« とつか再開発くん | トップページ | 青春のアルバム »

2010.02.15

ホンモノのスノーアタック

Seizoroiランクル80乗りが新潟の林道に集結し、スノーアタックをするというので混ぜてもらった。
新潟でスノーアタックと聞いて越後湯沢あたりを想像していたのだが、集合場所は胎内市。
地名を聞いてもピンと来ず、地図を見て驚いた。我が家から400キロほど北上したところにある山形県に近いほうの新潟だった。

Kanetutonneru
家を3時前に出発、延々北上を続け、9時前に集合場所に到着した。
そこには雪国ナンバーを掲げたランクルが数台。
その後続々参加車両が集まり、スノーアタック場所へと向かった。

スノーアタックといっても除雪されていない林道をひたすら進むというお遊び。
にしても、今年は2m近い超える積雪である。道というより雪の壁に挑む感じ。

もちろん目的地なんてものは無く、行けるところまで行ってみよう!という究極のドライブである。

Totunyu
ドカーン
いい感じのスピードで雪の壁に突入すると結構な衝撃である。
私のランクルはエアバッグは付いていないが、ほかのクルマが突入するときの掛け声は「開けっ!エアバッグ!!」である。

Sunofeisu
引っこ抜くとこんな感じ。

Hippari
当然ハマって抜けなくなるクルマ多数。
久しぶりにウインチをガンガン使った。
ズッポシはまるとウインチ車が動いてしまうので、後ろに二台のランクルをアンカーに繋げても…ダメ。
ジャッキでクルマを持ち上げたり雪を人力で掻き出したりしてようやく救出できたり。

Umoreta
踏破距離が延びてくると、今度は救出車がスタックしちゃったりするのが面白い。
いや~、ホント久しぶりに遊んだ。
結局2時間近く遊んで15mぐらい進めたかな。時速7mぐらいである。

Tarekatuお昼は新発田市にあるやま正にて、つけ麺とタレカツ丼のセットを頂いた。
タレカツ丼とは新潟発祥の丼で、揚げたての薄めのトンカツを“甘辛醤油ダレ”にくぐらせご飯に載せたもの。
私が日ごろ食べている玉子とじとは全く違うカツ丼である。
これが豚肉が薄く衣もぼてっとしておらず、さっぱりしていてとても美味しかった。

皆さんはこのあと一泊するとのことだが、私は帰ることにする。
実はこの日、Blueforceさんが大糸線を撮りに来ており、ちょっと合流しようかなと思っていた。
昼を食べながら地元の80乗りの方に「これから糸魚川でも行こうかと思ってるんすよ」というと、

「え?」

どうやら新潟は、あの横に長いで有名な静岡よりさらに長く、糸魚川まで軽く150キロ以上あるとか。
せいぜい50~80キロくらいだろうという認識していたのだが、危うく距離計が壊れるところだった。

Nihonkaiというわけで合流をあきらめ、えっちらおっちらと日本海に沈む夕日を眺めながら越後七浦シーサイドラインをひたすら南下。
土日1000円の恩恵を受けることのできない1ナンバー車は下道を稼いで関越道湯沢インターより高速に乗り、日が変わった直後に帰宅。

新潟で15mだけ雪の壁を壊す作業のために往復20時間、800キロ近く走るドライブは終了した。

|

« とつか再開発くん | トップページ | 青春のアルバム »

コメント

相変わらず非生産的ですな
往復800㌔走ってそこを15m進んで何になるー
嗚呼非生産的
楽しそうでいいなーランクルは
ハイエースは蓼科にて
ちょっとした坂道でスタックして泣きそうになりました
せめて新品スタッドレス欲しぃ

投稿: ダマ | 2010.02.16 23:19

新潟大陸ナメたらあかん 村上と糸魚川じゃ檜原と硫黄島位違う

投稿: 青軍 | 2010.02.17 21:07

>ダマさん
そーいえば大昔に時速5mの旅やったね~
あれも楽しかったなぁー
一晩寝たらクルマ雪に埋まってたし(笑)

だからあれほど4駆のハイエースにしとけと。

>青軍さん
そう考えるとホント神奈川ってちっさいですわ。
1時間ぐらいで走り抜けちゃいますからね~

投稿: ごつ | 2010.02.18 10:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53490/47575579

この記事へのトラックバック一覧です: ホンモノのスノーアタック:

« とつか再開発くん | トップページ | 青春のアルバム »