« 年忘れ! | トップページ | 車検終了! »

2008.12.23

関東甲信越 小さな旅:千葉、小湊鉄道を尋ねて

Turumai年賀状用の写真を撮りにあちこちロケしまくってるBlueforceさんが、どうやら小湊鉄道も視野に入れていると聞きつけ、私を撮り鉄につれてってとばかりに同行を申し出た。
と言うわけで、首都圏に奇跡的に残った単線をディーゼルカーが走る千葉の小湊鉄道に行ってみた。

自宅に迎えに来ていただき、そのままアクアラインであっという間に千葉。このアクアライン、無駄な公共事業ネタでしばしば取り上げられ、実際交通量予測を大幅に下回る実績を残している。が、あると便利なんだよなぁ~
あと数十年たつとまた評価の変わる橋とトンネルなのかもしれない。

で、自宅から1時間とちょっとで小湊鉄道飯給(いたぶ)駅に到着。というか、Blueforceさんに「着いたよ」と言われなければ気付かなかった。
いや、もちろん小湊鉄道がローカル線だというのは知っていたが、予想をはるかに上回るその質素な駅舎に驚いた。
100万人都市千葉市のすぐ隣にこんなにものどかな鉄道が走っているなんて、なんだか不思議だ。

時刻表を確認すると、ここに列車が来るのは当分先のようなので次の撮影スポット、上総鶴舞駅に向かう。
上総鶴舞駅はドラマやミュージシャンのPVなどにしばしば登場する有名駅で、最近ではC1000 ビタミンレモンのCM、1000人の応援団編・榮倉奈々が撮影されたりしている。
Nanatyanha

Gatangotonbiton
もう年の瀬も差し迫っているが、やはり温暖な土地だからだろうかのんびりとした風情が残る単線をディーゼルの排気ガスを残して去ってゆく気動車。
春になると桜や菜の花がこれまた綺麗だとか。

Blueforceさんと行く撮り鉄の旅は実は厳しい。
時刻表とカーナビを睨みつつ撮影スポットと列車を追いかけるのは前回の大糸線と同じ。
次に向かうは小湊鉄道終点の上総中野駅。
Aozorakouzi
ここで停車中の気動車を撮影し、そそくさと次の撮影地、上総大久保駅に向かう。

Kominatosissou
遠くから聞こえる踏切の音、近づいてくる「カタンコトン」という響き。
廃止が決まったわけでも特別な列車が走るわけでもないけれど、そんな日常を撮りに鉄道ファンが来るそんな姿は大糸線と重なる。
千葉が豪雪地帯だったらなぁ…
Syuppatu
戸閉めの合図で山あいにこだまする笛の音。そして出発の警笛。平成20年に残る昭和の面影。

などと感傷に浸る間もなくクルマを走らせ、次の撮影スポットに向かう。
Aozorakyuuzi
天気予報ではそろそろ曇ってくるはずなのだが、なんとか青空がのぞき撮影も快調。

せっかくここまで来たのだから、ちょいと乗ってみるかと里見駅に行ってみる。
ここでは使われなくなった駅長室を使って地元の方が焼き芋や軽食を作って売っている。(第1・3土曜、日曜日のみ)
Hottosando
ホットサンド50円、焼きそばやお好み焼きが200円と良心的なお値段。(に比べてコーヒーが150円だったのがちょっとお高いかなと(^-^;;)
ストーブに乗っかったやかんがキハ200に負けず劣らず歴史を感じる。
列車に乗らない観光客も焼き芋の香りに誘われてか立ち寄ってきてなかなか賑わう駅舎だ。

ここでBlueforceさんと一旦別れ、私は車上の人となり、再び上総中野駅に向かう。
Kiha307
別に打ち合わせたわけではないが、どこかにいるだろうなと思ったらここにいました。
気動車とはいえ平均時速で3、40キロ前後は出ているであろう列車を追いかけるのは、交差点や信号があるクルマにとってちょっと無理ではと思ったが、さして無理をするでもなく追いついたとのこと。
こうやって写真を取り合うのもなかなかおつなものだ。

Yakei上総中野駅で無事合流し、日も落ちてきたので撮影は終了、帰路についた。
帰り道ではぽつぽつ雨も降ってきたが、アクアラインに乗る頃はまた雨もやみ、海ほたるから男2人で夜景を堪能し解散した。
そろそろ雪の季節である。ランクルも再び車検を取ったことだし、いっちょ行きますか。私の大好物、雪と乗り物の写真を求めて…

|

« 年忘れ! | トップページ | 車検終了! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53490/43502973

この記事へのトラックバック一覧です: 関東甲信越 小さな旅:千葉、小湊鉄道を尋ねて:

« 年忘れ! | トップページ | 車検終了! »