« 戸塚で大阪 | トップページ | FBM2010 »

2010.10.17

世界最大の2階建て旅客機「エアバスA380」、羽田空港に初飛来

羽田空港の正式名称は「東京国際空港」であり、成田空港ができるまでは海外の玄関口だった。
成田空港が完成してからは、日本にとって正式な「外国」でない台湾便などが細々と飛んでいたのだが、本格的な国際線ターミナルが完成し、再び国際空港の名を堂々と名乗れる空港になった。

そんな国際線ターミナルが世界最大の旅客機エアバスA380に対応できるかのテストのため、羽田に初飛来したので撮りに行ってみた。

民間機には興味のないはずのBlueforceさんから「朝6時に飛ぶよー」と情報をいただいたので、4時半に家を出て羽田に向かった。
城南島に着くと、5時半だというのにカメラを抱えた人たちがうじゃうじゃと。皆さん好きですね~

対岸の羽田空港を見ると、A380と書かれたひときわ大きい尾翼がのそりのそりと動いている。
巨体がすべるように滑走し、離陸。
A3801
さすが21世紀の旅客機。エンジン音が静か。

本来なら頭上と通り過ぎ、機体右側面を見せながら旋回すると予想していたのだが…
A3802
グイッと機体をひねり予想以上の旋回性能を見せつけた。

A3803
2階建てのでっぷりしたフォルムを見せつけながら千歳に向け飛んでいった。

|

« 戸塚で大阪 | トップページ | FBM2010 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53490/49766397

この記事へのトラックバック一覧です: 世界最大の2階建て旅客機「エアバスA380」、羽田空港に初飛来:

« 戸塚で大阪 | トップページ | FBM2010 »