« 間違いだらけの景気浮揚策 | トップページ | FFE赤レンガ倉庫行ってきたよ! »

2009.06.25

人類が“太陽”を手に入れる日

レーザー核融合「衝撃点火」 実証に成功

というニュースを聞いた。
なんでも、大阪大学レーザーエネルギー学研究センターやロシア、アメリカなどの国際共同研究グループが、レーザー核融合の新たな点火方式である「衝撃点火」の実験で、中性子を100倍増幅させることに成功したそうだ。

核分裂と違い、核融合は高レベル放射性廃棄物が生まれず安全性の高い夢の技術だ、、、という程度の知識しかないが、どうやらこのニュースはすごいバリューのあるものらしい。

核融合の燃料は主に重水素や三重水素という物質を使う。で、この物質は天然ではほとんど存在せず海水を加工して作るらしい。
「核融合で使う燃料は無尽蔵」といわれるが、三重水素のもとになる物質(水素)が無尽蔵にあるというわけだ。

ヘリウム3という物質を燃料に使えばなお安全に核融合エネルギーを得ることができるのだが、ヘリウム3は地球上にはほとんど存在しない。
核融合を勉強しようとした学生が「ヘリウム3ってどこで採れるんですか」と教授に聞いたところ「あそこ」と月を指差され、『この技術、しばらくは“夢”だ』と別の道に進むことに決めたなんて話も聞いたことがある。
月には数百万トン眠っており、スペースシャトルで1回地球に運ぶだけでアメリカで消費される電力を一年間賄うことができるとか。
確かに夢だ…

核融合エネルギーを発電に使うのが核融合発電。
核分裂をエネルギーに使う原子力発電所よりはるかに安全といわれ、その実現が待たれている。

で、結局超ハイテク・夢の技術なのだが、発電のやり方は核融合で発生する膨大なエネルギー=熱でお湯を沸かして蒸気で発電機を回す。
石炭でお湯を沸かして車輪を回す蒸気機関車と次元は一緒だ。
北斗の拳に出てくる人間発電機(多数の奴隷が巨大な石臼のような円板を回すと発電機が回って発電する)よりはハイテクか…

太古の昔、ヒトは火を扱うことから文明を手に入れたなどと言ったりするが、いかに効率の良い「熱源」を手に入れるか、これが文明そのものなのか、等と思ってみたり。

|

« 間違いだらけの景気浮揚策 | トップページ | FFE赤レンガ倉庫行ってきたよ! »

コメント

これがお台場のガンダムに搭載されるんですね。分かります。

投稿: 元しらの | 2009.06.27 22:44

タダノとか加藤製作所の技術を持ってすればお台場のガンダムを歩かせるのなんて他愛もないことだと思われます。
核融合発電のほうがガンダムより夢の技術のような気が…(^-^;

投稿: ごつ | 2009.06.28 12:12

ガノタ粘着すんませーん!
MSの動力は、核融合炉なんです。
ヘリウム3を獲りに木星まで船団を派遣している
世界観なんでつ。
いやいや、もう粘着すんません反省してます。
でも言っている方は気持ちイイんですよwwww

投稿: 元しらの | 2009.06.29 23:48

>元しらのさん
核融合炉が動力源って設定はよく見られますよね。
ドラえもんも核融合炉が動力源だったよな~…と思って調べたら、どら焼きを燃料とする「原子ろ」でした(^-^;

ちなみに「ミューオン触媒核融合炉を動力源とした飛翔体」という技術が特許公開されていました。
こりゃ意外とガンダム近いかもしれません。

投稿: ごつ | 2009.06.30 11:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53490/45448502

この記事へのトラックバック一覧です: 人類が“太陽”を手に入れる日:

« 間違いだらけの景気浮揚策 | トップページ | FFE赤レンガ倉庫行ってきたよ! »