« レンズこわい | トップページ | フレンチフレンチ in 幕張 »

2008.11.17

牡蠣の季節

Bururaitoyokohama牡蠣の美味しい季節になってきた。いや、柿も美味しい季節だが。
ということで、横浜ベイクオーターにあるKinkawookaに行ってみた。
Kinkawookaとはオーストラリアの原住民の言葉で「綺麗な水」という意味らしい。ちなみに“ウィスキー”の語源は「ウイスケ(水)とベサ(命)、つまりウイスケベサ(命の水)」である。(by マスターキートン…にでてくるウィスキーキャット“ベサ”)

Kinkawookaお店はベイクオーターの5階、みなとみらいを一望できる絶好のロケーションにある。
牡蠣は日本全国から集めた逸品で、生牡蠣から牡蠣フライまで選り取りみどり。
まずは駆けつけ三杯的に、半額キャンペーン中の「国産牡蠣6個プレート」で生牡蠣を堪能する。
海のミルクとはよく言ったもので本当にミルキーで、ほんのり磯の香りがする牡蠣は美味いの一言。
生牡蠣ももちろん美味しいのだが、牡蠣グリル、焼き牡蠣、牡蠣フライ三首盛りのホットオイスターグリルというメニューがこれまた…(^-^)
Kaki続けて牡蠣とほうれん草のクリームソースパスタ等というオシャレスパゲッティーもオーダー。
これまた美味いですなぁ。ジャポネのナポリタンとはまた別世界の味。祖先は同じだが紅茶と緑茶ぐらい離れている感じがする。

Kurisumasu食後にケーキまで食べて、大満足で店を出た。
広場ではクリスマスツリーが設営中だった。
これから年末にかけて、私の好きな季節になってくる。
年が終わるという「祭りの後」感や年の瀬のあわただしさ、結構好きなんだよなぁ~。
あと夕暮れ時の首都高湾岸線、東扇島近辺。横浜に向かって走るとなんかとてつもなく大きな大陸を走っているような気になって…はぁ、営業車に乗りたい…(^-^;

|

« レンズこわい | トップページ | フレンチフレンチ in 幕張 »

コメント

牡蠣の記事をお見受けしコメントしました。

牡蠣についての記事を書いてくださいましたこと、ここに感謝いたします。ありがとうございます。

ひとりでも多くの方に牡蠣の素晴らしさや楽しさを伝えたい。
そして牡蠣を楽しく食べる機会が増えることでもっと日本が元気になっていくと信じて活動しております。

まだまだ微力ではございますが引き続きよろしくお願いいたします。

オイスターマイスター
こと
日本オイスター協会
会長 佐藤言也

投稿: オイスターマイスター | 2009.10.19 21:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53490/43148344

この記事へのトラックバック一覧です: 牡蠣の季節:

« レンズこわい | トップページ | フレンチフレンチ in 幕張 »