« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008.09.30

大統領暗殺を見た

びっくりした。何の予備知識も持たず、タイトルだけで見た映画、大統領暗殺
ザ・センチネル/陰謀の星条旗と勘違いして見始めたのはここだけの話だが、アラブ人っぽい女性が「大統領を暗殺するなんて…」と嘆くシーンから始まるオープニングからぐいぐい引き込まれた。
大統領が死ぬの?アフガンの大統領?なんて思いながら見ていると死ぬのはブッシュ大統領。
何がすごいって本人が出ている。ブッシュ大統領やチェイニー副大統領、金正日朝鮮民主主義人民共和国国家主席間で出演(約3秒)している。

映画は大統領暗殺を検証するテレビのドキュメンタリー番組を模している。このような映画をムービー+ドキュメンタリーでモキュメンタリーと呼ぶらしいが、その再現っぷりが素晴らしい。
生中継の準備中、撃たれた大統領を乗せ急発進する大統領専用車にびっくりするレポーター。大統領を救えなかったことを嗚咽を堪えながら証言するシークレットサービス。落ち着かない様子で背中を掻きながら容疑者について語るイラク帰還兵。とにかくすべてが映画に見えない。そのものドキュメンタリーを見ているようだ。
なにしろ葬儀のシーンにブッシュの遺影まで出てくるし、チェイニーの演説まである。
アメリカのニュース番組でよく見る、画面下部に流れるニュース字幕には「9・11以来の株価値下がり」とかでちゃって、ホント気をつけないとすべてが事実に見えてしまう。

出てくる俳優はほとんどが素人で、自分のセリフの台本しか渡されず映画の全体像は知らずに撮影に臨んだとか。
こんな刺激的な映画を作ったのがイギリスだというのにも驚く。

ちなみに映像はすべてにおいて刺激的だがストーリーは陳腐。「大統領が暗殺されたら世界はどう動くか」などと映画のパンフは謳っていたようだが、話はアメリカ国内での犯人探しに終始する。
ストーリーよりも映像を楽しむ、そんな映画だと思った。

ちなみにこの映画、アメリカでは上映やコマーシャルが拒否されるなど「表現の自由」に絡んだ議論があったという。
まだ記憶に新しい、映画「靖国 YASUKUNI」を思い起こさせるが、この映画の監督も「死の脅迫」を受けたそうだ。
なんというグローバルスタンダード。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.28

おでんといえばおでん缶ではなく静岡おでん

Dobokurikkoku先だって、ご当地B級グルメの旅で静岡は富士宮焼きそばを食べに行ったが、今回はその続編として静岡おでんを食べに行った。
静岡おでんの由来はこちらを参照していただくとして、まあ簡単に言えば大正時代におやつ代わりに串刺ししたおでん種をつまんだのがそもそもだとか。

という訳で、通るたびに先人の努力についつい胸が熱くなる東海道随一の難所、由比町を抜け静岡に向かった。
ちなみに昨年1月、由比町では「地すべりフォーラム2007 in 由比」という催しがあったらしい。ちょっと行ってみたかった。

Odendenden
なんやかんやでのんびりと向かったため、現地着が18時。いろいろ候補の地はあったのだが、暖簾をくぐったのは昭和ホルモン串焼亭というお店。
なんだか普通の居酒屋なのだが、静岡おでん目当てでなくても串焼きやサラダが美味しくて十分楽しめるお店だった。
もちろんおでんも美味しい。
静岡おでんは汁が無いのが特徴との事で、汁がたっぷりしみこんだおでん種だけでいただく。
いや~、名物と名乗るだけあって美味い。牛すじや、静岡おでんといえば黒はんべと言われるはんぺんを美味しくいただいた。

さて満腹りんになったところで帰路に付くわけだが、途中三島を通るので、先週の結婚式で使うためにみっちーさんからお借りしたシグマの超広角レンズをお返ししようとメールをしてみた。
すると、御殿場のそばの小山町にあるボーダーレイヴァーズと言うスロットカーのお店にいると言うことで遊びに立ち寄ってみた。

これがまたなかなか濃ゆく、山あいにひっそりとたたずむ大人の隠れ家と言う言葉がぴったりのお店。
そこで初めてスロットカーを体験したのだが…10年以上前、小さなスケールのスロットカーはさんざんハマって遊んだのだが、大きなサイズのスロットカーは…面白い!
何しろクルマがリアルなんだもの。10年以上昔の、ポリカーボーネイト製ボディーのちんまいモデルとはスケール感がまったく違う。
2007年ダカールラリーのチームレプソル三菱ラリーアートのパジェロエボ。ホントーにかっこ良かった。ありゃヤバいね。

と言う訳で静岡おでんの美味しさとスロットカーの面白さに気付いた一日であった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.09.27

チキンラーメンど~んぶり

Tikinramen先日トミー&ヤスミンさんのプジローさよならドライブに駆けつけた際、ご夫妻からチキンラーメンドンブリをいただいた。
さっそくドンブリを使ってチキンラーメンを作った。
料理は器で愉しむともいうが、いただいたドンブリを使ったチキンラーメンはなんだか「純正」の味がした。

トミー&ヤスミンさんありがとうございました~

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.09.26

キーレスモデルチェンジ

Kagi1月に購入したコムエンタープライズのキーレスが3月に壊れた。
年度末の忙しい時だったのでメーカーに問い合わせるのが遅くなり、気付いた時には保証が切れてしまっていた。
キーレス本体が思った以上にしょぼい質感だったこともあり、あれこれゴネても同じキーレスが戻ってくるならそれも馬鹿らしいのでとりあえずそのまま「大きいキーホルダー」として使っていた。
で、久々にコムエンタープライズのサイトを覗いてみると、新たにスリムタイプが登場していた。
サイトで見る限りかなり質感が向上しているようだし、電話で聞くと今までの配線も使えるとの事だったので相変わらず安いこともあったので懲りずに買ってしまった。
届いた新型スリムタイプを見ると質感はなかなか。
写真奥側が旧タイプで手前が新タイプ。写真で見る以上に質感が向上している。
大きさもコンパクトになり、プジョーのキーレスと見比べても見劣りしない出来に満足した。
ただ、2つ届いたうちの1つのボタン動作がしっくり来ない。押した感が無いというか、押してもふにゃっとした感触しかしない。
こいつはいけません。保証が切れる前に連絡しなきゃとあわてて電話すると、「申し訳ないが分解してボタン部にゴミが詰まっていないか見て欲しい」との事。
私は別にそんなの朝飯前だが、モンスターユーザーならキレちゃうんじゃね?と思いつつバラしてみても結果は同じ。
で、もちろん新品と交換していただきました。
取り付けもリモコン受信機を古いやつと交換しただけで動作OK。
やっとバブル時代の高級車ランドクルーザー80もキーレスを装備して現代の高級車にまた一歩近づいた。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008.09.25

超広角レンズかフルサイズボディーか

先週末は学生時代の後輩の結婚式に出るために岐阜に行って来た。
プジョーの、距離計が通常の三倍の速さで回る人たちと付き合っていると岐阜ならクルマで行くもんじゃね?とかふと思ってしまうのがちょっとヤバイ。
まあ酒も飲むし翌日が仕事なので新幹線で行った。っていうか、酒云々言う前に常識人なら新幹線しか思い浮かばないと思う。

Hitmanで、結婚式で写真撮るならやっぱ超広角が必須だなぁと考え、みっちーさんからシグマの10-20mmをお借りした。
大学時代の友人の結婚式は、周囲の和やかな雰囲気と違い我々のテーブルだけがなぜか高級フレンチレストランで開かれるマフィアのパーティーみたいになる。
以前、わざわざサイレンサー付きのUSPを買ってきて、パーティーをぶち壊すシーンを演出しようとしたやつもいた。いや~新郎のドテッ腹に鉛弾ブチこんじゃまずいでしょ(^-^;

Dena
いろいろ写真を撮ったのだが、屋内のイベントだと超広角レンズが楽しくてしょうがない。
借りていったのは正解だったのだが、やっぱり自分のが欲しくなってしまった。
私は18-35mmのニッコールを持っているのだが、ニコンDXフォーマットだと1.5倍の27-52mmになってしまう。
ところが先日発売されたD700ならそのまま18-35mmで使える。
夏あたりの値段がこなれた頃にD700を買うかな~と思っていたのだが、なんと今月末にタムロンから10-24mmというかなり魅力的なレンズが出ることをthink_iさんのブログで知ってしまった。
ヨドバシ.comで6万円を切る価格。こりゃ欲しい…
これならDXフォーマットでも15-36mm。18-35をD700で使うのとほぼ同じだ。しかも広角側はさらに広く使える。
う~む…来月はFBMもあるし…悩みどころである。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008.09.24

ちょっと珈琲でも

Makkusu_3
ペットボトル2題。右は、以前はっぴっぴさんのブログでコメントしようと思った「はまっ子どうし」
これは横浜市民の飲料水の水源地の一つ、山梨県南都留郡道志村を流れる道志川の表流水をボトルに詰めたもの。正真正銘の天然水である。
味は味音痴の私に聞かれても困るのだが、「水」である。
水と安全はタダだと思っている私は、ペットボトルのお茶や水はまず買わないのだが、買って飲んでみてやっぱりただの水なのでなんとなく損した気持ちになってしまうあたりが貧乏性である。やっぱり買うなら味がしないと…

というわけで買ったのが左のマックスコーヒーXである。
やっぱりこれくらいガツンと味がしないと金を出す意味が無いよ…
マックスコーヒーについてはこちらが詳しいので、気になる方はどうぞ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008.09.20

Anniversary

先日、206SWが車検ですよ~というダイレクトメールが届いた。
2年前、307CCを買うに当たり下取りに出した車なのだが、いろいろおかしいぞ。
そもそも今手元に無いクルマのDMが来るというのが問題なのだが、あのクルマ、初年度登録は04年3月だったはず。
購入は確かに04年10月だったが…本来なら車検は来年の3月なんだけどなぁ。
もう206SWには乗っていないと伝えたはずなんだが、まあ顧客管理に関して言えばワタシも仕事でいろいろやらかしていて迂闊なことは言えないのでそこら辺はまったく気にしないことにする。

ふと思いついてこのブログの第1回目の投稿を確認してみると…!!
やっぱり!2004年9月20日の「こ、これでいいの?」から今日の記事が618件目、5年目に突入する記念すべき投稿になる。

思いおこせばセカンドカーにプジョーでも考えてみようかな~というのがこのブログを始めるきっかけだった。
第1回目の記事でも言及しているが、当時ブログというと政治的なオピニオンを発信するネットでの市民新聞的なイメージがあり、そして何より「トラックバック」という意味がまったくわからず、勝手に敬遠していた。
しかしどうやら日本では絵日記的に使う人が多いと聞き及び、なんならやってみっかと手を出してみたのがこの「ブログのはしくれ」である。

始めた当初は写真も小さく文章も短めで探り探りなのがほほえましい。
ネタはプジョーだったりランクルだったり自転車だったり場末の定食屋だったりでホント何のこだわりも無いブログだが、一応「写真は全てオリジナル」(ただ1枚だけ他サイトから借りています)、「法令遵守」と「0災で行こう!」をモットーに4年間続けてきた。
このブログ、いつまで続くか判らないが、ニフのディスク容量はまだ97%も残っているのでしばらくは続けられそうである。

この記事を書くに当たって過去の写真をいろいろ眺めていたら面白いものがあったので載せてみる。
Lzkakuho
これは2004年10月、パシフィコ横浜で行われた国際航空宇宙展であった航空自衛隊ヘリコプターのデモンストレーションの様子である。
さてどこの救難隊のヘリだろーかと検索して引っかかったのがこのサイト。百里だそーです(笑)

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2008.09.19

バブルへGo!

エイベックスグループが「CLUB LEGEND 20th」と題し、90年代に時代を席捲したディスコを5カ月にわたり都内で復活させるイベントを開く。
今回復活するディスコのひとつ、マハラジャがイケイケだった頃ワタシはビックコミックスピリッツを愛読する高校生だった。
当時人気連載だったホイチョイプロの「気まぐれコンセプト」(なんと今だ連載中だ!)を読んでは「あぁ~、俺も大学を卒業したらディスコに行って踊りまくるのかなぁ」なんて思っていた時期もあった。
大学に入ってからもディスコブームは続いた。ジュリアナ東京が超イケイケだった頃、「あと数年もしたら俺もイタ飯屋でディナー喰ったあとディスコに行っちゃったりするヤンエグになっちゃうのかな~」なーんて思っているうちにバブル崩壊。
初期の就職氷河期世代でもあるワタシは、なんとか東京田町に本社のある会社に就職した。
先輩社員の「ついこの間までの田町駅はすごかった。夕方になると改札前はワンレンボディコンであふれかえっていた」と教えてくれた。
数年前の本社勤務だった頃、さびれた定食屋や昭和初期の木造建築「協働会館」が建っていたりする味のある下町にある旧ジュリアナ東京を見に行ったことがある。
現在はASR芝浦というスポーツショップになっているのだが、かつてのVIPルームやアルマイトの洗面器のようなトイレなどは当時のまま残っていた。
なんとなく、学生だった頃に思い描いていた憧れというか「大人になったらやるべきこと」の一つを達成した気分になった。イタ飯はサイゼリアの登場で夢でも憧れでもなくなってしまったが…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.09.17

プジローよ永遠に

プジョー仲間のトミー&ヤスミンご夫妻が、愛車、206CC(プジロー号)を手放されるということでさよならドライブ&グルメ旅が三浦半島を会場に行われた。
もちろんいつもお世話になっている私なのでこりゃいざ三浦だわいと駆けつけたかったのだが、いろいろとはずせない用事があり一部だけのスポット参戦になってしまった。
今回カメラを持って行ったのだが、なんだかばたばたしてしまい肝心のプジロー号の写真は何故か一枚も…

ウチは当初、206SWでCdeCの方々と遊びはじめたのだが、206CCオーナーのトミヤスさんがいたおかげでなんとなくすーーっとフェードインする勇気が持てた。
みんなと出会うきっかけになったプジロー号は無くなってしまうけど、また欲しくなったら年末ジャンボを当てて買えばいいだけの話だし、そんなことよりもんじゃ焼きはいつ食べに行きますかって話です。
年末はいろいろ忙しいと思いますが、また遊んでくださいね。

Syuugouプジローさよならドライブなのにこんな写真を載せるのもナンなんですが、隅っこに追いやられたT6307CCでお別れの挨拶を〆させていただきます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.09.11

もやもや…

「伝説の刑事ドラマ、西部警察が復活!演じるのはSMAP!!」なんてニュースをもし聞いたとしたら多分こんな気持ちになるんだろうなと思ったのが「『黒部の太陽』をフジテレビが主演・香取慎吾でドラマ化!」のニュース。

「伝説の」とか「幻の」という枕詞がつく場合、中身は伝説でも幻でもなんでもないことが多いが、「黒部の太陽」は本物の伝説の映画だと私は思っている。
私はドラマや映画を出演者で良いだ悪いだいうのはあまり主義ではないのだが…うーーーーん、なんだかすごくもやもやする…。なんだろう、このもやもや感。「蘇る金狼」のアレかなぁ。

大町トンネル掘削シーンで、度々現れる破砕帯での出水事故で遂にキレた主人公が、「うおおおおおおおお!!」と叫びながらつるはしをドカチンドカチン振り回したらあっさり掘り終っちゃった、なんてストーリーにはならないと思うが…

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008.09.07

307CCヘッドライトバルブ交換

夜間走行中、なんとなく前が暗いな~と思っていたら、案の定ヘッドライトの右側のLOWバルブが切れていた。
バルブ交換なんてメンテナンスの中でも初歩の初歩だと思うのだが、輸入車をいじるのはあんなことがあって以来なんとなくビビッてるし周囲の信頼も無い。
が、ここで引き下がっては修理の神様が嘆くに違いない。
というわけで近所にオートバックスがオープンしたのでバルブの品定めに行ってみた。
Ichikawapressfactoryと、意外とお安い高効率バルブを発見。
売り場に置いてある適合表でバルブの規格を調べると、プジョー307CCのLOW側はH1だったりH7だったりでまちまち。前期と後期で違うようだが、その場でディーラーに問い合わせると後期LOW側はH1だと教えてくれた。
4400K(ケルビン)、110w相当の明るさで、IPF製。
これで2980円なら買いでしょ?と即購入し、駐車場でチキチキバルブ交換大会となった。

Kabaまずは右側ヘッドランプ裏を丁寧に覆っているカバーを外す。
当初左側が切れたなら交換楽なのになーと思ったが、純正品以外を使うなら左右同時に交換しなきゃいけないことにこの時気付いた。
で、まず写真赤丸に見えるカバーを留めているプラスティックのビスを外す。
本当は外すためのちゃんとした工具があると思うのだが、そんな物はフランスに行かなきゃ買えないっぽいので今回は気合で外す。
写真手前下側でカバーがフック状になってボディーに引っかかっているが、それをパチンと外せばカバーが取れる。

Raitonouraカバーを外して見えてくるのがこのゴムの蓋。黄色い目印があるので捻って外すタイプかと思いきやただかぶさっているだけだった。
これをガポッと外せばバルブとコネクターが見えてくる。
ちなみにこのカバー、MADE IN ITARYの刻印があった。なんかそれだけでオシャレなデザインを思い浮かべてしまうが、ただの丸いゴムの蓋である。

Barubuまずはコネクターを外し、針金のロックピンを押し込んで外す。そうすればバルブが自由になるので50番の信管を抜くが如くゆっくりとバルブを引き出す。これで作業前半は終了。
取り付けは今までの逆の作業をすれば問題ない。
バルブ取り付けの向き(ライトユニット側に切り欠きがあり決まった方向にしか取り付けできない)とゴムの蓋(防水機能があるため)の取り付けだけ気をつければ問題はない。

バルブに添付されている取扱説明書にも書いてあるが、作業時には必ずエンジンを切りライトを消灯するのはもちろん、バッテリーのマイナス端子を外すことを忘れてはならない。
万が一ショートなどした場合、MDFにいろんなエラーが表示された挙句エンジンがかからなくなり、プジョーアシスタンスにペコペコ謝ってドナドナされ2,3日車がつかえなくなるばかりか、最悪の場合火災が発生する事だってありえる。
要はこのブログを見て作業をして何かあっても私は責任取れませんよ、って事です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.09.03

近況

Nikkunikuこんなブログを書いておきながら言うのもなんだが、ブログにプライベートなことを書くのはあまり好きではない。
が、古い知り合いの中にはこのブログで私の近況を知る方々もいらっしゃるようなので今回は極めて私信的な記事で。
といってもたいしたことではなく、先月を持って転職いたしました。
以上。

実はこの2年半ほど、会社の都合であっち行ったりこっち行ったりでいろいろ大変だったワケで、まあそれが理由の全てではないがスッパリ会社を辞めてしまった。
で、2年半前までお世話になっていた職場連中がお別れ会を開いてくれたので財布は家に置いて参加してきた。
場所は横浜の隠れた名店「nemo
焼肉屋さんなのに椅子が白い革という私の中ではありえないお洒落なお店。
久しぶりに会う仲間たちと飲んだり喰ったりがすごく楽しい。トロトロでうんまい壷漬けカルビがまた場を盛り上げる。
宴もたけなわとなった時、幹事より「プレゼントの贈呈」の号令!。
いやね、いやらしいとは思うんすけど、これ恒例なんすよ、ウチらのお別れ会では。
今までもね、結構豪華なプレゼントが贈られてきたわけですよ。そりゃ期待しちゃうっつーの。
で、出てきたのがでっかいヨドバシカメラの紙袋。
マジ?え?D700?!いやそりゃ嬉しいけど!!そんな高価(実勢価格26万円前後 価格.com調べ)なもんワリィよ!!
ん?あれ?紙袋、思ったより軽いよ?

もちろんプレゼントは値段じゃないですからね。込められた思いが大切ですから。
Dofanで、ガサゴソやって出てきたのがこれ!
キターーーですよ!ラジコンヘリコプター!
マジでこれ欲しかったおもちゃの一つ。屋内で飛ばせるラジコンヘリ。で、一番好きなドーファンがモデルになっている。
ドーファンだドーファンだと大喜びの私を見て、みな「やっぱり好きだったんだ」「な?戦車とかヘリ好きだって言ったろ?」と口々に言っている。
あれ?そういえばカミングアウトしたことあったっけ?と思ったが、机の上見てりゃ判るか…
それにしてもドーファンの特徴をきっちり再現しているいいラジコン。
せっかくのプレゼントなのでオリジナルのまま楽しむのもいいけど、
Tanzawaこんな色に塗って「激撮!交通警察24時!!暴走車を追い詰める県警航空隊!空飛ぶパトカーは犯人を絶対逃さない!!」ゴッコをするもよし。

Hamatidoriこんな色に塗って
「横消ヘリ1から消防横浜、横消ヘリ1現場付近到着。建物より白煙若干上昇中。なお屋上に人影などは認められない」
「横消ヘリ1状況報告、建物より白煙若干上昇中。逃げ遅れ等はいない模様。消防横浜了解。25分。」ゴッコをするのもいいなぁ。

いやぁ、こんな夢が広がりんぐなプレゼントを頂き、挨拶でもちょっとだけウルッとしながらお別れ会はお開きになった。

辞めた事をちょっとだけ後悔した、そんなお別れ会だった。
ちなみにラジコンヘリは、送信機で使う乾電池(006P型9Vなんて普通常備してないと思う)が無いのでまだ飛ばしていない。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »