« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008.07.26

初めての清泉寮

山梨県の清里高原に清泉寮という施設がある。
何がどうしてこうなったのかまったくわからないのだが、私はこれを清里寮と呼んでいた。
道理でグーグル先生に聞いても要領を得ないしカーナビで検索しても出てこないわけだ。
現地近くまで行って道路標識のローマ字を見て初めて勘違いに気付いた。まったく何ということだ。

寮という名前と「ソフトクリームが美味しくて有名」という話がまったくつながらず、いったいどんなところなのか想像がつかなかったのだが、話を聞けば戦前に来日したポール・ラッシュというアメリカ人宣教師が布教するメンバーを育成するために開いた寮が発祥だとか。
ポール・ラッシュさんは、現在築地にある聖路加国際病院建設のための資金集めをしたそうで、著名病院マニアな私はなんとなく親近感を感じた。

で、先日初めてこの清泉寮に来てソフトクリームを食べたのだが、さすが有名なだけあって濃厚なバニラがガツンと口に広がる食感はクセになりそうだ。
お目当てのソフトクリームを食べるとこれといって遊ぶ場所もめぼしい感じで、来る途中に見かけた吐竜の滝を見物しに行ってみた。
Doryu
そばの駐車場に車を止め、10分ほど歩くと滝が姿を現す。なかなか優雅な滝で、しかも辺り一帯がひんやり涼しくて気持ちがいい。しばらくまったりして体を冷やした。
途中小海線の鉄橋をくぐるのだが、キハE200形ハイブリッド気動車でも通らないなーと見ていたが、ただでさえ本数の少ないダイヤである。普通の気動車すら通らなかった。

Isehuji高原に来たら蕎麦である。清里駅から国道141号を須玉に向かって少し下がったところにあるいせ藤に入った。ここは蕎麦屋なのにテラス席があってワンコOKだとか。
店内には無線LANが設置してあるので、清里に来てまで仕事をしなけりゃならない人なんかにはお勧めなお店だ。
蕎麦は大衆食だというご主人のこだわりで、メニューはリーズナブル。立ち食い蕎麦並みまで頑張って欲しいところだが、天ぷら5品のついた天ざる1150円は場所柄を考えると安いと思う。
味も揚げたての天ぷらにコシのある蕎麦でとても美味しかった。

帰りがけもう一つ立ち寄りたかったのが富士山レーダードーム館。
かつて富士山頂にあった気象庁富士山測候所の気象レーダーが1999年11月1日に機能を停止し、富士吉田市に譲渡された物である。
本当は富士山頂にあったときに見たかったのだが、今となってはクルマで簡単に行ける所に置いてあるのでまあいいか…と思ったのだがなんと閉まっていた。
閉館17:00はちょっと早くないかい…?
Puzyotodenpa


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.07.23

久しぶりのオフロード

Morinorankuru
ランクル80のオーナーズクラブは全国、いや世界中にたくさんあるのだが、その中の一つに「80FREAKS」というクラブがある。
私はクラブ員ではないのだが、知り合いが幹部っぽいことをやっているようなご縁で全国大会に行ってみた。
場所は富士五湖の一つ、本栖湖のそばにある富士本栖湖リゾート。ここは以前「本栖ハイランド」という四駆乗りの聖地のようなところだったのだが、世の移ろいの果敢なさか、いつの間にか経営者が変わり一般観光客向けの施設に脱皮しかけていた。
イベント自体は土日の二日間にわたって行われたのだが、私は日曜日の昼前に会場に到着。
いや、ずらっと並んだランクル80にびっくりした。
言っても製造終了から10年以上経った「過去の車」である。それがポンコツなやつからピカピカの新車のようなクルマまで並んだ様は圧巻である。
最近あまり乗らないこともあってチラッと「売却」の文字が浮かんだりしていたが、やっぱりコイツは特別だ。あともうちょっと乗り続けようと思った。
一般向けに脱皮しかけた富士本栖湖リゾートだが、オフロードコースは以前のままであった。
今回のイベントでオフロードコースを走れるかよく判らなかったのだが、どうやらほとんど自由に走れるっぽかったので、久しぶりにトランスファーを4Lに入れコースに進んでみた。
コースを走るのが数年ぶりということや単独行ということもありガンガンに攻める走りはしなかったが、それでもやっぱり楽しいなぁ。
そしてランクルにはやっぱり泥や傷が付いても似合ってしまうんだよなぁ。
Doronko

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.07.16

冷やし中華を食べよう

通勤手段がシルバーフェニックス号(原チャリ)に移行した現在、自転車ツーキニストの名は過去の物になってしまった。
自転車置き場のビアンキもなんとなく寂しそうだったので、梅雨の合い間の晴れ間が広がった昨日、自転車で鎌倉まで散歩してみた。
ただ散歩するだけでは能が無いので、鎌倉の隠れた名店、中華料理の大新で冷やし中華か何かを食べるという目的を設定し、環状四号を南に向かったのであった。
事前のリサーチでは我が家から鎌倉大新まで約15キロの道のりである。
環状4号から鎌倉街道に渡り、巨福呂坂洞門をくぐってほどなく鎌倉到着。約55分の道のりだった。
Daisindaisuki大新は若宮大通が横須賀線をくぐる辺りにあるきわめてトラディショナルな中華料理屋さんだ。
十年前近く前に初めて訪れた時、新人バイトと思われる長身ロン毛イケメン君がボーーッとつっ立ってて、客が来ても遠くを見つめるだけで微動だにせず店のおばちゃんに怒られていた強烈な印象とともに記憶に残る中華料理屋さんになった。
今回久しぶりに訪れたのだがイケメン君は見当たらず、ちょっぴりガッカリしながらテーブル席に腰を下ろすと、これまたドラマに出てくるような大将がお冷を持ってきてくれた。
頼んだのは冷やし中華。
Hiyasityuukahazimemasita程なくして出てきたのは、これまたコンサーバティブな具をふんだんに奢らされた冷やし中華。いや、ザ・冷やし中華とでも呼ぼうか。
タレはゴマダレ、麺は細麺。細麺の冷やし中華はあまり食べたことが無いのだが、この細麺にゴマダレがよく馴染んで美味さを引き出していた。

Sutaba美味しい今年初の冷やし中華を平らげたあとは、フクちゃんでお馴染みの漫画家横山隆一氏の屋敷跡を利用したスターバックス御成町店に向かう。
ここはプールのある庭を眺めながらお茶をすることが出来る「ちょっと特別な」スタバ。併設された葉山日陰茶屋が展開するCHAYAマクロビオティックスのケーキなども一緒に楽しむことが出来る。
ここでまったり過ごしていると、どうにも雲行きが怪しくなってきた。本降りになる前に店を出て、新佐助、長谷トンネルを抜け藤沢鎌倉線を使い藤沢経由で帰路に着く。
藤沢駅手前でいよいよ降りが本格的になってきたので、プジョー藤沢で雨宿りでもするかと向かうとなんと定休日!
覚悟を決めカメラをビニール袋で包んで簡易防水を施し、立ち漕ぎで家を目指す。

藤沢駅を過ぎればいつもの境川サイクリングロードをひたすら北上。
帰りは少し遠回りで1時間ちょっとで無事帰宅。もちろんびしょびしょ。
まあ久しぶりの散歩にはちょうどよかったかな。
Photoお土産はこ寿々の自家手作りわらびもち
これがまた美味いんだ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008.07.10

お巡りさんは今頃打ち上げ

サミットが終わった。会場は北海道だったが、イギリス・スコットランドでサミットが開かれた時、会場から遠く離れた首都ロンドンで同時多発テロが起きたことから東京でも厳戒態勢がとられた。
私が仕事で回っている三多摩地区には米軍横田基地という重防施設があるため、都心並みの警備体制が引かれていた。
なにしろまばたき1回につきお巡りさん1人を見かけるといっても過言ではないほどの警備だった。
Kccyo
警察車両だって警視庁の車両だけでは足らず、警官の自家用車と思われる車やレンタカーも動員された。
レンタカーなんて名古屋からも借りてくる騒ぎ。「警視庁」と書いたマグネットシートを貼ればあっという間に警察車両の出来上がりだ。

サミットといえば警察車両マニアだけではなく、各国首脳の専用機が終結するので航空機マニアにもたまらないイベントだ。
昔なら騒音規制の問題で日本に乗り入れていなかったコンコルドを撮るにはサミットか皇室関連行事だけだったりと貴重な航空機を撮る滅多に無いチャンスでもある。
今回それらの航空機は新千歳空港に集結したので羽田などは静かだったようだが、横田基地にサミット関連で珍しい航空機がやって来た。

首脳専用機といえばアメリカ大統領専用機エアフォースワンが有名。もちろん今回は新千歳に飛来したのだが、このエアフォースワン(正確には大統領が乗っているときだけエアフォースワンと呼ばれ、通常は機種名のVC-25やコールサインであるSAM28000などと呼ぶ)と常に行動を共にする航空機がある。
E-4ナイトウォッチと呼ばれる航空機がそれで、核戦争が起きた時など地上で指揮が取れないときに空中からアメリカ全軍を指揮する役割を担っている。
さすが世界の警察を自認するアメリカである。こんなに危機管理に命をかけている国はアメリカ以外見当たらない。

今回E-4はサミット期間中横田基地に駐機していた。
サミット終了、ブッシュ大統領離日と同時にE-4も横田を発つわけだが、何時に飛ぶかも判らなかったので写真撮影はあきらめていた。
午後仕事がひと段落着いたので横田基地北側のエコパーク駐車場で休憩していると、どこからともなくジェット機がタキシングする音が聞こえてきた。
カメラを持って外に出るとなんとE-4がまさに離陸するところ!
E4
撮る気が無かったのでレンズも17-50mmしか持っておらず、なんとも寂しい写真だが、証拠写真ぐらいにはなったかな?

昔読んだ、題名も忘れてしまった漫画がある。
第三次世界大戦が勃発し、人類が全滅してしまった地球の空を、アメリカ大統領がE-4(もしかしたらVC-25だったかも…)に乗ってさまよっている。
すると対向する航空機を発見。なんとソ連共産党の書記長が乗った(ベアだったかな?)飛行機だ。
側近が「大統領!書記長の乗った飛行機です!」と叫ぶと大統領は窓から飛行機に向かって「バーカバーカ!赤い熊のロクデナシ!」等と叫ぶ。書記長のほうも同じように「白い豚のコンコンチキ!!」などと罵詈雑言を並び立てる。
核兵器という究極の兵器で戦い、人類を滅亡させてしまってもまだ言葉で戦うむなしさ。
なんかの短編集だったと思うが、なんてタイトルだったかなぁ…

かつてアインシュタインは「第三次世界大戦はどんな武器で戦うか私は見当もつかない。ただし第四次世界大戦なら判る。石ころとこん棒で戦われるだろう」と言った。
E-4は核戦争だけでなく大規模災害でも活用される。前者で使われることが無いよう祈りつつ、次回イタリアでのサミットが成功しますように( ̄人 ̄)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.07.07

紫陽花は食べるな!

Azisai3この季節、鎌倉では紫陽花が見ごろになる。
と言うわけでプジョー仲間のみっちーさん、まついさん、トミー&ヤスミンさんたちと鎌倉大人の遠足鎌倉紫陽花編を楽しんできた。
ちなみに紫陽花はつぼみや葉に青酸含有の毒があるそうで、バクバク食べるのはヤバらしい。

で、横浜駅に9時集合というスケジュールが組まれた。なぜ9時集合かといえば、朝食を鎌倉駅すぐそばにあるイワタ珈琲店で取る事にしたからである。
Iwata
イワタ珈琲店といえばホットケーキが美味しい有名店で、開店時間の10時ともなれば行列が出来るほどの人気店である。
06年に来た時と店構えが代わっていた。どうやらリフォームしたようだ。
我々は9時半に鎌倉着、おかげで先頭に陣取ることが出来た。
30分の待ち時間であっという間に10組近い行列が出来、その人気に改めて驚いた。
Ncr10時5分前に店が開き、まず出迎えてくれるのが年代物のレジスター。いや、これはもう金銭登録機といったほうがいいかもしれない。
このレジを作ったNCRという会社は、世界で初めてレジを開発した会社である。正式名称ナショナル・キャッシュ・レジスター・カンパニーは、松下電器がアメリカでナショナルブランドを商標登録できなかった理由の会社でもある。そこで松下はパナソニックというブランドを作り、後に松下電器という社名を変更させるまでの商標になったのである。
でもこのレジ、消費税計算とかどーしてんだろ…

店頭の改装と同時にあの趣のある店内がスタバみたいになってたらどうしようかと思ったが、それは杞憂に終わった。前と変わらず背の低いふかふかのソファに座り、ホットケーキの到着を待つ。
Hottokeki
きたきたきた。
相変わらずの厚みである。
たっぷりシロップをかけてもかけ足りないボリュームのホットケーキは、表面はカリッ、中はふわっとした仕上がりが老舗喫茶店の仕事。レジの後ろに鎮座する黒電話は伊達ではない。
飲み物はウィンナー珈琲をチョイス。なんちゃらマキア~トはやっぱり似合わない。

今回の遠足は完全ノープランだったので、一つのイベントが終わるたびに会議が開かれ次の目的地が決まるシステムが採用された。
イワタでホットケーキを堪能したあとの会議で次の目的地は極楽寺と決定。江ノ電の切符売り場ではどんな切符を買うかの会議が開かれ、江ノ電乗り放題ののりおりくん購入が決定される。
残念なことに極楽寺の紫陽花は全て剪定済みで花一輪残っていなかった。
再び会議が開かれ、長谷駅まで歩いて駅前のフラハワイ長谷店で休憩を取ることに決定。
Azisaidensya
御霊神社そばの夫婦饅頭力餅家で求肥を餡でくるんだ力餅を購入し、神社へ向かう。本当は餅を包んだほうが欲しかったのだが、そちらはバラ売りしていないとのことで求肥を所望したのだが、これがなかなか美味くて一口で食べてしまった。
神社前で江ノ電×紫陽花のコラボショットを撮った後はトロッピカルドリンクで一休み。

ここでまたまた会議が開かれ、次の目的地は長谷寺と決定。
Azisai1
こちらの紫陽花は大丈夫!ちょっと盛りは過ぎた感があったが、まだまだあちこちできれいな花を咲かせていた。
ここで伊豆帰りのtaneさんjenniさんたちと合流し、ワンコOKのカフェグリーングローブガーデンで一休み。

ここでディナーをどうするか会議が開かれた。私は大新鎌倉店での中華三昧を強硬に主張したが、多勢に無勢、江ノ島のとびっちょで海鮮丼プランにあえなく敗退。私は松岡洋右バリのあゝ堂々の退場と相成った。

Kanpachi
江ノ島の生シラスで有名なとびっちょは、もちろん生シラスは美味しいのだが、その時獲れたおすすめのお刺身がまた美味い。時々聞いたことの無いような魚も出たりして魅力的だ。
今回はカンパチが獲れたとのことで生シラス+カンパチ丼をがっつく。脂の乗ったカンパチは美味い!
平べったい丼は一見「上げ底!?」と思わせるが、直径が大きいので量はかなりの物。今回も満腹&満足で江ノ島を出た。
皆さんとは藤沢で解散し、大人の遠足鎌倉紫陽花編は終了。江ノ電のりおり君を駆使した今回の遠足は実はあちこち歩き回ってかなりくたびれたのだが、こんな遊びもたまにはいいなあと思ってみたり。
ガソリン高騰の折、電車と歩きでレジャーの足もモーダルシフトッ!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008.07.05

メンズ大集合

Berugiプジョー仲間のリーマン連中が丸の内で飲むというまるでサラリーマンの日常のようなイベントがあるというので三多摩地区から馳せ参じた。
東京トキアの地下にあるうどん屋さんつるとんたんというところでまずはうどんを食べるとのことだったのだが、三多摩地区からシルバーフェニックス号(原チャリ)で駆けつけるにはタイムスケジュール的にかなり厳しく、二次会を目指して甲州街道を爆走したのであった。
二次会はベルギービールのお店アントワープセントラル

どうやらベルギーなのはビールなどアルコール系で、つまみや料理はなんとも普通の料理だった。
フライドポテトもベルギー産の芋を使っているとのことだったが、私の舌では北海道産と区別は付かなかった(笑)
それにしても酒の肴は仕事の話でもクルマの話でもなく、妻や奥さんやワイフの話ばかりなりけり。面白かったけど、そこまで言って委員会!?

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008.07.04

コード・ブルーを見た

あまり連ドラは見ないのだけど、ドクターヘリが出ると言うだけでとりあえず見ることにしたコード・ブルー
相変わらず日本のドラマはキャラクターがドラマに出てくるようなステレオタイプばかりなのでつまらない。つまらないし先が見えてしまう。
パイロットを演じる寺島進がお守りを首からぶら下げてるのを見て「ドラマかよ」と突っ込みをいれてしまった。もっと普通のパイロットはいなかったのか?
でもドクターヘリのMD900が格好良いから全て許す。
ドラマの撮影で使われているこのヘリ、ドクターヘリになる前に日テレの取材ヘリだったことがある。
Yamap
これは取材ヘリだった時のもの。登録番号がJA6790で劇中のヘリと同一なのが判る。ドクターヘリの今と違い中継用のアンテナやウェスカムが装備されている。
日テレの取材ヘリがフジテレビのドラマに出るというなんとも不思議な関係だが、当時も今も運行しているのは朝日航洋という会社なので看板は代わっても操縦している人は同じ。

ドラマはアメリカドラマのER救命救急室を彷彿とさせる複数のドラマが同時進行する筋書きで、それなりにスピード感があって面白かった。
ヘリの描写も迫力ある空撮シーンは今までのドラマでは見られなかったものかもしれない。
ただし、医療従事者にいわせれば病院内の描写でいくつか納得のいかないものがあったらしい…(^-^;
そもそも気管挿管もまともに出来ないような医師がフライトドクター候補になるという設定にそもそも無理が…
でも、MD900が格好良いから許す!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008.07.02

当たった…!!…?

内勤だった頃、電車通勤だったので帰宅時に駅の宝くじ売り場が開いていると時々ナンバーズを買っていた。
選ぶナンバーはもちろん307。
で、先日財布の整理をしていると12月に買ったナンバーズが出てきた。
みずほ銀行のホームページで当選番号を確認してみると…
Tomikuzi
惜しい、、惜しすぎる、、、

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2008.07.01

めでたい

Okinawa赤レンガ倉庫を途中でドロンしたあと、向かった先は千葉市の沖縄料理屋さん。
学生時代に一緒にバイトした友人が結婚するとのことで、二次会に行ってきた。
参加者は大学と会社の友人ばかりで、バイト系は私ともう1人の2人のみ、サプライズゲストということで本人には何の連絡もせずに向かった。
そして、どうやら我々は二次会幹事にとってもサプライズだったようで席も用意されておらず完全アウェー状態で二次会は始まった。始まったというか始まっていて離れたテーブルにぽつんと座る二人。
宴会が始まっても主賓である2人がなかなか現れず、いいかげん寂しくなってきた頃にようやく皆の輪に加わることに成功、その頃ようやく主賓も登場し、私たちを見て驚いてくれた。計画終了。
終了時間は特に決まっていないという恐怖のエンドレス二次会だったのだが、22時半くらいに会場を脱出する。
Hopukenppoi案の定宴会の料理だけでは満腹にはならず、途中でラーメンを食べるべくあっちに行ったりこっちに寄ったりで見つけたのが総武本線本八幡駅前にあるこってりらーめんなりたけ本八幡店。
「なんかこってりしたヤツをガツンと喰いたいねぇ」なんていいながら探していたのでまさに理想のラーメン屋さん。
背脂ギトギトなホープ軒っぽいラーメンだったが、健康のためにスープは残した。だから大丈夫。(なにが?)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »