« さよならスタイル | トップページ | 渋谷でランチ »

2008.10.05

2008国際航空宇宙展に行ってみた

Intakontito60このブログをはじめてすぐの頃、パシフィコ横浜で国際航空宇宙展という展示会があり、目の前の臨港パーク前海上 であった各種ヘリコプターのデモフライトの様子を記事にしたことがある。
今読み返すと、せっかくのレアなヘリコプターやブルーインパルスの写真があまりにも小さくてびっくりする。

という訳で、4年に1回開かれる国際航空宇宙展に行ってみた。
今年もブルーインパルスの飛行が予定されていたが、そちらは悪天候のためキャンセル。
当初はパシフィコ横浜内の屋内展示は入場料もかかることだし、ヘリの展示飛行だけ見て帰るつもりだったのだが、最近プジョーというよりミリタリーネタでお世話になっているつちだ。さんより「入場券あるよ~」とお誘いいただいた。
それは是非!ということで、同じくホンモノのミリタリーマニアで大阪日帰りドライブで徹夜明けのまついさんと一緒にみなとみらいに行ってみた。

デモフライトは13時からだったのだが、ちょっと早めに会場に着いた。臨港パーク隣にある臨時へリポートからは甲高いエンジン音が響いてなんとなくテンションが上がる。
Konbatto
13時ちょうど、航空自衛隊航空救難団新潟救難隊のUH-60J(48-4579)がヘリポートを飛び立つ。
航空救難団は墜落、遭難したパイロットたちの救助をその一義としている。なので活動地域は時と場合によっては戦闘地域となる可能性もあるのでその機体は洋上迷彩と呼ばれる海上で目立たない塗装となる。
なんのかんの言っても自衛隊は戦闘集団である。コンバットレスキューと言われる戦地での救難活動を想定する航空救難団は、海上保安庁の特殊救難隊とはまた違う存在感がある。

Yokokawa
続いて、横浜市安全管理局のAS365N2はまちどり1号(左:JA6740)と川崎市消防局のBK117C2(右:JA01KF)。
消防ヘリは、国費で整備する警察ヘリと違い各自治体が自力で購入するためカラーリングはその自治体オリジナルになる。
東京消防のヘリが一番「消防ヘリ」っぽいカラーだと思っているが、この川崎消防のカラーはなんとも地味だ。
が、以前増水した多摩川河川敷で中州に取り残された釣り人を救助する川崎消防のヘリを見たことがある。地味なのに大活躍するその姿に、グッときた。
横浜消防とのペア飛行は見たことが無かったのでちょっと嬉しかった。

Bietonamu
「またベトナムを思い出すとか言いだすんでしょ?」
陸上自衛隊立川駐屯地のUH-1J(JG1875)がデモフライトを始めるとき、つちだ。さんに先手を打たれた。
はい。イア・ドラン渓谷の戦いを思い出しましたよ。
4枚ローター全盛の今、ベル伝統の2枚ローターによる「バタバタ」という独特な音を聞けば誰だってあの過酷な戦いを思い出す。

Konnitiha
海上自衛隊館山基地第21航空群のSH60J(21-8271)のデモフライト。
このヘリが一番気合が入っていたというか魅せるフライトをしてくれた。
なので何枚か。
Intakonti

Huusya
インターコンチネンタルホテルや瑞穂埠頭にある風力発電所(ハマウィング)と比べるとその飛行高度が判って面白い。
この風車やベイブリッジがヘリの背景に来ると周囲のカメラマンたちもいっせいにシャッターを切る。やっぱりシャッターチャンスだよね。

Yamap
最近ドラマの影響か人気があるドクターヘリ。今回は、神奈川県の東海大学医学部付属病院で活動している朝日航洋のBK-117C2(JA6910)がフライト。
普段患者さんの搬送で静かで滑らかなフライトを心がけている反動かかなりキレのあるデモフライトだった。
Gibatyann

Gakkierika
ドラマで使われたMD902とは違う機種なのだが、ドクターヘリは塗装が統一されていることもありどれも同じに見えてしまう。
ストレッチャーを収納しやすいように機体後部に左右に開くドアをつけたり機内で処置が出来るように天井を高くするとどうしてもデザインが似てしまうのかもしれない。

屋内展示ではアメリカの老舗ヘリメーカーのベルがベル429という新機種を発表していたが、これまた流行なのか必然なのかBK117などとそっくりなデザインだ。むしろBK117が30年近く前に機体後部の観音とびらをつけた先進性がすごかったのかもしれない。

Kai
〆は海上自衛隊岩国航空基地の飛行艇、US-2(71-9902)が会場をローパス。ちょっと撮影場所が悪く真下からのアングルになってしまった。
まるで船のような機体がよく判るのだが横からも撮りたかった…

怒涛のデモフライトはこれで終了。なんと2ギガのSDカードを使い切ってしまった。残弾数を考えずに撃ちまくるなんて大失敗。
このあとつちださん、途中からやってきたおときちさん、まついさんと屋内展示を堪能した。
ミサイルやヘリコプターからボルト・ナットまでさまざまな展示があり、富士重工のブースでは「ウチもホンダさんに対抗してビジネスジェット機作りますからよろしくお願いします!」(え?買えってこと?)なんて言われながらあちこち見て回った。

つちださんのおかげで予想以上に航空宇宙展楽しめました。ありがとうございました。
徹夜明けで、後半ほとんど無意識で会場を回っていたまついさんお疲れ様でした。

|

« さよならスタイル | トップページ | 渋谷でランチ »

コメント

お疲れ様でございました…って自分が。( ̄Д ̄;;

さっすが、ごつぶちょー!
ヘリのローターやUS-2のペラが廻っている。
約4コマ/秒と4GBのSDHCにモノ言わせて連写したのに、全部止まって写っていました…(ノ_-。)

ええ。
昼過ぎまで泥眠りでございました。


投稿: まつい | 2008.10.05 22:18

>まついさん
時間とともに生気を失っていくまつさんが心配で心配で…(笑)
本当にお疲れ様でした。

ヘリ写真業界では、ローターは止めちゃダメだし回し過ぎもダメらしいですね。
なんとも難しい物です。

投稿: ごつ | 2008.10.06 01:22

ぐぁぁぁぁ、、行きたかったです。。
洋上迷彩のUH-60見たかった‥

"ベトナムを思い出すぜ"のセリフは
ダイハード1作目の突入シーンを思い出すのですが(笑)

投稿: トミー | 2008.10.06 01:43

>トミーさん
そうそう、あれもイロコイでしたよね。
あっという間に死んじゃったFBI捜査官…

4年後ぜひ…(^-^;

投稿: ごつ | 2008.10.06 11:38

ありゃありゃ、いらっしゃいましたか。私はUS-2狙いで、厚木と迷いましたが、AMは出勤なので帰りに狙いましたよ。日本でもNAVYのほうが弩派手にやってくれて楽しめましたね。会場は、興味津々で、ネ20が見れたのがぴか一でした!

投稿: どら猫 | 2008.10.06 21:44

>どら猫さん
海自さん、陸地にはあまり近寄ってこないと思ったんですが(笑)、ヘリ機動の見せ方判ってましたよね~。
ネ20、私も見ましたがレア物だと知らなくて写真を撮りませんでした。どこかのブースに零戦の栄エンジン飾ってたらしいのですが、それを見忘れたほうがショックで…(^-^;;

投稿: ごつ | 2008.10.07 10:11

遅ればせながら,お疲れ様でした~!(⌒∇⌒)
いやぁ,いつもながら写真もコメントもお見事!です。
σ('-')もレポ乗せようと思ってたんですが,コレ見ちゃうとなぁ(笑

ちなみに,ネ20は毎回展示してますよね。
航空宇宙展の他,立川基地祭りなんかにも貸与してますから,次の機会に是非!(笑

投稿: つちだ。 | 2008.10.12 00:45

>つちだ。さん
でも600枚以上撮ったうち使える写真は30枚も無かったです(^-^;
銀塩時代には考えられない歩留まりですね。

他のブログ見ると遠方からネ20だけを見るために来る方とかもいらっしゃったようでびっくりしました。
立川基地祭りも行ってみたいイベントの一つです。
その時はちゃんと写真撮りますね(笑)

投稿: ごつ | 2008.10.13 01:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53490/42690997

この記事へのトラックバック一覧です: 2008国際航空宇宙展に行ってみた:

« さよならスタイル | トップページ | 渋谷でランチ »