« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009.01.30

ヤングファッション

まあ私もいい年ぶっこいているわけで、最近の若者ファッションには正直ついて行けない時がある。
学園ドラマでイケメン俳優が制服をだらしなく着ているのを見るとなんだかもったいないと思うのだが、現実世界では、たとえばズボンの腰履きのようにさらにだらしなく制服を着るのが流行っている。
いや私が高校生のころだってネクタイをちゃんと締めない奴はたくさんいたが、さすがに腰履きは一人もいなかった。

あのファッションってどんな意味があるんだろうと前々から疑問だったのだが、最近その謎が解けた。
発祥はアメリカの刑務所らしい。自殺や喧嘩防止のためにベルトを着けられない囚人がだらしなくズボンを履き始めたのが始まりだとか。

そっかー、あれって囚人ファッションだったのかー。
だったらボーダー柄のスウェット上下でやるのが正式だよなー、なんて思ってみたり。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009.01.25

見た

Suparenzyaもう見る前から大まかなストーリーが判ってしまう、ベッタベタなドラマなんだろうな~と思いつつTBSで土曜日から始まったRESCUE ~特別高度救助隊を見た。
まあ消防ファンなら言いたい事の一つや二つ必ず出てくるドラマだとは思うけど、う~~ん、それはひとまず置いといて、やっぱ横消カッコいいね。
出場指令なんて割といいところまで再現されているのではないだろうか。
まああんなに燃えさかるビルいまどき珍しいけど。(違法建築でしょ。あそこまで燃えるって)

写真はスーパーレンジャーが乗ってる機動第二救助。写真撮ったのはまだ横浜市消防局時代でコールサインも特消機動救助だったと思う。
そういえばドラマでも主人公の子供時代の回想シーンではヘルメットには横浜市消防局って書いてあった。

さて、今後どんな災害が横浜を襲うのかそこも見所の一つ。あと、中田市長のカメオ出演もあるのかどうか…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.24

見損ねた

先週、のどを痛め熱も若干あったので数日間寝込んでいた。
おかげでアメリカオバマ大統領の就任イベントを見損ねてしまった。
ああ、大統領専用車とかシークレットサービス、それにSUVがずらっと並んだ車列やマリーンワンと見たいシーン一杯あったのに…
何でもアメリカの真似すりゃいいってもんではないけれど、あの熱気はなんだかまぶしい。

アメリカの芸能人は支持政党をおおっぴらに表明するが、日本で支持する政党を表立って明らかにするのは松山千春ぐらいか。まあ彼は政党というより政治家に心酔しているようだが。
日本ではまだまだ政治ネタがタブー視されることも多いのでやむをえないのか。

それにしても、と思う。
ブッシュ前大統領は8年、その前のクリントン大統領も8年の任期を務めている。
それに引き換え、わが日本の総理は…
いやいや、アメリカは大統領制だし政治体制だって日本とは大きく異なる。アメリカが全てではないし最高というわけでもない。アメリカなんて目指さなくたって、ね。
そうそう、日本と同じ議院内閣制のイギリスを見てみろ。
ブレア首相は10年、その前任者、メージャー首相は7年、その前は…鉄の女サッチャー首相で彼女11年…(この28年で政権交代1回)
戦争が終わってから13人が首相を務めてた。日本は…数が多くて数えるのが面倒くさいが、たぶん29人。

い、いや、イギリスってほら二大政党制だから、連立政権とかないし、そりゃ長期安定政権できやすいよ!
むしろ、いつも連立政権で揉めるイタリアとかに似てるよね!イタリアも議院内閣制だし!
ブローディー前首相はたった2年で政権明け渡したし、その前のベルルスコーニは5年務めたけどその前のアマートは1年ちょいで辞めてるし、さらにその前のダレマも1年半で辞めてる。ホント日本みたい。
でも首相が変わる時はほぼ政権交代の時。だから辞める理由もないのにいきなり辞めちゃった人はいないみたい…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.22

252 -生存者あり-を見た

封切り前から「オレンジサイコー!」「ハイパー(東京消防庁消防救助機動部隊)カッコいい!!」的な映画だったらつまらないだろうな~などと思っていた映画、252 生存者ありを見た。

う~~ん、ご都合主義なのは映画の定石なので許すとして、それにしてもあまりにもひどいなぁ。
許せるご都合主義と許せないご都合主義があるんだよな、映画って。
キムキム兄やんの持ってる怪しげな機械と薬品が人命を救うのは許せるけどクライマックス、海猿と同じ過ちを犯して自分の命を危険にさらした挙句災害救助犬にあっさり発見されるシーンは許せない、みたいな。

天候の悪化も予想以上の速さで、晴天の銀座にいきなり雹が降ったかと思いきやいきなり高潮。いや、ありゃ高潮ではなく津波。
真っ先にフジテレビが破壊されたのは日テレ製作の映画だからいいとして、あの津波を沿岸部に食らったとして、霞ヶ関とか皇居はどうなったんだろう… 溜池なんて名前の通り標高低いしなぁ…

でも、廃墟となった新橋周辺の描写は素直にすごいと思った。雹でショウィンドウが割れるシーンなんてセットじゃなくてロケ?と思うほど。
パニックになる銀座線改札口もリアル。東京メトロの撮影協力が得られなかった(なぜかあのMマークが変なロゴに改変され、東京高速鉄道とかいうかつての営団に吸収され消滅した社名がつかわれている)わりにホームのシーンも実際に駅でロケをしたかと思う出来にびっくり。

で、内容はやっぱり「オレンジサイコー!」「ハイパーカッコいい!!」な内容。いや、今回「オレンジ(特別救助隊)」すら出てこない。自衛隊も出てこないし。あの都知事なら真っ先に災害派遣要請を出しそうなものだが(笑)
DMATやトリアージタグ、災害救助犬などなどつぼは押さえてあると思ったが、瓦礫の下でハイパーレスキューがDMATに下肢切断を指示していたのには驚いた。普通逆じゃない?

252とは東京消防庁の通話コードで「要救助者」を指す言葉であり、本来の使い方は映画の中とはちょっと違う。
本来なら地下で倒れている一見死んでる人も「252」なのだが、まあそこはそれ。
通話コードは通信の簡略化の他に秘匿性を高める意味もあるので、映画のタイトルにまでした東京消防庁の判断はある意味すごいと思う。

ただ、気をつけなければいけないのは、例えば横浜で瓦礫に埋もれてしまった時、助けを呼ぼうと・・ ・・・・・ ・・と物を叩いても、それを聞いた横浜消防特別高度救助部隊は「2,5,2?け!東消かぶれが…」と見殺しにされる可能性が…(ありませんっ!!)
ここは無難に国際的な救難信号であるS,O,S(・・・ ・ ・ ・ ・・・)を叩きましょう。もちろん乱打でもかまいません。

感想としては、映像はすごいけどストーリーは…。
あ、そうそう、ろう児役を熱演した大森絢音の演技が一番すばらしかったです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009.01.17

久しぶりの再会

8506最近東急田園都市線に乗る機会があった。
今でこそ横浜と藤沢の境界に住んで、愛用するのは相鉄線と小田急線だが、4歳から川崎に住んいた私は生粋の東急っ子。
独特のモーター音と波々のステンレスボディーをまとう東急8500系は私のゆりかごでもあった。
東急溝の口駅ホームに滑り込んできた車両の写真を何気なく撮り、とある鉄道に詳しい人に見せたところ…なんと現役の8500系の中で最古の編成だとか。確かに8506なんていうかなり若い車番だし。
布の方向幕もこの編成だけで他は全てLEDになってしまったそうだ。
S50製造は昭和50年。親に連れられて秋葉原に行った小学生の時、悪友たちと溝の口のゲーセンに行った中学生の時、初めての電車通学だった高校生の時、いつも8500系に揺られていたので、この車両にも絶対乗っていたはず。
先頭でかぶりついていると、背伸びして運転室を覗きこんでも窓が高くて架線しか見えなかった子どもの頃を思い出してしまい、なんだかとってもオセンチ。
そういえば小学生の図工の時間、運転台の絵を書いて褒められたなぁ。あの頃は訳もわからず列車無線の受話装置を描いていたけど、今ならもっと具体的に描けるのになぁなんて思いながらたまプラーザ駅で下車した。

いやいや、たまプラ東急もスポーツプラザ109も変わってないけど駅舎周辺が変わりすぎてびっくりした。
西部警察の後番組、私鉄沿線97分署の警察署のセットが駅の裏にあったのでそれを見に来たのも良い思い出だが、そのセットがあったところもなんだかオシャレな商業施設になってしまった。
新しいとばかり思っていたたまプラ東急も創業25周年を数年前に迎えたとかで、まったく、月日ははくたいのくわかく、である。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2009.01.14

ネットとブログとSNSと…

先日とあるオフ会で20数年ぶりに友人と会うことができた。
会うきっかけは某巨大SNSである。
このSNS,私はあまり好きではないのだが(苦笑)、うまく使うと高校卒業以来会っていなかった友人と再会できたりしてなかなか楽しい。

私がパソコンを買ったころ、まだインターネットなんて軍人か学者ぐらいしか使っておらず、「うわぁ、オタクな趣味だなぁ」等と言われながらもっぱらパソコン通信(NIFTY-Serve)で遊んでいた。
当時を思い出すと、今のSNSと当時のパソコン通信はどちらも狭いコミュニティーであるとか、ある程度(制度上は)個人が特定されるとか似ているところがあるなぁと思う。
でも個人からの情報発信が難しかったあたりは全く違うか…

インターネットが一般的になった90年代後半、テキスト系サイトとか日記系サイト等と呼ばれるサイトが流行った。
日々思ったことや主義主張、街で出会った面白い話などを載せたサイトである。
私がインターネットにはまったのもこの頃で、ヒマさえあればそういったサイトを駆け巡ったものだ。家の回線がISDNになったのもこの頃かな?

そのうち時代はブログに移っていったが、テキスト系サイトの管理人さん達は「移ったら負け」を合言葉にかたくなにhtmlをftpでサーバーにアップする作業を続けていった。
今でも私のお気に入りにはそんなサイトがまだいくつも残っている。

中にはブログに移行したサイトもある。特に頻繁に更新するサイトだと、その作業を考えるとどう見てもブログのほうが楽である。
見ているほうもRSSフィールドを活用すれば楽に最新のネタを効率よく読むことができる。(テキストサイト向けにもReadMe!というサービスがあったが、2008年2月でサービスは停止された。このニュースも感慨深かった)

が、そんな昔にちょいちょい訪問していた日記系サイトの管理人をSNSで発見。
かつてと同じような日記をSNSで書いていた。確かに読者とより濃い交流をしたい管理人だとSNSのほうが肌に合うのかもしれない。
でも、懐かしさとともに寂しさも感じた。
やっぱり「不特定多数の人が見ていない」というSNSはやっぱりインターネットの世界ではまだ「傍流」だと思うんだよなぁ。そっちに流れが向いているのは何だかわかるんだけど…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.11

狩りにいってきました

Nagisaen昨年は行けなかったイチゴ狩り、別名ストロヴェリーハンティングに、今年はBlueforceさんに誘われて行ってきた。
最近ブログの更新がめっきり止まってしまって、いったい何があったのか気になるところだ。まさか、某国の諜報機関より何らかのメッセージがあって…

と言うわけで、Blueforceさんのチワワ友達の方々、どら猫さんたちとイチゴ、狩ってやるゼ!と静岡は久能山、お犬様OKのイチゴ狩りスポットなぎさ園に到着。
ここは時間無制限なのでゆっくり、それこそ満腹になったら一眠りしてさらに喰う!何てことも可能だ。(たぶん)
休憩所も完備し、サッカーのボードゲーム、オセロ、雑誌などが完備され、一服できるお茶のサービスもある。
Patororu入場料の1900円を支払い、いざビニールハウスに突入しイチゴを狩りまくる。
ふうこ分遣隊長は甘いイチゴにわき目も振らず哨戒活動に余念が無い。
…といっても、やっぱりイチゴ「だけ」を食べ続けるのはつらいなぁ。甘くて美味しいんだけど。
だんだん飽きてきてサッカーゲームでお茶を濁しだす。

そんなこんなで大きくてもしっかり甘いイチゴ数十個食べたあたりで完全リタイヤ。もう半年分のイチゴを食べました。
順番が逆な気もするが、イチゴを食べたあとにはランチが待っている。
向かったのは朝霧高原にあるフィールド・ドッグス・ガーデン
もちろん犬OKのレストランだしドッグラン併設の施設なので当然といえば当然なのだがレストランで食事している人全員犬連れ。大人しい犬もいるのだが、中には犯人を見つけた警察犬のように吼えまくる犬もいて、なんだか野犬に囲まれて食事をする雰囲気。
でも大人しく寝そべっている大型犬とか見ると和むなぁ。こちらを上目遣いで見られるとヤバいね。
万が一犬を飼うことになったらやっぱり和犬か大型犬がほしいなぁ。飼わないけど。

腹ごしらえが済んだら上九一色村の富士山撮影スポットで来年の年賀状素材のロケハン。
Huziyamageisya
ここまで来る道は一部凍結していてESPが作動しまくり。っていうか作動するようにアクセル踏みまくり。
でもこれ、本当に雪道をソコソコ安全に運転できる機能だと実感した。
片輪凍結路に乗った状態でハンドル切りながらアクセル開けてもちゃんと切ったほうに曲がっていくんだもん。
普通なら凍結路面のタイヤがむなしく空転して進まないのに…頭の良いデフロックみたいだ。

この後ミルクランドに立ち寄り、私とBlueforceさん達は熱函経由で熱海峠を下り、真鶴を抜け、小田原にあるすし兵衛 小田原東町店ですしディナー。
このお店、すし兵衛という回転寿司のチェーン店の一つなのだが、メニューがちょっと…いやかなり風変わり。
なぜかワインの種類が豊富でビンテージワインも置いてあるとか。
他にもベルギービールが何種類もあったり生ハムがあったりイベリコ豚があったりカルパッチョがあったり。カルパッチョなんて神田あたりの寿司屋の大将が見たら刺身包丁の柄の部分で頭ひっぱたかれそうだが、他にも寿司とはまったく関係の無いメニューが並ぶ、そんなお店。
でもトラディショナルな江戸前寿司も本当に美味しくて安いので大満足。

新春らしい美味しくて楽しいイチゴ狩りツアーを企画したBlueforceさん、他参加者の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009.01.05

アウディの省燃費マラソン

以前書いた、アウディの省燃費マラソンの結果を伝える記事を見つけた。
この記事によると、参加した11台全車が完走したそうだ。
スペック上の燃費が14.9km/Lのところ、28.6~30.1km/Lの燃費をたたき出したとか。
素直にすごいと思ったが、平均時速を見てびっくり。なんと81.4km/h。
なーんだ、高速道路をひたすら燃費走行したということ?

で、コレに味をしめたのか、今度はアメリカで省燃費マラソンを行ったそうだ。
こちらは給油禁止といった制限は無く、走行ルートも一般的な走行条件がチョイスされ、長距離の高速道路ではなく、「田舎の国道」を中心に構成されたとか。
で、総走行距離7,865kmをアウディA4は18.9km/Lで走ったそうだ。
確かに、ディーゼルにしてもいい数字だと思う。
で、このディーゼルエンジンを搭載したモデルを日本に2010年に市場導入を予定してるそうだ。
いよいよ日本もディーゼル復権の時が近づいてるのか?
でも、ガソリンの値段はぐんぐん下がっているけど軽油は高止まりしてるしなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.01

新年明けましておめでとうございます

Gasyuon

| | コメント (13) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »