« ペニンシュラ再び | トップページ | 花より電車 »

2010.04.01

新年度明けましておめでとうございます

街中に、いわゆる「フレッシャーズ」と呼称される新社会人たちが氾濫する時期がやってきた。
いろいろ夢や悩みを抱えて通勤電車に揺られているんだろうなー、なんて思ったりして。

そういえばリーマンショック後の就職難は、バブル崩壊後の就職氷河期に匹敵する厳しさだとか。
そのころ「社会」という荒波に放り出された16年前を思い出す。
あのころはリクナビとかいう便利なアイテムなんて存在せず、自宅に送られてくる企業説明会の応募ハガキが詰まった分厚い小包が就職戦線への赤紙だったなー。
合同企業説明会もたくさん足を運んだ。
新宿のパチスロに捕まり、すっぽかした説明会もあった。あの時執拗に引き留める悪友と別れ、真面目にNSビルへ足を運んでいれば今と違った人生を歩いていたのだろうか。

最初に内定を貰ったのが、今働いているオフィスからも見える某トヨタディーラーだった。
人事部長の面接で、私が物心ついたころ家にあったパブリカの話題で盛り上がったり、はじめて運転したファミリアを「うちだったら3倍売ってた」なんて言われて販売網の重要さを知ったり、いろいろいい経験をした。
結局そこを断り、2年前までいた会社に入ったのだが、内定を辞退したときにその部長は「ごつさんが行かれるという会社は当社ともお取引きがある会社で、とてもしっかりしたところだと思うのでぜひ頑張ってください」なんて言われてちょっとジーンとしちゃったり。
入社後に聞いてみると、営業車はすべてニコニコ現金払いで買ってるとかで、今なら「リースの審査通んないだけなんじゃないの?」なんて勘ぐってしまうが、まあ確かにキャッシュは潤沢な会社だった。

新人研修のときに「骨を埋める覚悟ですっ!そんなの当然ですっ!!」なんて言ったような気もするけど、結局14年勤めて退社。
なんだかんだ言って良い会社だったと思うし、いまでも名残惜しいなんて思う時もある。

でもまあ人生いろいろ、今日から新しい人生の一歩を踏み出すフレッシャーズと呼称される方々は、これから今まで生きていたよりずっと長い社会人人生が待っている。どうか幸多からんことを!

|

« ペニンシュラ再び | トップページ | 花より電車 »

コメント

 この時期の電車は、フレッシャーズ組と就職活動組とが入り交じって、スーツがまだしっくり来てない人がぽつぽつ見受けられますよね〜。

 新卒を滅多に取らないうちの会社では、新年度はリセットされたノルマで実感します・・・。ゲンナリ。

投稿: 発音記号! | 2010.04.03 03:13

>発音記号!さん
金曜日には会社で配られたであろう分厚い資格試験用の参考書的なものを広げているフレッシャーズも見かけました。
ノルマ…コレもまたフレッシャーズが乗り越えなければいけない壁ですよね(笑)

投稿: ごつ | 2010.04.05 01:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53490/47967632

この記事へのトラックバック一覧です: 新年度明けましておめでとうございます:

« ペニンシュラ再び | トップページ | 花より電車 »