« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009.09.26

マグロの刺身は食べてない…

Maguroninottasyounen青森で横浜を堪能したあとは、本州最北端、大間を目指すことに。
横浜から大間まで80キロ近くあるようで、当初は時間的に無理かなと思ったのだが、さすがです。ほとんど信号の無い一本道だったので1時間半もかからず到着。
大間といえばマグロが有名だが、正直本州最北端でなんでマグロ?と思っていた。
なんでも、津軽海峡は太平洋と日本海の海流が交わり、豊かな漁場なのだとか。
太平洋のサンマやイワシを追ってきたマグロがこの津軽海峡でイカ、サンマなどを食べて上質な脂がのってくるそうだ。

Maguro本州最北端の碑の隣には一本釣りされる巨大なマグロ像。
400kgのマグロ実寸大だそうだ。
ぱっと見「うわっ!デカっ!!」と思ったが、これで小錦2人分かと思うと「ちょっと小っちゃくね?」と思ってみたり。たぶん身がぎっしりなんだろうなぁ。

Nodo漁港で水揚げされたマグロは内臓と喉(のど)肉を取り除いて市場に出荷されるそうだ。
なので心臓と喉肉は水揚げ漁港の他では滅多に食べられない!
ということで駐車場の売店でマグロの珍味「喉肉」を所望。
これがウマイ!
マグロは焼くとパサパサしてしまうイメージがあるが、ところがどっこいたっぷりのった脂がとてもジューシーで、そこらの牛カルビなんかより断然美味い。
生の喉肉は生臭くてとても食べられないらしいが、このお店では必殺技を使って生臭さを消しているとか。

Kyokuhokuマグロの水揚げで有名な三浦なら食べられるかもよというアドバイスをもらい、本州最北端の土産物屋さんを冷やかしながら大間を後にしたのだった。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009.09.25

ちょっと横浜に行ってみた

Yokohama_stむかーしむかし。川崎市多摩区でアルバイトをしていた頃のお話。
自宅(宮前区)に書留が届いたのだが不在で受け取れず。
「バイト中に取りに行けばいいや」と、多摩警察署のそばにある郵便局への転送をお願いした。
で、しばらくしてその郵便局へ取りに行ったのだが、なんと届いていないという。おいおいおいおいカンベンしてくれよ。この郵便局に転送をお願いしたんだから届いてないなんて有り得ない!というと、

局員「無いですねー。どこの郵便局に転送しました?」
俺様「だーかーらー!多摩郵便局!」
局員「ここ登戸郵便局」
私 「え」

高津区には高津郵便局、麻生区には麻生郵便局が集配局として存在するんだから、多摩区にあるのは多摩郵便局、という誰からも責められない(と思いたい)完全なる思い込みというスカポンタンなミスが発覚した瞬間である。

私 「あ…え? えっと…  じゃあ私の書留は…」
局員「そーですねー。多摩郵便局に行ってんじゃないですか?」
そう言うとわざわざ多摩郵便局に電話を入れてくれて確かに届いていることを確認してくれた。
平身低頭謝ったら「わかりづらくてスミマセンね~」と逆に慰めてくれたのは忘れられない思い出。

ではもし、通勤で毎日横浜駅を使っている私が書留の転送を横浜郵便局宛てにお願いしたらどこに届くのか。
ここである。
Yokohama2
町役場?

そう。場所はこちら。
Yokohama3
本州の北端、下北半島の中ほどに位置する青森県上北郡にある横浜町にその郵便局はある。
多摩郵便局なら登戸郵便局から原チャリで1時間もかからないが、横浜駅から横浜郵便局まで約800キロ。原チャリなら途中でエンジンから煙が噴き出るレベルである。

というわけで行ってみた。
東北地方って土地勘がないのでよく判らなかったのだが、仙台から遠い遠い。
5時間ぐらい掛けてようやくたどり着いた憧れの地。
Yokohamapost
崎陽軒の隣にある横浜中央郵便局とは比べ物にならない大きさだ。

ちなみに中区の日本大通りそばにあり外国郵便発祥とされる横浜港郵便局は、1967年まで横浜郵便局と呼称されていた。
青森の横浜郵便局は1903年以来ずーーーっと横浜郵便局を正式名称としている。ということは同じ名前の郵便局が二つ存在していたのか… 書留を800キロの彼方に転送したひとは結構いるなコリャ。

そばにはJR大湊線陸奥横浜駅がある。
Mutuyokohama
なんとものどかな駅だ。
JRだけで1日40万人の利用がある横浜市の横浜駅に比べ、こちらの利用人数は約90人だとか。

駅舎の写真を撮ったりしていると、そこに横浜ナンバーのクルマが…
3人家族が降りてきて、駅舎や駅名標の写真を撮っている。
なんとこの駅目当てに保土ヶ谷からやってきたそうだ。なんでもYahoo!の路線検索で「横浜」と入力すると変換候補で出てきてこの駅を知ったそうだ。やはり横浜市民には避けて通れない町なのである。

ちなみに横浜町に向かう途中でも横浜ナンバーをちょいちょい見掛け、マジで横浜町参りは横浜市民のメジャーな余暇の過ごし方なのかとビビったのだが、横浜町からほど近い十和田市に、相模原市にある北里大学の十和田キャンパスがあるため横浜ナンバーはそれほど珍しくないらしい。

Shellというわけで、駅そばにある「道の駅よこはま」で名物の生ホタテ二色丼を食べ、東北ツアーの大きな目的の一つをクリアしたのであった。

ちなみに、高知県高知市にも高知横浜郵便局があることを今知った。
遠いなぁ…

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2009.09.24

ちょっと東北地方まわってみた

数年前から一度行って見たいところがあったので、シルバーウィークと高速乗り放題を使ってちょいと北へ向かった。
途中、仙台の実家に帰郷している大学時代の後輩と落ち合い、おいしい牛タン屋を紹介してくれるというので楽しみにしていたのだが、連れていかれたその店は小さな料理屋で予約で満席!
そいつ、テンションだだ下がりで「店探すのめんどくさい」「牛タンなんてどこも一緒。渋谷で舌郎喰ったほうが美味い」とか取りつく島がない。
Firearms「そこをなんとかおねがいしますよ」となだめすかして連れて行ってくれたのが魚がし酒場というこじんまりとした飲み屋さん。
言われてみれば宮城は塩釜や気仙沼といったメジャーな漁港のある海の幸が豊富な処。
刺身は全て300円均一、牡蠣はどれも190円という安さ。
あんなに牛タン牛タン言っていたのに、さんざん海の幸を堪能し、翌日の本当の目的のために英気を養うのであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.16

報道最前線

Namatyukei昨日の退社時、渋谷警察署の前を通りかかるとなにやら騒がしい。
どうやら覚せい剤を使って逮捕された元プロサーファーの釈放近しとのニュースでマスコミが集まってきたらしい。

と言うわけで私も野次馬を少々。
といってもいつ出てくるかも判らない。マスコミ側も事情は同じようで、同じく野次馬の小学生に「何時ごろ出てくるか知ってますか?」と聞かれたカメラマンさんは、「それが判ってればこっちも苦労しないよ~」と愚痴っていた(笑)

Basyotori場所取りは取材の基本か。
地面にガムテープで区画をキープし、「TBS」とか「CX」などと描いて場所取り。
面積はどれもほぼ同じなのは紳士協定か。

Nittereasa車の通る場所にはタイヤがケーブルを踏まないように渡り板状の物が敷かれる。
よく見ると奥が日テレ、手前がテレ朝のもの。同じ物のようだが、仲良く仕事を分け合っている。これも紳士協定か。

Sng一番目を惹いたのがTBSのSNG(衛星中継)車。
今までのSNG車は、前方に停まっているSNG車のようにパラボラアンテナが露出しているタイプが普通なのだが、なんとTBSのSNG車はアンテナにレドームが装着されている。
どんな形状でアンテナが装備されているのか激しく気になるなー。
アンテナを展開する手間を省くように常に上を向いているんだろうか…

結局この日は何も起こらず、保釈されたのは今日だった。
残念…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.09.13

タイヤ交換

Zyakkiappu307CCの車検が近づいてきたので、念のためにタイヤ交換に着手。
当初は中古タイヤでいいかとオートバックス系列の「走り屋天国セコハン市場」に行ってみた。
型落ちの新品などが置いてあってお値段的には魅力的なのだがサイズが無い。

というわけで、みなとみらいのスーパーオートバックスに行ってみた。
私もランクルでは様々なタイヤで遊んできてそれなりにこだわりがあるのだが、乗用車のタイヤともなるとちんぷんかんぷんでんぷん。
おフランスのクルマだけにミシュランなんか気になるのだが、ミシュランといえばXZL。
昔みんな履いてたよな~とミシュランのサイトを見ると…絶版ですか。
音は静かで泥濘地でもそこそこグリップしていいタイヤだったんだけど、へそ曲がりの私は「みんなと同じは嫌~~」なんていって結局履かなかったなぁ。

で、最近流行のエコタイヤをいろいろと物色。
ミシュランのエナジーセイバーとブリジストンのエコピアに絞り込む。
ブリジストンといえばDUELER M/Tだよね、とサイトを見てみる…まだ売ってるよ…さすがブリジストン。

店員さんの「日本の道には日本のタイヤ。っていうか、ミシュランも日本で売ってるのはメイドインジャパンだよ」でエコピアEP-100に決定。
土日限定15%引きも決定打。結局中古品の予算プラスαで買う事ができた。

プジョーのロックナットは大変繊細で、破損する可能性があるので御承知置きくださいと言われたが、そもそもロックナットを家に置いてきてしまった模様。
ランクルなんて全部普通のナットに替えちゃってるし、その存在をすっかり忘れてた~。
と言うわけで一旦家までロックナットを取りに帰り、作業再開。
Taiya
ホイルまでキレイにしてもらい、交換終了。

営業車時代はタイヤ交換をするとバーンナウトして慣らし終了していたが、さすがにおフランス車でそんな下品な事はできず、しばらくはのんびり走ることにする。

ほんの数キロ走っただけだが、アクセルをオフした時に「すーーーー」と走る感じは電車のノッチを切った時の感じ。転がり抵抗が減っているのを実感する。
音も確かに静か。60キロ以上出すとか風切り音の方がうるさくなってくるが、それ以下だと明らかに静かだ。

あとは燃費がどれほど向上するか…

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009.09.06

横濱の歴史薫るグルメ

Nyugurandoホテルニューグランドは、いわずと知れたヨコハマ老舗のホテルで、終戦後日本海軍厚木基地に降り立ったマッカーサー元帥は東京に入るまでこのホテルで過ごした。

厚木基地から横浜までマッカーサーはどの道を通ったのか、今でも激しく気になっている。
道中を米軍側で記録した映像を見たことがあるが、国道16号のような幹線ではなく割りと細い道を走っていたので、中原街道から瀬谷柏尾道路を通って国道1号から横浜に向かったのではないかと思っている。

Supagete
日本で最初にナポリタンを作ったのがこのホテルニューグランドだ。
マッカーサーのためにミートソースのスパゲッティーを作ろうとしたが、終戦直後でトマトソースが手に入らない。苦肉の策でケチャップを使って作ったのがナポリタンだそうだ。
本館1階、ザ・カフェのナポリタンは当時のレシピで作られる。
ソーセージではなくベーコンが入った(ソーセージは当時貴重品だったのかなぁ)ナポリタンは、もちろん古臭い味なんかせずとても美味しかった。

当時朝食に目玉焼きを提供しようと卵の確保に奔走したホテルスタッフだが、なんと一つしか確保できず、マッカーサーは片目の目玉焼きを見て日本の食糧事情の悪さを悟ったという。
私もこの話を聞いて、横浜の老舗ホテルですら卵の確保に右往左往したとはやっぱり大変だったんだなと思った。
銀座の料亭はうなぎの一匹も確保できず、あらゆるつてを頼って手に入れると大騒ぎでお得意様に振舞ったとか。
「あるところにはある」ともいえるが、それでも銀座のお金持ちがうなぎ一匹で大喜びするのだから相当な物である。

Aradomo
マッカーサーが所望したのかどうはわからないが、こちらもこのホテル発祥の一品のプリン・ア・ラ・モード。
りんごがウサギになっていたりバニラアイスに氷が混じりしゃきしゃきしていたりといちいち手が込んでいるのはやはりホテルのプリン・ア・ラ・モードだからか。

ザ・カフェのある本館は1927年開業当時の建物で、天井もやたらと低い。
2階ロビーなど見所もたくさんある名門ホテルだが、ナポリタンとア・ラ・モードだけで3000円近い出費になるのもさすがの名門ホテルである。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009.09.05

RAID ON YOKOHAMA

Hyuugakun9月といえば防災である。
昨年は東京浦安でアメリカ海軍の強襲揚陸艦を見物したが、今年は横浜大さん橋に海上自衛隊の最新護衛艦がやってくるというので、モニター用のキヤノンD50を期間限定で手に入れ被写体を探していたまついさんをお誘いして見物にいった。

当初は、お馴染みBlueforceさんたちと横浜港入り口にあるシンボルタワーで横浜入港を押さえるという目論見であったが、諸般の事情でタッチの差で撮り逃し。
Kansokusen
しかしアメリカ海軍の音響測定艦インペッカブル(T-AGOS-23)をゲット。
写真をブログに載せるとFBIが家にやってくると噂されるほどの秘匿艦らしいが、Wikiにも写真が載ってるくらいなので大丈夫。でしょう。
この船、運航は民間会社にアウトソーシングされている。しかもマークス・ラインというデンマークの会社。(アメリカの会社ではない!)
さすが合理的思考をさせたら世界一の国である。

さて、つぎは大さん橋である。
まついさんの307CCに同乗し、大さん橋に向かう。
駐車場はどこも満車であろうというまついさんの読みの下、山下公園前のホテルニューグランドに車を入れ、大さん橋に停泊中のひゅうがを見に行った。
Okkii
大きい大きいとは聞いていたが、ひゅうがよりはるかに大きい飛鳥IIを余裕で泊めることのできる大さん橋である。
あまり大きく見えない…(^-^;
大さん橋上も半分以上規制され奥まで進めず、数枚写真を撮って引き上げた。

Blueforceさんはこの後東京湾フェリーに乗り、横須賀で招待客を乗せて東京湾クルーズに出る米海軍空母ジョージワシントンを撮るとのことでここでお別れ。
まついさんとともにニューグランドでランチデートと洒落込むのであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.04

今日のランチ

Tendonランチは私の愛すべき立ち食い蕎麦屋の品川駅「常盤軒」に来ました。
ここの特大天丼は以前から気になってたんですが…
このボリュームで670円!
タレが大きな海老天とご飯によく絡まって、海老も頭から尻尾までちゃんと詰まっていて、とっても美味しいです(新人AD堀くんふうに)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »