« 総合火力演習行ってきたよ | トップページ | シンガポール海軍フリゲート艦「シュープリーム」の軌跡 »

2010.08.29

総合火力演習夜の部に行ってきたよ

昼間の総火演が終わり、装備の展示が終わるとすべて終了である。
しかし今回、話には聞いていた「夜間演習」のチケットもつちだ。さんはゲットしていたのである。

と言うわけで、一旦御殿場まで出て軽く蕎麦と寿司なんぞを引っ掛けた後に再び演習場に舞い戻ったのである。
Yuugure
昼間は待機は緑、実弾発射の際は赤い旗が出るのだが、夜間はそれぞれランプが点灯する。
夕暮れに浮かぶ表示灯と戦車。なんだか不思議な光景。

Yorunosyoumei
演習で使用する標的は、74式戦車のアクティブ投光器で観客に披露される。
この投光器、夜間1500メートル先で本が読める程の明るさを持つとも言われるが、さすがの明るさである。

Yakei
機銃を撃つと曳光弾による軌跡がきれいに浮かび上がる。
撃たれたほうは堪らないが、遠方から見れば発射点が容易にわかってしまう弱点もある。

T74faiya
夜間は発砲炎の撮影は簡単。そう聞いていたのだがとんでもない。
どこに戦車がいるのかわからないし、赤い表示灯を目印にしても砲身が見えないからどのあたりに発砲炎が出るのかまったく予想できない。
しかも三脚を使ってもスタンドは風でゆらゆら揺れるし、なかなか難しいものであった。

というわけでこれでホントの終了。
まだまだ収め切れなかった写真はいつもの別邸で。

演習では戦車や迫撃砲が狙った先は盛り土である。
しかし、有事の際はそこに命のある人間がいることになる。
私は自衛隊を否定しないし応援もしている。だけど、日々人殺しの訓練をしていることも理解している。
そしてそれが悪いことだとも思っていない。と言うかそこを否定したら軍隊を否定することになる。

「抜かずの剣こそ平和の誇り」

抜かない剣でも手入れだけはしっかり怠らず、剣術の腕も磨いてほしい。
納税者であり、そして自衛隊に守られている国民の一人として切にそう願う。

|

« 総合火力演習行ってきたよ | トップページ | シンガポール海軍フリゲート艦「シュープリーム」の軌跡 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53490/49290121

この記事へのトラックバック一覧です: 総合火力演習夜の部に行ってきたよ:

« 総合火力演習行ってきたよ | トップページ | シンガポール海軍フリゲート艦「シュープリーム」の軌跡 »