« 鬼や!あんた鬼や!! | トップページ | ひさびさちゃりんこ »

2008.05.13

ブラッド・ダイヤモンドを見た

紛争の資金調達のため不法に取引される、いわゆる紛争ダイヤモンドの話は以前に聞いた事があった。
それ以来宝石店のダイヤモンドを見る目が変わってしまったのだが、今回、紛争ダイヤの実態を描いた映画「ブラッド・ダイヤモンド」を見てなおいっそうその思いを強くした。

映画では紛争ダイヤのほかに少年兵の問題も描いている。
少年兵とは、反政府組織等がその戦力として少年を拉致し育てた兵士のことである。
映画でも小学校低学年程度の子どもがカラシニコフ銃を振り回すシーンがたくさん出てくる。
子どもたちが、私が小さい頃カナブンを遊び半分で殺したのと同じように人間を射殺するシーンはショックだ。
そしてショックなのは、殺すだけでなく殺されるのも子どもだという事実だ。

映画を見て思い出したのが「搾取工場」、または「スウェットショップ sweatshop」と呼ばれる話。
ナイキやGAPなど欧米の有名ブランドが東南アジアで女性や子どもを不当に安い賃金や劣悪な労働環境で製品を作らせているという問題だ。
時々聞くフェアトレード商品とは、このような搾取が無く正当な賃金が労働者に支払われている工場で作られている商品のこと。
賢明な消費者であるならば搾取工場で作られたものではなくフェアトレード商品を購入するべきだ。
しかし広告戦略の妙かコストパフォーマンスの力なのかどうしても前者を選択してしまう時がある。そしてちょっとだけ自己嫌悪に陥ったりする。
で、スタバのコーヒーは「フェアトレードだからね」などとまるで免罪符のようにつぶやきながら飲んでちょっと自己満足してみたり。

これじゃいかんですな。「自分ひとりGAPをやめてユニクロ買ったって世界なんてこれっぽっちも変わらない」なんて思っているようじゃ世界なんてこれっぽっちも変わらないですね。

|

« 鬼や!あんた鬼や!! | トップページ | ひさびさちゃりんこ »

コメント

少し違うとは思いますが、日本の自動車工場も国際競争力を確保する為に搾取労働者をたくさん雇い入れてますね...ウチの辺りも自動車工場があるので、休みの度に『期間社員募集』の広告が入ってます。
その結果としての日本車の安さだと思うとちょっと複雑な気分...

投稿: ごしゅりん | 2008.05.16 23:22

>ごしゅりんさん
先日新聞に「息子が期間工という仕事に就いたというのを『基幹工』と勘違いし正社員で就職したと思った」という笑えない投書が載っていました。
期間工に限らず苛酷な労働環境は日本国内にも間違いなくありますよね。
それが今までの低価格競争を支えていたとおもうと、昨今の値上がりブームがそういう面にも還元されればまだ我慢できるんですが…

投稿: ごつ | 2008.05.17 10:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53490/41188748

この記事へのトラックバック一覧です: ブラッド・ダイヤモンドを見た:

« 鬼や!あんた鬼や!! | トップページ | ひさびさちゃりんこ »