« カレー食べ放題? | トップページ | 鎌倉~中華街 和洋中食べ尽くしの旅 »

2008.05.04

男の趣味

Zidoumakimakiといえば時計にクルマと相場は決まっているらしい。
まあ何か大きな力に作られたイメージという気がしないでもないが、確かに時計にこだわりがある男子が多いのも事実ではあると思う。
で、そんな男子の端くれでもある私も時計は嫌いではない。
先月末にオープンした、三井不動産が手がけるアウトレットモールでは最大を誇る「三井アウトレットパーク入間」にふらっと立ち寄ったところ、SEIKOのショップを発見。
何の気なしに覗いてみると、なんと日本未発売の「SEIKO5」の自動巻き時計が売っていた。
日本未発売といってもこの時計、別に希少価値のある時計ではない。
セイコーがアジアや中東向けに廉価な自動巻き時計として輸出している物で、現地では安さや正確さ、そしてメイドインジャパンの信頼性で根強い人気を誇る時計なのだ。
新聞の通販欄などで時折見かける時計だが、実物を見るのは初めてだった。
思ったよりしっかりした作りでデザインも悪くない。以前から欲しかった自動巻きモデルというのも物欲ハートをくすぐる。
あの、秒針がチキチキ回る自動巻きの時計は1台は欲しいと思っていたのだが、やはり高価なイメージがある。
しかしこのSEIKO5は驚きの5000円だった。縁日の屋台で売っている980円のクオーツ時計には負けるが、それでもかなりのお買い得だ。
店員さんに「仕事で使って傷つけてもまったく後悔しない値段ですね」と言ったら「ハイ、思いっきり使い込んでください」と若干苦笑気味に答えてくれたのが気になったが、その場で購入。
Sukesuke5000円とはいえ、自動巻き機構はセイコー伝統のマジックレバー式。これはセイコー腕時計の最高峰グランドセイコーにも搭載される機構で、セイコー技術の原点の一つともいえるものだ。
質感はコストパフォーマンス最優先でベルトもやけにガタつく。裏蓋はスケルトンになってはいるが、かといって細かに動くメカが見れると言うわけでもない。
でも5000円である。まったく問題はない。
問題は、2日放置しておくと止まる、ということだ。もちろん機械式なので当然ではあるのだが、週末二日休みだと月曜日には止まっていることになる。
解消する手段としてはワインダーという機械を購入すると言う手がある。
これは時計をセットすると適時くるくる回ってぜんまいを巻き上げてくれる物なのだが…調べてびっくり。安くても1万円ぐらいするようだ。5000円の時計に1万円のワインダー…

結局、休みの日は気付いた時に時計をしゃかしゃか振る手動ワインダー方式を採用している。

|

« カレー食べ放題? | トップページ | 鎌倉~中華街 和洋中食べ尽くしの旅 »

コメント

 これで5000円は安い!ワタシでも手が十分届きます。
 あと某将軍様の国でも、ヤミ市行けば5000円の価値以上の食糧をゲットできそうです(って、まだ書いてる(笑))。

投稿: 二方面 | 2008.05.04 07:49

機械式時計を複数持つと、
「着けようと思った時計はたいがい止まっている」
という現象が現れ、
手動ワインドしつつ、
携帯電話の時計を見ながら時刻合わせをするのが日課になります(笑)

投稿: think_i | 2008.05.04 08:13

僕も、自動巻き使っていますが、
休み明けにはよく止まっています。。
手動ワインダー方式は、電車の中でも出来るので
便利です(違)

投稿: トミー | 2008.05.04 11:25

>二方面さん
機械式は高いと言うのは完全に誤認識だったようです。
某将軍様の国で日本円で5000円分の食料をゲットしたらトラックが必要になりそうで…

>think_iさん
二つも持ってるんですか。
機械式は止まっても慌てることが無いトコがいいですね。
そこら辺の時計で時刻を合わせれば何の問題もないですもんね。
これがクオーツだと困るんですよね。電池交換するまでアクセサリー以下の存在ですから(苦笑)

>トミーさん
毎朝朝礼のラジオ体操がいい手動ワインド時間となっております。
これで機械式に慣れるともうちょっといい時計が欲しくなりそうで怖いです。

投稿: ごつ | 2008.05.04 19:43

>これがクオーツだと困るんですよね。電池交換するまでアクセサリー以下の存在ですから

まさに今、アクセサリー以下となった時計が目の前にあります。
時計屋さんに持っていくと、「メーカーじゃないと電池交換できないので、1ヶ月はかかります。」と言われてしまいました。(^_^;)

投稿: はっぴっぴ | 2008.05.06 00:01

我が家にもアクセサリー以下の不動産(苦笑)が2,3個転がってます(^-^;
愛着があって捨てるに捨てられないけど電池交換しても使わないであろう時計なんですが、ホントこれどうしましょう(笑)

投稿: ごつ | 2008.05.06 17:16

SEIKOのアウトレットだなんて、魅力的…
調べたら横浜のベイサイドマリーナにもあるんですね。
前からありましたっけ?
是非行ってみたい!!

投稿: ロコ | 2008.05.06 21:12

>ロコさん
この時計買った時に店員さん聞いたんですが、ベイサイドマリーナの店は最近出来たらしいです。
入間には他にもカシオとシチズンもあるんですが、やっぱりセイコーに惹かれちゃいました(笑)

投稿: ごつ | 2008.05.07 00:14

SEIKOあるよウチにも
パーペチュアルカレンダーのクヲーツ
なんも手が掛かりません、5年に一回電池換えればいい優秀なヤツです(5年以上動いてるけど)
義父から貰った(早めの形見?)手巻きのブライトリングは1日半で止まります
放っとけないカワイさはありますがやはり時計は実用してなんぼですやね
もう一個究極の放置時計、Gショック電波ソーラーもあるわー

カメラ→ニコン
時計→セイコー
何か共通点が...
カメラはごつさんの影響間違いないですがね

投稿: ダマ | 2008.05.07 18:36

ようこそ、こちら側へ。(笑)
次は、日差2~3秒のヤツが欲しくなりますよ。きっと...。

投稿: なかがわ | 2008.05.08 21:22

>ダマさん
電波ソーラーは究極のメンテフリーウォッチだよね。ウチの場合北側窓際に置かないと電波を拾わないと言う弱点はあるけど、それでも便利だわ。
セイコーもニコンも戦前からある会社だけど、昭和になって出来たような新興企業なんてあんまり信用できないよね(笑)

>なかがわさん
あの~、日差2~3秒ぐらいの時計にどんなのがあるのか軽く調べたんですが、どれも今回買った時計の100倍ぐらいの値札がついてるんですが…(笑)
でも、欲しい…かも、、、

投稿: ごつ | 2008.05.09 01:01

私もSEIKOのファイブを5年間愛用しています。
現在はベルトを黒の革ベルトに替えた白文字盤と
紺文字盤の2台を交互に使っています。
その丈夫さ、さりげなさ、電波時計じゃない「いい加減」の正確さ。
ただし、オーバーホールは?です。
オーバーホール代金は本体の価格を大きく上回りますから。

投稿: ケーさん | 2009.05.31 22:23

>ケーさん
コメントありがとうございます。
機械式ですからオーバーホールは宿命ですよね。
でも、SEIKO5ユーザーの皆さんは「オーバーホールが必要になるまで使いきる」と割り切っているようですね。

ちなみに購入して1年経ちますが、原チャリ事故でベルトがちぎれて吹き飛んだにもかかわらず元気に動いております。

投稿: ごつ | 2009.06.01 00:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53490/41083647

この記事へのトラックバック一覧です: 男の趣味:

« カレー食べ放題? | トップページ | 鎌倉~中華街 和洋中食べ尽くしの旅 »