« 紫陽花は食べるな! | トップページ | 冷やし中華を食べよう »

2008.07.10

お巡りさんは今頃打ち上げ

サミットが終わった。会場は北海道だったが、イギリス・スコットランドでサミットが開かれた時、会場から遠く離れた首都ロンドンで同時多発テロが起きたことから東京でも厳戒態勢がとられた。
私が仕事で回っている三多摩地区には米軍横田基地という重防施設があるため、都心並みの警備体制が引かれていた。
なにしろまばたき1回につきお巡りさん1人を見かけるといっても過言ではないほどの警備だった。
Kccyo
警察車両だって警視庁の車両だけでは足らず、警官の自家用車と思われる車やレンタカーも動員された。
レンタカーなんて名古屋からも借りてくる騒ぎ。「警視庁」と書いたマグネットシートを貼ればあっという間に警察車両の出来上がりだ。

サミットといえば警察車両マニアだけではなく、各国首脳の専用機が終結するので航空機マニアにもたまらないイベントだ。
昔なら騒音規制の問題で日本に乗り入れていなかったコンコルドを撮るにはサミットか皇室関連行事だけだったりと貴重な航空機を撮る滅多に無いチャンスでもある。
今回それらの航空機は新千歳空港に集結したので羽田などは静かだったようだが、横田基地にサミット関連で珍しい航空機がやって来た。

首脳専用機といえばアメリカ大統領専用機エアフォースワンが有名。もちろん今回は新千歳に飛来したのだが、このエアフォースワン(正確には大統領が乗っているときだけエアフォースワンと呼ばれ、通常は機種名のVC-25やコールサインであるSAM28000などと呼ぶ)と常に行動を共にする航空機がある。
E-4ナイトウォッチと呼ばれる航空機がそれで、核戦争が起きた時など地上で指揮が取れないときに空中からアメリカ全軍を指揮する役割を担っている。
さすが世界の警察を自認するアメリカである。こんなに危機管理に命をかけている国はアメリカ以外見当たらない。

今回E-4はサミット期間中横田基地に駐機していた。
サミット終了、ブッシュ大統領離日と同時にE-4も横田を発つわけだが、何時に飛ぶかも判らなかったので写真撮影はあきらめていた。
午後仕事がひと段落着いたので横田基地北側のエコパーク駐車場で休憩していると、どこからともなくジェット機がタキシングする音が聞こえてきた。
カメラを持って外に出るとなんとE-4がまさに離陸するところ!
E4
撮る気が無かったのでレンズも17-50mmしか持っておらず、なんとも寂しい写真だが、証拠写真ぐらいにはなったかな?

昔読んだ、題名も忘れてしまった漫画がある。
第三次世界大戦が勃発し、人類が全滅してしまった地球の空を、アメリカ大統領がE-4(もしかしたらVC-25だったかも…)に乗ってさまよっている。
すると対向する航空機を発見。なんとソ連共産党の書記長が乗った(ベアだったかな?)飛行機だ。
側近が「大統領!書記長の乗った飛行機です!」と叫ぶと大統領は窓から飛行機に向かって「バーカバーカ!赤い熊のロクデナシ!」等と叫ぶ。書記長のほうも同じように「白い豚のコンコンチキ!!」などと罵詈雑言を並び立てる。
核兵器という究極の兵器で戦い、人類を滅亡させてしまってもまだ言葉で戦うむなしさ。
なんかの短編集だったと思うが、なんてタイトルだったかなぁ…

かつてアインシュタインは「第三次世界大戦はどんな武器で戦うか私は見当もつかない。ただし第四次世界大戦なら判る。石ころとこん棒で戦われるだろう」と言った。
E-4は核戦争だけでなく大規模災害でも活用される。前者で使われることが無いよう祈りつつ、次回イタリアでのサミットが成功しますように( ̄人 ̄)

|

« 紫陽花は食べるな! | トップページ | 冷やし中華を食べよう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53490/41791487

この記事へのトラックバック一覧です: お巡りさんは今頃打ち上げ:

« 紫陽花は食べるな! | トップページ | 冷やし中華を食べよう »