« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009.08.30

一番簡単なボランティア

Jrc献血に行ってみた。
日本赤十字社。通称赤ペケ。日本で唯一血液事業を行っている団体である。
今回渋谷の献血ルームに行ったのだが、漫画は読み放題だしドーナツやスナック、ジュースも飲み放題。暇つぶしには最高のスポットである。

献血した人が死亡するような事故は皆無だったのだが、献血後に転倒して頭を強打して死亡する事故が起きたのを境に日赤はとても神経質になった。
献血時に渡される書類が増え、「トイレは座って」「駅のホームを歩く時は真ん中を」とアレコレ注意されるようになった。
献血は医療行為だが健康な人に行うものなので、万が一にも事故はあってはならないという意気込みは伝わってくる。

10kai献血終了後、コーンスープにハーゲンダッツという高カロリー輸液的なものを摂取しているとスタッフから小箱を渡された。
「ごつさん、今回は献血10回目なので粗品をどうぞ」ということでお猪口を頂いた。
たぶん現行の献血カードになってから10回目なので本当はもっとやっているはずなのだが、ありがたく頂戴した。
そういえば、大学1年の時、運転免許試験場でしたのが初献血だった。
免許の試験に落ち、トボトボ歩いていた私に「献血お願いしまーす」と声をかけた職員がいた。
「試験に落ちてそんな気分じゃないんで・・・スミマセン」と断ったのだが、職員は「では受かったらお願いします!次は頑張ってね~」と言ってくれた。
で、次の試験の日、合格してウキウキした私を目ざとく見つけたその職員は「もしかして受かった?献血お願いしまーす」とにこやかに。もちろん断る理由はない。
そんな初献血の思い出。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.08.29

イコットちゃん

いよいよ衆議院議員選挙の投票日である。
昨今は期日前投票制度の普及で投票日というより投票期間といった風であるが、結果発表がある投票日はやっぱりちょいとしたお祭りである。

今から4年前。いわゆる郵政選挙といわれ自民党の圧勝(というより完勝か)に終わったあの選挙。
当時横浜市内を仕事でぐるぐるまわっていた私は、ヒマにあかせて各陣営の選挙事務所を襲撃するという計画を立てた。
襲撃するエリアは神奈川1区。県庁所在地であり「都市部」といわれる選挙区である。襲撃方法は、アポなしで「すみません。マニュフェストください。」と選挙事務所を訪れる。それだけ。
渡されたマニュフェストになぜか封筒が挟まれ、中身を確認すると「お車代」が入ってたり、なんてことをちらっと期待もしてみたが、さすが1区、そんな封筒はどの陣営も渡してくれなかった。(金品を要求したり受け取ったりするのは犯罪です!)

「お車代」は無いにしてもわざわざ選挙事務所まで足を運んでくれた有権者である。あれやこれや主義主張を聞かせてくれたりどっさりビラをくれたりするのかと思いきや、思いっきり邪魔者扱いである。
「このクソ忙しい時になんだコイツは」と顔に書いてあるスタッフもいた。
候補者本人に会えたことはなかったが、隣の部屋から「○○さんもうすぐ戻ってくるからマニュフェスト渡して早く帰ってもらってよ」とヒソヒソ聞こえてきた事務所も。聞こえてますよー

すべての候補者を回ったが、受けた便宜はお冷とうちわぐらいだった。
回ったのが選挙戦終盤だったというのもあるのだろうが、「落ちたら唯の人」になってしまう選挙戦は生き馬の目を抜くような戦いである。のこのこと戦線にやってきた有権者は招かれざる客だったのである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.08.22

大阪に行ったり

N700久し振りの大阪出張である。
朝一でまず滋賀に行かなければならなかったので行きはちゃちゃっと新幹線で。

帰りはのんびり、翌日は休みなので、寝台電車のサンライズなんかいいんじゃね?と考えていた。
予約は早目がいいのかな~なんてちらっと思ったのだが、寝台急行銀河が廃止される世の中である。どうせガラガラだろ?なんて前日にみどりの窓口に行ったら…敢え無く玉砕。そうなの?仕事帰り、品川駅で見る下りサンライズなんて結構空き室あるように見えたんだが…夏休みの週末って事もあるのかな~
と言うわけで、帰りはどうしようかな~なんて考えつつお仕事終了。

と、クロカン友だちが新しくクルマを名古屋で購入し、自宅の川崎まで自走で帰るとの情報をキャッチ。
早速「一緒に帰ろうよ!」と連絡を取ると快くOKをくれた。

と言うわけでまずは名古屋へGo!
長久手古戦場という駅で合流するとのことでそちらに向かうが、地理感覚がまったくないのでまるで異国の地下鉄の乗る感覚で東山線という地下鉄で藤が丘という駅に向かう。
そこでリニモに乗り換えるように、と名古屋駅の親切な駅員さんに教わるが、藤が丘に着いたところで友人から「藤が丘集合でも可」とのメールが。
リニモに乗りたい…という気もチョコットあったが、それを振り切り藤が丘で無事合流。
46hse毎月のようにクルマを凹ましながら遊んでいた10年以上前から付き合いのある友人だが、会うのは久し振り。
以前はジープグランドチェロキーに乗っていたのだが、維持費がかかるということで乗り換えたらしい。
何に乗り換えたのか教えてくれなかったのだが、クルマを見て驚いた。
2代目レンジローバー。通称セカンドレンジ。
いや、私もこのクルマが欲しかった時代があるので価格的には驚かないのだが、グラチェロの維持費を嫌ってこのクルマ?まあ排気量はグラチェロの5.2リッターに比べたったの4.6リッターしかないが(笑)

Unatoro砂漠のロールスロイスは若干交通量の多い東名高速を快調に走る。
途中、浜名湖S.A.でうなトロ月見重をいただき、さらに東へ。

当時、四駆に乗っていた友人たちは四駆からフツーの乗用車に乗り換えて行き寂しい思いをしていた。
友人は「乗用車に乗り換えるとあの頃遊んでた事を否定しちゃうような気がして」なんて言っていたが、これにはうなずかざるを得ないね。
もちろんそれぞれにはそれぞれのライフスタイルがあるので、赤の他人が何も言えないのは当然なのだが、私も同じ気持ちである。
車のキーを持って自分の車に歩み寄る時、ワクワクするかい?
ただし、友人は「ポルシェ911なんて最高にワクワクする車だ」と言っていたが私はそう思わない。
「キャンターとかレンジャーのほうが断然ワクワクするね、オレは」と言ったら「本当に働く車が好きなんだね」と言われた。うん。まぁそういうことなんだ。

と言うわけで、日付もまたいで土曜日。無事厚木インターを1千円で下り、我が家まで送ってもらったりなんかしちゃった。
1人で大阪から帰ることを考えればとても楽しい帰り道だった。今度はオフロードでレンジ転がそうね~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.08.18

千葉めぐり

Peppakeibu土日で晴れたのが3週間ぶりだったという先週末、手ごろなグルメドライブを求めて千葉に行ってみた。
千葉といっても広いものでどこに行くか迷ったのだが、そういえば以前果たせなかった銚子電鉄見物をしようと千葉の突端、銚子を目的地に決めた。
Pc
うっかり高速道路交通警察隊のクラウンをぶち抜き、あわててやり過ごしたりしながら、以前は4000円近く払っていたアクアラインを800円で走り抜け、まずは刑部岬にある飯岡刑部岬展望館に立ち寄る。
眼前には、我が家から1時間ちょっとの場所とは思えない太平洋の大海原が広がる。

さて、目的地である銚子駅に着いたはいいが、目指す銚子電鉄のホームはJR銚子駅の中にあるとか。
名物濡れ煎もここではなく犬吠駅に売っているとのことでまずは腹ごしらえってことで、銚子漁港そばにある浜めしにむかう。
Donここは漁師さんが朝ご飯を食べに来るところだそうで、店の外観はあっさりしすぎている感がありちょっととっつきにくい感じがあるが、中に入ってしまえば普通の定食屋さん。
私は名物という三色丼を頼んだ。これで1300円。味噌汁と小鉢も付いてくる。
マグロ+うに+いくらというゴールデンコンビのコラボがすばらしい。

まんぷくりんになったところで銚子電鉄犬吠駅へ。
なんか想像以上にポップな駅で驚いた。
電車も見たがあまり食指が動かず、写真もやっつけの証明写真を1、2枚撮って終了~。
売店のおばちゃんも商魂たくましく、ついつい濡れ煎餅を二袋も買ってしまい、負けた気分で駅をあとにした。

さて、どこに行こうかと空を仰ぎ見ると旅客機が。
そうだ、成田に行こう!
と言うわけでちょっと遠いけど成田空港北端にある成田さくらの山公園へ。
家族連れと飛行機マニアが混在するカオス空間がたまらないが、時間が良くなかったのかあまり飛行機を見ることはできなかった。
無線機も持っていなかったのでいつ何が降りてくるのか飛んで行くのかも判らず滑走路を眺めていると…
横にいたマニアが動いた!
Hikoki
厚木でも度々使う戦術を駆使し、日本航空ボーイング747-400(JA8077)をゲット。
でもせっかくの成田だし日本の航空会社だけじゃ寂しいな~…と思っていると横にいたマニアが動いた!
Nw
ノースウエストボーイング757-251(N549US)
夕日に染まる機体がいいね。
このあとすぐに日が沈んでしまったので撤収。
高速に乗り一路横浜を目指す。
Yorunokassouroお盆休みの帰国ラッシュという事で混んでいるかと思われた東関道だが、意外とすいすい進み、あっという間に横浜へ。
結局この日、ろくな渋滞にも遭わず快適なドライブが楽しめた。
高速道路は1000円乗り放題の割りにいろいろ例外があってややこしい。
ま、安いから良いんですけどね。料金所の表示を見るまで金額が判らないってのもある意味面白い(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.08.15

8月15日

「日本のいちばん長い日」から64年目の夏を迎えた。
第二次大戦中、国民の生活は徴兵や思想統制、物資不足で疲弊しきっていたと思う。

1945年7月26日。連合国は第二次世界大戦の終結に関する13条から成る勧告を宣言した。いわゆるポツダム宣言である。
これを受け、日本でひとつの変化があった。日本郵船株式会社の株価が上がったのである。

日本の株式市場は1878年、東京株式取引所としてスタートし、1943年6月に戦時統制機関への改編で全国11株式取引所が統合され日本証券取引所に引き継がれた。
日本証券取引所での株式売買は1945年8月10日、戦況悪化からついに取引停止になるのだが、逆に言えば戦時下でも大戦末期まで株式売買が行われ、マネーゲームに興じる人たちがいたのである。
彼らは海外の情勢すらキャッチし株の売買に励んでいた。ポツダム宣言が発表されるや日本の敗戦近しと判断。戦争が終われば海外との人員物資の往来が盛んになり日本郵船の売上げが上がると踏んだのである。
他にもコンクリートや土木会社の株が「平和銘柄」「復興銘柄」などと呼ばれ頻繁に売買されたらしい。

もちろん当時の日本も資本主義社会でありある意味健全な姿だとは思うのだが、火垂るの墓とかかわいそうな象の世界と株の売買の世界のギャップが。
赤坂や日本橋の料亭では食材の確保もままならない中、それでも夜になれば軍のナンバーをつけた黒塗りの車で乗りつけ、料亭政治を繰り広げる軍幹部の姿が見られたというから、なんともエスタブリッシュメントとはいつの世も変わらないのかもしれない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.08.10

抽選会開る!

我がマンションの駐車場は3段式の立体駐車場で、3段のうち中段下段が地下に収容されるタイプ。
マンション引き渡しの説明会のときに製造元の極東開発パーキング社の方による駐車場の使用方法などの説明があった。
「これ、重いクルマ載ってたら昇降に時間かかるんですか?」と聞いた私に「極東開発製ですからそんなことは一切ありません」と社員がニヤッと笑うほど品質に自信のある、地下パーク 3N3段方式(昇降・ピット式)という製品だ。
しかし、近頃流行のミニバンが上段にしか停められないという難点がある。
というわけで、今回3台分空きが出たということで希望者による抽選会があった。
やはりこのご時世、ミニバンを停めたいという希望は多いようで、3台のスペースに12名の希望者が集まった。
我が家も当面の予定はないのだが、応募資格に「1年以内に上段にしか停められないクルマに買い替える予定がある」という項目があったので応募してみた。ちなみにランクルは車両総重量がネックとなり停めることができない(泣)。
「まあ当たったらC4ピカソでもプジョー3008でも余裕で停められるし、買い替えなかったらそん時考えよう」なんて思いながら抽選会場である集会室に向かった。

そんなお気楽な考えを打ち砕くように、集会室にはちびっ子連れのファミリーや妊婦さんを伴ったカップルなど、今日明日中にでも上段に大きいクルマを停めたい!という思いがひしひしと感じられる方々がちらほら…
なんか買うという確たる意志もないのにこの場にいるのが申し訳なく、逃げ帰りたくなってきた。
中段下段は確かに車の出し入れは面倒臭いが、直射日光に当たらないので夏場でも車内はそんなに暑くならないとか、冬場はガラスに霜が下りないので霜取りが必要ないとか利点もある。イタズラもされにくいしね。(“雨が降っても汚れない”は都市伝説)
今のままでもいいじゃん…という思いを抱いたまま抽選開始。
で、そんな中途半端な思いに勝利の女神は応える訳もなく落選。
妊婦さんは見事当選を引当て、とても喜んでいた。
「これでいいんだ。これで…」
私は当選者の歓喜の声あふれる集会場を静かに後にした。全高1639mmといわれるプジョー3008をどうしたら高さ1550mmのスペースに押し込むことができるのかを考えながら。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009.08.09

ブロンコを喰らう

Buronko夏休みを北海道で過ごすため、大阪から自走で北へ向かうというダマさんを、メシでも喰おうぜとお誘いした。
ダマさんとは学生時代バイトで知り合ったのだが、当時バイトが終わったあとによく食べに来たステーキ屋がここ、ステーキ・ハンバーグ レストランブロンコ 登戸店。
当時のバイト仲間にも声をかけ、総勢12人ほどが集まった。あまりにたくさん集まったので、頼んだハンバーグの写真を撮り忘れたほど。

いや~時間を忘れるほど話し込んだ。
バイトを辞めて(社会人になって)もうずいぶん経つけど、みんな変わってないな~。バイト先はつぶれちゃったけどね(苦笑)
ブロンコも、相変わらず安くて美味しくて嬉しいね。

ダマさんはクルマにバイクも積んで北海道に渡り、島を一周したりするとか。
いや~、真似したいとは思わないけど(笑)スゲー楽しそうな旅だ。
道中お気をつけて~(^-^)/~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.05

いよっ!元大統領!

Hutinkuuboクリントン元大統領が北朝鮮の平壌を電撃訪問したそうだ。
クリントンといえば現職時、あんなことやこんなことやってもう大騒ぎだったのに…

アメリカって大統領を辞めると唯の人になる(ただしシークレットサービスは生涯付く)のに、現職という立場では難しいが国益にかなう、というような仕事を続ける。
「最初から"元大統領"ならよかったのに」と言われたカーター元大統領などは、アメリカの外交に大統領を辞めてから大きく貢献し、ノーベル平和賞まで受賞した史上最強の"元"大統領だ。

はたして、日本には闇将軍などと呼ばれる元首相もいたが、なかなか海外に飛び出て仕事をする首相経験者は見当たらない。ちょっと前だが故宮沢元首相などは辞めてからも海外に出て発言したり、中曽根元首相が大所高所から見た意見を言うな~というイメージはあるが…。
せいぜい「長老」などと呼ばれて政局とも呼ばれる政治のごたごたに口出しするか、あまりにも小粒すぎて今でも国会にいるのかいないのかも判らない程度なのが残念だ。

小泉さんは今期で議員を引退されるそうだが、ぜひ予想外の民間人外交を展開して変人っぷりを発揮してほしい。

(写真は中曽根首相とレーガン大統領が東京都日の出町にある中曽根首相の「日の出山荘」で日米首脳会談を行ったことを記念する『ロンヤス会談記念碑』 大統領がヘリで降り立った平井中学校そばに建つ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »