノクラフト横浜工場が愛知に移転した跡地に造られると聞いたからだ。
ご存知の通りトヨタテクノクラフトはトヨタ自動車のモータースポーツ活動や特装車の製造を請け負う草分けで、特に横浜工場では官公庁向け特装車や輸出向けの特殊車両を作っていたなかなか面白い工場だったからだ。
工場の前を通れば、敷地内にはランクルの機動隊車両や(今は無き)道路公団のパトカー、覆面パトカーなどがずらっと並んでおり、またそれだけではなく赤十字ではなく赤新月マークランクル75の救急車なども見られ特装車マニアの聖地とも言える工場だった。
そんな工場が横浜から移転してしまうというのは残念なことだが、本社はそのまま残るし、モータースポーツ部門のTRD(トヨタレーシングデベロップメント)はトレッサ内にブースができるようなので寂しいながらも今後を見守ることにするか…

そんな思い出話はさておき、グランドオープンから2週間も過ぎ、混雑も落ち着いたかなと思って向かったわけだが、環状2号で港北消防署を過ぎたあたりからノロノロと渋滞しだしたのには驚いた。結局1時間ぐらい並んでようやく入店。
今回訪れた目的といえば靴の修理だったので、まずは南館1Fのリアット!で靴の修理。ホームページで知ったのだが、ここはそごうにあるお気に入りの洋服リフォーム屋さんマジックミシンの系列だとか。靴の修理でいつも行くのはミスターミニットだが、これからはこっちかな。

用事も終わり、まずは腹ごしらえでフードコートの丸亀製麺へ。かまたまうどんを食べたが、相変わらず美味しい。
Tamiya次に向かったのは、まついさんが聖地とあがめる二つ星教信者の心の拠り所タミヤプラモデルファクトリー
最近はちびっ子のプラモデル離れが叫ばれて久しいが、店は人でいっぱい。プラモ人気もまだまだ健在…かと思ったがお客さんはほとんどが大きなお友だち。やっぱりそんなもんか、と周りを見回すと、店舗に併設されているアトリエゾーン(購入したプラモデルを作ることができる部屋)で大きなお友だちにつれられたちびっ子たちがプラモを組み立てていた。うんうん、プラモデルこそものつくりの原点。プラモデルは永遠に不滅なりー!

Hennnatori歩きつかれたのでお茶タイム。目に付いたスヌーピーカフェに思わず入ってしまった。最近はムーミンカフェとかサンリオカフェなどコラボカフェ花盛りだ。このお店の売りはドーナツ。スヌーピーにドーナツなんて出てきたっけ?
頼んだカプチーノにはスヌーピーではなくウッドストックの絵が。

トレッサ横浜のテナントはららぽーとやラゾーナなどとは一味違う感じ。やはりデベロッパーがトヨタ系(株式会社トヨタオートモールクリエイト)だからか見慣れたショッピングモールとは違う新鮮な何かを感じた。駐車場が常に無料というのもいい。駐車料金や時間を気にせずモール内をぷらぷらするのも楽しいかもしれない。空いてきたらまた行ってみたい。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008.04.06

大和の焼肉といえば

Nikunikumenyu大和市民なら誰でも知っている、と噂の焼肉屋さんがホルモンセンター天狗家。以前、大和駅に近いアスロード店をネタにしたことがあったが、今回大和駅と桜ヶ丘駅の中ほどにある本店に行ってみた。
ここはとにかく昭和中期の雰囲気がぷんぷんする店で、私のお気に入り。肉は当然七輪で炭火焼。無煙ロースターなんて影も形も無く、壁に取り付けられた換気扇で排気するだけ。吸気が追いつかず排気効率はイマイチだ。おかげで店内は煙モウモウでちょっとやそっとのボヤでは誰も気付かないだろう。
さらに驚くことに店から離れたところに止めたクルマに匂いが付くくらい店の周囲に焼肉臭が広がっている。店内はカバンの中にまで匂いが染み付くくらいなので、ほんとジャージで行きたいくらいのお店だ。
Nikunikuいつ行っても行列のできている店なのだが、ピークを外して21時ごろ行ったら割とすんなり座ることができた。冒頭写真は壁に貼られたメニューの一部なのだが、値段はそこら辺の焼肉屋さんとあまり変わらなく見える。しかし量が普通じゃない。だいたい普通の焼肉屋さんの2~3人前でこの値段だと思っていただいていいと思う。なので2人で3皿注文すれば満腹になること間違いなし。逆に1皿の量が多すぎていろいろな種類の肉が食べられなくなってしまうのが弱点。
今回頼んだのはカルビにロース、カシラ(ほほ肉)にサラダとキムチにスープ。これにジョッキのウーロン茶とライスで1人2000円でお釣りがくる。カシラは焼いてもぷりっとした食感で美味い!もちろんカルビもロースも漬け込まれたタレが絶妙でバッチグー!
藤沢の有名店ざんまいと関係があるとか無いとか言われているが、確かに盛りやメニューがどことなく似ている感じはする。店の雰囲気からすれば天狗家のほうがはるかに古い感じがするが、暖簾分けか何かなのだろうか。
そうそう、ざんまいの新店が湘南台にできたというので、そちらも攻略せねば。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.04.05

お宝写真発掘

Kitinyuukou2
古いパソコンのハードディスクを整理していたら、思いがけず懐かしい写真が出てきた。
確か撮影したのは1945年8月29日。場所は東京湾横須賀沖。降伏文書調印式の準備で入港する戦艦ミズーリに随伴する空母キティーホークの写真。

という史実があったかどうかはわからないが、ネットを徘徊していて面白いサイトを見つけた。
幕末古写真ジェネレーターというサイトで、ここに手持ちの画像をアップロードするといかにも幕末に撮られたような写真に変換してくれる。
コレを使えばこんなのも。
Sikisima_2
浦安沖で公試航海中の巡視船敷島。いや、しきしま。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.04.03

夜桜中継

Kunitati「プロボックス」のカテゴリーをつくろうかどうか悩む今日この頃、帰社途中に国立駅の桜の名所、大学通りに寄ってみた。
いやいや、海軍道路にも匹敵する桜並木にちょっと驚いた。
この日、会社の連中もこの通りで花見をすると意気込んでいたが、最近は通りでの高歌放吟が規制されているとの情報が入り「逮捕覚悟でヤるか」「いや、それは社会人としてどうだろう」等と宴会会議は紛糾し、結局「風が強くて寒い」とのことでなぜか会社の会議室で宴会。なんだそりゃ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »