« 駅 -STATION- | トップページ | 日本林道風土記(のマネ) »

2009.07.25

アマルフィ 女神の報酬を見た

Pasupoto海外に行き、土地勘も無く繁華街を歩いていてふとH.I.S.JCBプラザを見かけるとなんとなくホッとする。
ましてや国旗はためく大使館を見つけたりしちゃったらもう日本に帰国したようなものである(ウィーン条約的な意味で)。

と言うわけで、「邦人保護は大使館の仕事だ」と邦人泣かせのセリフがカッコいい映画、アマルフィ 女神の報酬を見た。
織田裕二に佐藤浩市といったらホワイトアウトしか思い浮かばない。と思ったら原作者が同じだった。なるほどね…

全編イタリアロケの触れ込みは伊達ではない。「全編○○ロケ」と銘打った映画は往々にして景色を見せる映画になりがちだが、若干無理っぽいところがあるにはあるが全体的にイタリア各地をさりげなく織り交ぜたストーリーは見ごたえあり。
ただ、残念な事にプジョーがほとんど出てこない。
さすがイタリアだけあってアルファロメオやフィアットパンダ、プントはさんざん登場するのに…

フジテレビ製作の映画なのだが、制作費は過去最高だとか。
最高にお金をかけてこれ?という感もするが、いけませんね。無駄に人が死んで無駄にクルマが壊れて無駄に建物が爆発するハリウッド映画にズブズブなのかもしれません。
確かに「あぁ、ハリウッドならコイツ死んでんな」とか「ふつう(?)ならここでカーチェイス→八百屋に突っ込む→ガラスがトマトまみれ→ワイパーでキュッキュッじゃね?」とか思うシーンもいくつかあったが、そこはそれ。

最後、イタリア国家警察の刑事と織田演じる外交官とのやり取りがあるのだが、あそこは濃茶色の外交旅券を示して欲しかった。ついでに腕時計を交換すれば完璧。
あ、そうそう、戸田惠梨香は相変わらず20歳には見えませんでした。

|

« 駅 -STATION- | トップページ | 日本林道風土記(のマネ) »

コメント

 もう20年以上も前の話。出発前に、「現地についたら、あいさつに行くように」と言われ、
赴任当初、某国の日本大使館にご挨拶に出向いたら、「そんな事で来なくてよい!」と言われた・・・。

 結局はお役所です。

投稿: 発音記号! | 2009.07.25 17:55

>発音記号!さん
結局大使館ってお役所なんですよね。
「無駄遣いをするのが大使館の仕事」って織田裕二が言ってましたからたぶん本当でしょう(笑)

投稿: ごつ | 2009.07.25 23:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53490/45732823

この記事へのトラックバック一覧です: アマルフィ 女神の報酬を見た:

« 駅 -STATION- | トップページ | 日本林道風土記(のマネ) »