« 海難救助の最後の砦 | トップページ | 闇の子どもたちを見た »

2008.08.28

海自最小の艦

Jaf夏休みの日曜日である。そりゃJAFも大忙しだ。
ここは千葉から来るのか神奈川来るのか…
海ほたるの住所は「千葉県木更津市中島地先」で、郵便物は千葉県から運ばれる。とすればJAFも千葉から来る。と思うけど判らない。
そんな海ほたるに、避難訓練の一環として海上自衛隊の多用途支援艦えんしゅうが接岸した。
実は四年前、友人の持つクルーザーで東京湾をうろうろした時、この海ほたるにも寄ってみた。
すると、岸壁があったので「上陸しちゃおうぜ!」と近づくと「この桟橋は緊急用のため係船禁止」とでかでかと書いてあり上陸を断念したことがある。
今回えんしゅうが接岸したのはまさにこの緊急用の桟橋。
Tyakugan
そんなに広いとはいえない桟橋だが、何しろ緊急用なのでそんな物かもしれない。
ここから東京湾一周の観光船なんて出したら面白いかもと思った。
えんしゅうは多用途支援艦と呼ばれ、基準排水量980tは自衛艦の中で最小で、これ以上小さいと「艇」と呼ばれる。
多用途支援艦の役目はそれこそ多用途で、主なお仕事は護衛艦などの訓練のお手伝い。
射撃訓練の標的を操縦したり模擬魚雷を撃ったりしたりするという。そのため、潜水艦と交信するための無線機も装備されている。
また小さい艦ということを生かし、陸自の特殊部隊を入り組んだ港の奥地に運ぶなんて仕事もあるらしい。
そんな作戦中の写真が飾ってあったが、後部甲板に迷彩のゴムボート、顔まで迷彩を施し陸自迷彩のジャングルハットをかぶった隊員が並んだ様はまさにオメガ。
他にも故障などで動けなくなった艦船を引っ張って連れて帰る役目まであって、隊員さんは「何でも屋ですよ」なんて自嘲気味におっしゃっていたが、いえいえ縁の下の力持ちはかっちょいいです。
ちなみに潜水艦から自衛隊最大の艦船、13500tのましゅう型補給艦までどんな自衛艦でもけん引する能力がある。

早速艦内に入りうろうろしてみる。
252_3
いきなり現れた要救くん。妙にリアルな縛り方で固定されながら笑ってる。
まさか射撃の標的じゃ…ないよね?

Docomosentsu
ドコモ・センツウの船舶電話。
ドコモ・センツウはかつて日本船舶通信株式会社というかなりお洒落な社名だったのだが、エヌ・ティ・ティ移動通信網株式会社が株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモと社名変更した2000年4月、時を同じくしてドコモ・センツウと社名を変更してしまった。
せんつうせんつうと昔から呼ばれてはいたが、やっぱり正式名称は日本船舶通信のほうがいいのになぁ。

Maruhi_2
艦内電話? 普通のビジネスホンである。
このテプラは私のデスクにある電話にも応用できる。早速貼ることにしよう。

Tyosann
艦橋にセコム発見。セコム、してますか?
イージス艦と漁船が衝突した事故を受け、全ての自衛艦の艦橋にハードディスクに録画する監視カメラが設置されたそうだ。
別に泥棒が入ったらセコムが駆けつけるわけではなく、監視カメラシステムをセコムが納入したとのこと。
自衛隊の電気製品なら三菱電機、みたいなイメージがあるが、セコム頑張りました。

Hakai
装備品には整備担当者の名前を書いたプレートが貼ってある。
整備というのはもちろんメンテのことだが、同じく破壊担当の名も書いてある。
これは船が沈む時や敵に拿捕される時に物理的に破壊する担当者である。
どういう風に破壊するのか隊員さんに聞いてみると、「とにかく壊す」とのこと。
えんしゅうは艦の性格上たいした武装も無いぱっと見軍艦には見えない船である。だが、こういう細かいところに改めて戦争にも使う船なんだなーと思わされるところがある。
左に書いてあるDは破壊の優先順位を表す記号で、えんしゅうの装備品はそのほとんどが優先順位の低い装備との事。
ちなみにこの時話を聞いた隊員さんは米海軍電子偵察機EP-3が中国に強制着陸させられた事件を例に挙げた。これまたマニアックだなぁと思ったが、EP-3はどこかにある赤いボタンを押すと機内の機密情報が瞬時に消えてコンピュータの基板に特殊な薬品が噴射されて物理的に破壊されるとかまことしやかな噂が流れたなーと思い出したり。

Genroku
そんなこんなで見学も終わり、軽く食事を取ってくだらなかったり重要だったりする話でさんざん盛り上がりつつ海ほたるをあとにした。
Blueforceさんは「屋根を空けないCCはただのクーペ」とばかりにオープンで帰っていった。
トンネル内はよかったが川崎側から出てしばらくすると土砂降りになったのだが大丈夫だったのだろうか。

|

« 海難救助の最後の砦 | トップページ | 闇の子どもたちを見た »

コメント

自爆装置(?)ポチとな係が曹長とは驚きです。
艦長クラスの職責だと思ってました。
スイッチを押した後、羅針盤に体をくくりつけ…
「貴艦ノ尽力ニヨリ多クノ乗員ノ命ガ助カッタコトニ感謝ス。靖国ニテ待ツ。サラバ。」とか電文を残して。

投稿: まつい | 2008.08.29 14:56

こんな末端な機械まで艦長が壊すとなるといざという時は金槌持ってあっち行って「ガツンッ」、こっち行って「ボカンッ」でおちおち体もくくりつけてられなそうで…(^-^;
壊す担当はいつも機械を操作する隊員さんのようです。

投稿: ごつ | 2008.08.31 00:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53490/42306012

この記事へのトラックバック一覧です: 海自最小の艦:

« 海難救助の最後の砦 | トップページ | 闇の子どもたちを見た »