« 平和の国の軍隊 | トップページ | 海難救助の最後の砦 »

2008.08.26

武器とラーメン

富士総合火力演習その2である。
前段、後段という2部構成の演習が終わると、活躍した装備品の展示会が1時間ほど行われる。
Apattiken
まず、昨年の演習から登場したAH-64攻撃ヘリコプター。
パイロットは「まさか日の丸をつけたアパッチを見るとは思わなかった」とおっしゃっていましたが、私も同じ気持ち。
でもあまりに高価なので今後の導入は中止になってしまった。まだ日本に数機しかないんじゃないだろうか。
ちなみにこのヘリはジャンボジェットでおなじみボーイング社製だが、パイロットに「ボーイングのヘリなんて珍しいですよね」と聞くと「そうそう、ホントこれぐらいだよね」と仰っていたが、すっかりCH-47チヌークのこと忘れていた。パイロット氏は私に話を合わせてくれたのかそれとも…

Type89
好きな武器、89式戦闘装甲車。うんうん、これだよね、やっぱり。
火器管制は三菱電機のコンピュータ(apricot?)によりコントロールされ、ボタン一つで操作できるという。まさに「ポチッとな」の世界。射撃手絶対言ってるね。

Anzen
東富士から熱海まで狙えるFH70 155mm榴弾砲の砲尾にある安全装置。やはり日本語である。
映画などで榴弾が飛んでくるとき「シュルシュルシュル~」等と音が聞こえるが、実際もやはり音がするそうだ。
隊員さんに「じゃあ音が聞こえたら逃げれば助かるんじゃないですか?」と聞くと「さあ?撃たれたこと無いんでわかりません」

Kagiana
イラク派遣ですっかり有名になった軽装甲機動車。車内の撮影は禁止だったのでドアを撮ってみた。
トヨタでも三菱でもなく小松製作所製というのはなかなか意外であるが、営業担当者、がんばったのかなぁ。
ちなみにドアの鍵は普通の乗用車と同じような物。車両によって全て違う鍵なのか隊員さんに聞いたらあまり詳しく教えてくれなかった。もしかしたら特防秘クラスの防衛機密だったのかも。こんな写真載っけて大丈夫だろうか…
ただ「もし全部違ったら管理するの大変ですよね」と聞くと「全てきちんと管理するのは当然のことです」と仰っていたのでやっぱり鍵は全て違うんだろうか。いや、これ以上追求すると家の前に白い73式小型トラックがやってくるのでこれくらいに。

Mrse
MLRS、多連装ロケットシステム。1本のロケットに644個の子爆弾を詰め込んだものが12本。最大120キロ先が狙えるという。東富士から熱海なんていう騒ぎではない。
ロケットミサイルなので発射の際には多量の燃焼ガスが出るため、基本的にMLRSは横に向けて発射するが正面に向けての発射も出来るとか。
燃焼ガスは有毒なため、運転席は完全に密閉され外部より気圧の高い陽圧状態になる。しかし、エアコンが無いので居住性は最悪だとか。なんかあと一工夫で冷たい空気ぐらい出そうな物だが。
KakkokariMLRSについている銘板。
なぜか「自走発射機(仮称)」となっている。制式されて16年。もう正式名称は決まったのだろうか。
ちなみに製造者は日産自動車となっているが、かつての中島飛行機を前身とする日産自動車のロケット、軍需部門である航空宇宙事業部は、日産のルノーとの経営統合によりリストラクチャリングされ、現在ではIHIエアロスペース社が製造している。

Type88
88式対艦誘導弾発射機。
100キロ以上彼方の内陸部から海上にいる敵艦を狙い撃ちできる優れものミサイル。
さらに何がすばらしいかというと
The_great
左ウインカーの隣に設置されたアンテナ基台の処理。
これはいつか見習いたい。
車両部は道路公団でも見かける三菱ふそうのザ・グレートの総輪駆動車だが、これもすばらしい。
これの全てのタイヤにチェーンを巻いたらもう走れないところは無いね、日本国内なら。たぶん。

Type73
忘れちゃならない73式大型トラック。
写真は1999年より配備された新型だが、ご多分に漏れず旧型のほうが好き。4連ワイパーの初期型がサイコー。
いつかその初期型を買ってフロントウィンドウ倒してオープン走行するのが夢。
新型でもオープンには出来るので最悪それでも可。

おまけ
Ramenya寝坊しておっとり刀で駆けつけたため、何も食べずに15時過ぎまで富士の裾野をうろうろしていたのでとにかくお腹が空いた。
というわけで遅めのランチは10年ぶりぐらいに訪れた山北駅前のラーメン屋「柳麺八(らーめんや)」にてラーメン&チャーハン。
いや~、うんまかった。

|

« 平和の国の軍隊 | トップページ | 海難救助の最後の砦 »

コメント

 総火演レポ、お疲れっす。
 軽装甲車の内部撮影NGでしたか。ワタシが昨年行った千葉での防災訓練ではフルオープンでしたが・・・。「この車内って、余計なモノが無くて意外とシンプルなんだな」という記憶があります。まあ、カーステとかナビついていたらそれはそれで面白いのですが。
「有事で砲弾飛び交う悪路の戦場で走っても音飛びしないカーオディオ」最強です(笑)。

投稿: 二方面 | 2008.08.26 20:44

見るのはOKだったんですが、なにやら無線機がドンと鎮座してまして、魅力的な数字とか文字が丸見えだったのがNGだったのかもしれません。
見るのはOKだったのでそれほどの機密じゃ無いとは思いますが(^-^;

地方の駐屯地から首都防衛に駆り出されたりしたらカーナビは必須かもしれませんね~
軍歌を歌うのにカーステも必須だろうし…
iPodが接続できるようになっていれば音飛びとも無縁ですね!

投稿: ごつ | 2008.08.27 00:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53490/42277017

この記事へのトラックバック一覧です: 武器とラーメン:

« 平和の国の軍隊 | トップページ | 海難救助の最後の砦 »