« 忘年会シーズン、始まるよー | トップページ | 「カールじいさんの空飛ぶ家」を見た »

2009.12.19

汽笛一斉新橋を~

Sutimuもう20年近く昔の事なのでよく覚えていないのだが。
友人数名と東北周り青春18きっぷの旅の計画を、新宿の談話室滝沢のふかふかとしたソファーで練っていた。
当時から浅い鉄道ファンだった私は「客車列車に乗りたい~~」と足をばたばたさせて鉄ちゃんの友人を困らせていた。顔は笑っていたが明らかに困っていた。
昭和から平成になって、客車列車なんてすでに絶滅危惧種だった。

優しい友人は分厚い時刻表をくくりながらプランを練り上げ、完璧な行程表を作ってくれた。

新宿をムーンライトえちごで新潟に向かい、駅そばで腹ごしらえをし、白新線に乗った。
これが夢にまで見た赤い機関車が牽く客車列車だった。
12系のボックス席に座り、おもむろに無線機を取り出す。
そう、客車の車掌と機関車の運転士の無線交信を聞きたい。ただそれだけのために友人を困らせつつこの旅をコーディネートしてもらったのだ。コーディネートはこーでないと。

「下り623列車車掌から下り623列車運転士どうぞ」
「下り623列車運転士ですどうぞ」
「下り623列車発車ー」
「下り623列車発車了解」
で、前方からがしゃんがしゃんと連結器の音を響かせながら車両が動き出す。

これを体験したくてわざわざ新潟→新発田→新津→新潟とくるっと一周して次の目的地青森に向かったのであった。
いや~、懐かしいなぁ

と言うわけで、蒸気機関車が牽く12系客車、SLみなかみ号に乗ってきた。

Yama
谷川岳を遠くに望み、煙を吐きながら力走するみなかみ号
本格的なSLに乗ったのは初めてだったのだが、国鉄がしゃかりきになって無煙化を推し進めた理由の一つを体感できた。
いや、煙すぎる。
これ沿線住民はたまったものではないだろう。
「炭の燃えカスを撒き散らしながら走る」のを実感。

SenmenzyoSLに牽かれる客車は12系、昭和の香りがぷんぷんする客車だ。
が、トイレに入ってびっくり。
暖房便座が装備され、E231系のグリーン車並みの快適さ。
洗面台も自動水栓にエアタオル。昭和の微塵も無い設備に脱帽。

Ondokeiここに見つけた昭和の痕跡。
JNRマークの入った温度計。

Atsp
Blueforce氏が醒めて私が萌える「P」「Ps」表記。
むしろ「C」があってもいいくらいに思っているのだが…

Ramen2時間ほどSLに揺られ、水上駅到着。
写真は駅前のラーメン屋。
このラーメン屋は、学生時代スキー帰りにここでラーメンを食べ、関越道に乗ったところでエンジンストップ。
えんやこら車積載車で帰ってきた思い出のラーメン屋なのだ。

本当は、このあと土合駅まで行って心臓破りの階段にチャレンジしたかったのだが、Blueforceさんに聞くと「無理。その日のうちに帰れない。」と冷たいアドバイス。
んな訳あるかい。上越線といえば幹線。電車バンバン走ってるんちゃうん?と時刻表を見ると…1日5往復??
2~3時間に1本か。往復で約5時間。水上駅の隣の隣の駅なのに…

|

« 忘年会シーズン、始まるよー | トップページ | 「カールじいさんの空飛ぶ家」を見た »

コメント

幼い頃は、電車みたい!と祖母にせがんでいたそうなのに、いつのまにかポイントが変わり、「やっぱ立川流の気合いはすごいっす」とか言ってる元しらのです。そげな私にPとCの覚め萌え基準を教えてたもんせ。

投稿: 元しらの | 2009.12.21 13:09

>元しらのさん
私も総武線の踏切で103系ガン見していたクチですが、今ではSL乗るのにカメラより無線機のチェックを先にするようなダメヲタになってしまいました。

ちなみにSLに「P」とか「C」ですが、Blueforceさん的には「戦艦大和が波動砲積んで宇宙に飛んで行っちゃう」ようなもの。
私的には「戦艦ミズーリがトマホークを装備して湾岸戦争も戦った」ようなものかと。
あってますよね?Blueforceさん…

投稿: ごつ | 2009.12.21 14:26

>>戦艦ミズーリがトマホークを装備
そうすね、でもアレはなぜか萎えませんね。フェーズ2改装が実現していたらさすがに萎えたでしょうが……趣味のキャリアが一番充実していた時のありようが一番しっくり来るんですよ。私的には醜い「コフィン」ことMk143アーマードランチャーもマストのSPS-49も似合ってる。今も現役だったら衛星通信のレドームがそこらじゅうにぼこぼこついてるんだろうなあ。

まアレっすね、PとかCって岡本夏生女史が今もハイレグでピットロードに立ってるようなもんっすね。あとJRの復活蒸機はむやみに赤ナンバーにするのをやめて欲しい。

投稿: Blueforce | 2009.12.21 19:20

なるほど、ニュアンスがよく分かりました。つまりは一年戦争時のゲルググが、第一次ネオジオン抗争の際にリゲルグになったようなもんですね。ありがとうございます。

投稿: 元しらの | 2009.12.22 12:52

>Blueforceさん
「趣味のキャリアが一番充実していた時のありようが一番しっくり来る」→「岡本夏生女史が今もハイレグでピットロードに立ってるようなもん」
…よく判りました(笑)

>元しらのさん
違います。
サザエさんちのテレビがいつの間にか薄型テレビになっているようなもんです。

投稿: ごつ | 2009.12.22 17:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53490/47064096

この記事へのトラックバック一覧です: 汽笛一斉新橋を~:

« 忘年会シーズン、始まるよー | トップページ | 「カールじいさんの空飛ぶ家」を見た »